倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

「ボディーワークと通じる六祖円融経営法」The business management the practice of book .

2017-10-21 15:22:45 |  縄文心導ヒーリング
読書の秋お薦めしたい本、疋田文明氏の「中小企業経営、その実践」


「ボディーワークと通じる六祖円融経営法」です。

華厳経に出てくる話です。

この本はボディーワークを取り入れたマーケティングの本

ですので、ご一読ください。






「外から見た体の働きを内なる体の器官と結びつけていて

、解りやすく書かれています。

倉富式でひもどきますと,体の気の流れは「経絡」会社の気

の流れは「経営」に通じています。

持続可能な会社経営は、内臓の働きに例えられます。

内臓は一つだけの臓器で動いていません。(社長だけではない)

会話をしながら全体で助け合っています。

一人でできないところは、ペアーになり助けます。(社長のNo,2

を見ればその会社の傾向が分かる)二人営業。

また会社全体で助け合えるように、日頃から自分の部署だけでな

く、会社全体を見つめられる能力をつけておく。(社員が会社に愛着を持つ

グループ営業)

体も心も健全な会社が持続的成長します。

本書は自費出版のため、お問い合わせは

URL:http://www.hikita.10.jp

The business management the practice of book .
I'd like to recommend in autumn of reading and Mr. Fumiaki Hikita


"Six ancestor Enyu management which connects with a body work".

The talk which comes out in the Avatamska Sutra.

Book of the marketing by which this book took a body work in

So please read.

"Please tie the workings of the body seen from outside up with the system
of the inner body.

I tend to understand 、 and it's written.

I deciphered to a body work.

A flow of intention of a body "manages" a flow of intention of a "meridian"
company, bowel movement

Tei trout.

The company management by which the continuation is possible is compared
to the workings of the internal organs.

Internal organs aren't moving by only one organ. (It isn't only a president.)

I'm generally cooperating while communicating.

The place which isn't built by itself is a pair and is helpful. (When seeing

president's No,2, I know the tendency of the company.)

Can cooperate at the whole company again, usually, your department can be
held, and go out.

I gain the ability to look at whole and company. (A staff has an affection for a company.)

A sound company grows into a body and a heart continuously.

Because this note is self-publishing, a question?

URL:http://www.hikita.10.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "艶があるヒーリング"宿題の... | トップ | 倉富縄文心導マーケティング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

縄文心導ヒーリング」カテゴリの最新記事