倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

お正月は新しい細胞を作る始まりです。New Year's is starting of a new cell.

2016-12-28 10:50:50 |  縄文心導ヒーリング

西洋かぶれしていた昔、日本の文化や習慣が嫌いだったんですが、

なぜかお正月は来るのが楽しみでした。

思い出すのは、父親が台所でお正月料理を作っていた姿です。
 
私は側でそのお手伝いをしながら、魚や、鶏のさばき方を覚えま
 
した。
 
 
庭で放し飼いしていた鶏を、一匹朝一番に吊るしておきますが、
 
私の兄はその姿をみて大人になっても、鶏が食べれなくなってい
 
ました。
 
その父親の後ろ姿をなつかしく思いながら、これからがめ煮を作
 
る準備をしています。
 
父親が教えてくれた事は、体の中にしみこんでいます。
 
 大晦日の紅白歌合戦も一つの日本の文化ですか。
 
紅白饅頭はインドのヒンドゥー教から来たものだそうで、一つの
 
神事です。
 
古い細胞を新しい細胞にするために、大掃除します。
 
伝統は、人間の細胞を作り変えるものです。
 
お正月は新しい細胞のはじまりです。
 
 父親が作るお正月料理に、わが先祖の味と香りが漂っているのを
 
感じながら、2016年の自分の働きを,少なからず先祖に報告で
 
きることをありがたく思います。

 
 
 
Whether they were Western countries moved slightly and I didn't like the
 past which was being done, Japanese culture and a custom, it was plea
sant that New Year's comes for some reason.
 
It's the form that a father was making a New Year's dish at a kitchen to
remember.
I remembered how to judge a fish and a chicken while working as the
maid on the side.
 
One chicken he had run loose at a garden was hung first thing in the morning,
but even if its form was seen, and it was an adult, my elder brother couldn't
eat any more a chicken.
 
The preparations with which game boiling will be made now are being done
 while thinking of the father's back dearly.
I sink into that a father told me in the body.
 
 
Is White and Red Song Contest in the last day of the year also one of
Japaneseculture?
 It's said that they have come from Indian Hinduism, and a red and white
 bean jam bun is one Shinto ritual. I clean to make the old cell a new cell.
It's done.
Tradition re-forms a human cell. New Year's is starting of a new cell.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島の佐々木家から"ワクワク... | トップ | 2016年最高の年でした。Wonde... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

縄文心導ヒーリング」カテゴリの最新記事