倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

必読誓い、来年こそタバコ止めるぞ~~It's meant that society lives in the brain with an information society.

2016-12-24 11:43:28 |  縄文心導ヒーリング

情報社会とは、社会が脳の中に住んでいる事を意味します。

そして、脳は体の中に住んでいます。

脳と体は分離できません。身体の至るとこに末梢神経が張り巡ら

されており、脳と神経は一緒に行動を起こします。

肝臓や腎臓は取り出されても、神経を取り出すことは出不可能です。

脳は視覚的でもあります。

脳から受けるエネルギーは、健康な柔軟な心によって感じることが

出来ます。

ニコチンについて

生化学的に、ニコチンは血の中の糖を上げます。こうして上げた糖は、

あくまでも人工の糖であって、身体には好ましくありません。

現代人は歩かなくなったために、また食生活が西洋的に偏ったために、

すい臓と肝臓が働かなくなり、アドナリンが弱くなり気分がイライラ

する。タバコを吸うことで参加炭素が血の中に増え、それによって心

臓はもっと働かなくてはならなくなるので心臓に負担がかかってまい

ります。

ニコチンで人工的に上げたものは、一時的で心の安定は得られません。

ニコチンは陽性、アメリカインディアンは陰性の大草原で、少しのニ

コチンを愛しました。

現代人のニコチン人工的に上げたものは、情報過多、肉食,油っこい食

事を取りすぎて、脳に負担がかかっているため、一瞬の解放を得るため

のものなんです。

タバコを吸うと、脳の前頭葉よりBエンドロフィンというホルモンが出ます。

B~エンドロフィンは老化を防ぎ癌細胞にも良いとされています。

正しく出るB~エンドロフィンは老化を防ぎ癌細胞にも良いとされています。

タバコによって出すB~エンロフィンは、一瞬にして活性酸素上げるため、

その部分のどこかに傷があった場合には、そこが癌細胞になると、言われ

ています。

15歳以前からタバコを吸っている人は、死亡率が二倍にもなっています。

脳を若く保つには、歩くことが一番です。

足の親指は前頭葉に直結しています。また肝臓、すい臓にも通じているの

で、毎日50回以上右回しに回転させることで、B~エンドロフィンが出

て老化を防ぎます。

 

 

It's meant that society lives in the brain with an information society. And a brain lives in the body.
A brain and a body can't be separated. of a body, going to come, a peripheral nerve is stretched and a brain a nerve start action together. Even if a liver and a kidney are taken out, that  takes a nerve out goes out and is impossible. The brain is also visual.
It's possible to feel the energy received from a brain by a healthy flexible heart.

About nicotine.
Nicotine gives sugar in blood like biochemistry. The sugar given in this way is artificial sugar to the end and isn't desirable in a body.
A pancreas and a liver don't function any more because eating habits were partial in Western way again because a man of today didn't walk any more, and ADONARIN becomes weak and feeling is irritated.
Participation carbon is increased in the blood by smoking, and has to do more centers by that, and it'll be, so a heart is burdened.

The one given artificially by nicotine is temporary and can't get stability at the heart.
A Native American was a negative prairie and how many positive did nicotine make a little nicotine love?
The one a man of today gave like nicotine artificiality is something to catch release in a moment because infoglut is meat eating and a brain has an oily meal too much, and is burdened.
When we smoke, a hormone as a B~Andorra fin goes out more than a cerebral frontal lobe.
Aging is stopped and it's said that the B~Andorra fin is also good for a cancer cell. The which goes out right B~Andorra fin?
It's said that aging is also good for a fy stop cancer cell.
To do in a moment and give oxygen radical, when having a bruise somewhere in the part, the  taken out by a cigarette B~ENROFINs saying that that place will be a cancer cell.

The death rate becomes double for the person smoking from before 15 years old.

It's most to walk a brain in the youth.
A big toe is directly connected with a frontal lobe.  and also expert in a liver and a pancreas again, so B~Andorra fin goes out and stops aging by the thing which makes right turning revolve more than 50 times every day.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年最後のワークショツプキ... | トップ | 広島の佐々木家から"ワクワク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

縄文心導ヒーリング」カテゴリの最新記事