倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

フィンランドのお母さんの職場復帰 Mother of Finnish NEUBORA return to work.

2017-07-11 11:39:01 |  縄文心導ヒーリング


フィンランドには倉富縄文心導インストラクターが20年前から活動しています。

そのインストラクターの中には、出産、育児などで仕事をお休みしている人もいます。

フィンランドは社会福祉が整っていて、安心して子育て、1年から3年の休暇制度が

あります。

フィンランドでは子供の時から学校で出産休業をとり、復帰してからの受け入れなど

教育されているので、お母さんは安心して職場に復帰することがでるネウボラがあり、

何かいう人はいません。






インストラクターたちの中にはシングルマザーや離婚した人もいますが、子供の親権

や養育費、職場復帰のことで愚痴をこぼす人はいませんでした。

日本は待機児童のことで今精一杯のところですが、お母さんが職場復帰した後の権利の

事は考えてもらえていないようです。


フィンランドでは子供が病気の時にはお父さんも休んでいいという、制度もあります。

名付け親とか生まれた子供には二人の親だけでなく、4人の親がいたりして、みんなで

子育てする制度には感心しました。

実家が遠い人など近くにいる名付け親に頼れるので、いいですね。

フィンランドは人口が少ないので、子供は大切にされています。

日本も少子化に向かってこのようなシステムなど取り入れるといいですね。

子育ての”安心”は保育所確保だけでなく、お母さんの職場復帰を受け入れる教育も必要

です。

Mother of Finnish NEUBORA return to work.

Kuratomi Jomon Shindo instructor is active from 20 years before in Finland.

There is a person who gives birth in the instructor and is absent from work by child

care, too.

Social welfare is complete, and Finland rears children surely, and there is a vacation

system in 3 from 1.

After I get a childbearing closure at school from child's time in Finland, and returns,

of an acceptance, it's educated, so a mother can return to a workplace surely.

A single mother and the person who divorced had in the instructors, too, but the

person who complains of a complaint by child's parental authority, child support and

return to work didn't have.

Japan is a best place now by a waiting child, but a mother doesn't seem able to have

them think of the back right which returned to work.

There is a case that a child becomes ill, and there is also current state you can't keep

at a nursery school, so part-time-like handling is received.

There are a father and the system that you may rest at such time in Finland.

4 parents as well as two parents had for a godparent and a born child, and I admired

the system to rear children by everyone.

A far person can depend on the godparent in the neighborhood for his parents' home,

so it's good, isn't it?

It's scarcely populated, so Finland is made a child importantly.

I also hope that Japan takes such system in to the low birthrate.

The education from which mother's return to work as well as day care center securement

are received also needs" relief" of child rearing.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西日本大雨お見舞い申し上げ... | トップ | 長生きしてやらなければいけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

縄文心導ヒーリング」カテゴリの最新記事