倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

システム、マーケティングの作り方難しいSystem and Marketing,"to make seems difficult".

2016-12-07 11:51:59 |  縄文心導ヒーリング
システム、マーケティングを作るのは、難しいと思われてい

ますが、大事な事は興味を持つ事が能力開発であり、シンプル

で感動的にシェアーできるという事が主流にあります。

初めに一回やってみたいと思わせるような、デモンストレーシ

ョンを体験して、「私にも出来る、やってみたい」という、単

純だけれど、人間の本来持っているものを、実行段階でやります。



心導ヒーリングとは何か。

四つの方法があります。

1・一人でする方法(一人でするストレッチ)

2・二人でする方法(親子、友人、夫婦で助け合いながらやる)

3・グループでする方法(人が集まり、お祭りに行くように、あっ
た事ももない人が集まり、感動をシェアーする)

4・トリートメント(プロとして、ヒーリングをして上げる。

心導ヒーリングは、日本のタイムラインを紐どき、江戸時代の文
化を体系化しました。

・足の操法(茶道)

・背中の操法(和歌の5・7・5)

・肩、頭の操法(鎮魂瞑想)

・腹(桉腹、武士道)

西洋ではルネッサンス時代で、音楽家はピアノの弦に、7(白)・5(黒)

5(五線紙)は体から取り出したものです。

西洋心理学、医学、哲学、芸術 など、文化が花開きました。

日本とは鎖国状態でしたが、同じような時代背景がありました。

日本のものを理解するために段取りが必要です。


例えば、"癌"という漢字は、"病"に"口"三つで、"山"と書きますので
、「口から山ほどストレス、食べ物」になります。

経絡指圧図「増永静人」先生が考案された、心理学を体に当ては「超心

理学」となりました。

あまり凄すぎて日本では理解してもらえず、初めの一歩が踏みだせずに」

いましたが、海外で今は増永先生は有名ですね。



心導ヒーリングは、増永先生の哲学を4つの方法にマニュアル化した事で、

誰も考えつかなかった事を日本伝統文化のアイディアから体系化しました。

実行するには、頭で理解するのではなく、経絡の流れを感じてもらい、好き

勝手にして貰うことですが、初めの第一歩が始まったら、分かりやすい

単純な中に、本質的なものが隠されている、自分で磨き上げることが大事

になります。


続く





System and Marketing,"to make seems difficult".

It's skill development and is simple that a trout has an interest in an important thing.

It's so and there is a thing stopped at Shear impressively in the mainstream.

DEMONSUTORESHI I make think first I'd like to do it once

The unlined clothing which experiences and says "I can do, too, I'd like to try it."

It's pure, but something man has primarily is done at the execution stage.

What is Shindo healing?

There are four ways.

1: The way to do by oneself (the way to do by oneself)

2: The way to do with two people (It's done while cooperating in a parent and child, my friend and a married couple.)

3 :The a group (People gather and go to deify, the people who don't have the fact peach which was here gather, and Shear does an impression.)

4 : A treatment (professional act) are pragmatic and are healing.


The time line by which kokorodou healing is Japan, sentence of string and the Edo Period was systematized.

* Chastity way of a foot (tea ceremony)

Chastity way of a shoulder and a head (prayer meditation)
Abdomen (an mind and Japanese chivalry)
In the handle by which a musician is a piano in the Renaissance age at Western countries, 7 (white) and 5 (black) 5 (music paper)
It was taken out from a body.

Culture flourished Western psychology, medicine, philosophy and art.
Japan was in the national isolation state, but there was a background the similar time.
Arrangements are needed to understand a Japanese one.

For example a kanji as" cancer" writes on" disease"" the mouth" three" mountain", so ", from the mouth.
The meaning that the one put in says" and, that it's explained, by overeating and a stress, a lot of" a lot.


The psychology by which a meridian acupressure "Shizuto Masunaga" teacher was contrived, the aim is "metapsychology" for a body.
It was.
It's so too wonderful, and you can't understand in Japan, one step of first, you can start, without, stay here.
Mr. Masunaga is famous for a hoop and foreign countries, isn't he?

Shindo healing is that Mr. Masunaga's philosophy was compiled in a manual in 4 ways.
It's systematized from an idea of Japanese traditional culture that no one thought, and it's in the world.
The one admitted for the first time was a Finn and Esth.
You feel and I like a flow of a meridian, not to understand by a head to carry out.
It's to have everything the own way, if the first's first step starts, it's easy to unders。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィンランドの教育システム... | トップ | 安保徹先生が亡くなられまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む