倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

心導インストラクターの成功談3 I'd like to introduce instructor's success story3.

2017-05-16 08:16:56 |  縄文心導ヒーリング
自分が好きだからやっている」ピアノの先生をしていた心導インストラクター

の成功談をご紹介します。



20年前に心導ヒーリングに出会い、「自分が探していたものは、これだ!」と

思いました。

子供達がピアノのレッスンに来ても、「お腹が痛い、肩が、頭が、と言う子供達に、

心導ヒーリングをしてあげているうちに、ピアノの先生をするのがいやになり、自

分が自分らしく考えることができる、生き方の自由に目覚めました。」

田舎の農村地帯のお爺ちゃんお婆ちゃん達が集まる会で、ストレッチを教えたり、口

コミでプライベートヒーリングも出来るようになり、今では数人の週一回の訪問ヒー

リングをしています。

また近くの町の健康ジムで週一回の心導ストレッチクラスを開催しています。

そのジムは自由に使って良いので、自分の健康のために、使わせて頂いています。

ジムに来た方達がヒーリングをやってくださいというニーズもあったりで、兼業農家

の我が家とのバランスが取りながら、楽しく生きています。

田舎には仕事がないので、若い人たちは町に出ます。

過疎化しているのは、ここでも同じです。

町育ちの自分が山村の田舎に嫁いで来て、どこで生きても同じと思っていたけど、現実

は厳しかったですね。

60過ぎても心導ヒーリングを仕事として出来、文化的に人間が人間らしく生きること

で、幸せな晩年を生きています。

終わり



私が彼女に出会ったのは20年前ですから当時46歳。

60歳過ぎてから安定した収入を得れるようになった心導インストラクターのお話の裏に

は、ピアノの先生というエリートが、心導ヒーリングの認知度が低い先生になるまでのプ

ロセスがあったというのは大事な事です。

私は何が出来るのか?何の役に立つのか?

思い悩み、自分が好きだという、その能力を尊敬しますね。

能力とは自分を信じる事です。

苦労も創造の喜びに変わる、自分を信じて好きなことを追求して来た。

21世紀22世紀のマーケティングのモデルになる生き方ですね。

"Because I like myself, it's open." I'll introduce a success story of the Shindo instructor who was working as a teacher of a piano.
I met Shindo healing 20 years ago, and thought "The one one was searching was this!"
Even if children come to the lesson of a piano, "By the shoulder which has a stomachache, by a head, if, while making the Shindo healing the children who say, one was to work as a teacher of a piano disagreeably, and seemed to be oneself and was awaken in freedom of the life-style it's possible to consider."

A stretch is being told at the meeting by which grandfather grandmothers of rural area in the country gather and the visit healing which can also do now private healing by word-of-mouth communication, and it's once a week of several people in now is being done.

A Shindo stretch class of once a week is being held at a healthy gym in the town around here.
The gym may be used freely, so I use it for my health.
The people who have come to the gym are there are also needs they tell to do healing, and, and a balance with part-time farmer's home lives happily while taking it.

There is no work in the country, so young people go out to a town.
The depopulated one is same even here.

I thought it was same one of town-upbringing married the country in a mountain village and came, and wherever I lived, but the actuality was severe, wasn't it?
Even if it passes, 60 is made by turning Shindo healing into an occupation and is that man seems to be man and lives culturally, and I live through the happy sunset.

The end

Because it's 20 years before that I met her, 46 years old of those days.
It's an important thing that there was a process until an elitist as a teacher of a piano becomes the teacher with the low awareness of the shindo healing in the back of the story of the Shindo instructor who could get now the stable income after it passes 60 years old.

What can I do? What is it useful for?
Its ability which worries and likes oneself.
It's respected, isn't it?
The ability is to believe oneself. Trouble also has believed oneself who changes to delight of creation, has pursued a favorite thing and has come.

It's the life-style which acts as a model of the 22nd century marketing in the 21st century, isn't it?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心導インストラクターの成功... | トップ | 心導ヒーリングが母の日のプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む