倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

AIと山岡監督の天命反転住宅体験談 I lived in this destiny reversed housing for 4 years

2017-05-05 17:07:08 |  縄文心導ヒーリング
4年間この天命反転住宅に住んでいました。




下の娘はここで生まれましたが、彼女を見ていると、手足の区別がない。

僕らは上半身中心にに生きていて、足は手段としか考えていないとかですが、

下の娘は足使ったほうが良いという時は足を使とか、女の子なので行儀が悪

いんで、困ったもんですが、身体のあらゆる部分を平等に使っているとか。

足の動きとか独特で古い武道の柔術で見らる、足さばきですね。ここは色と

か形がにぎやかなので、自分で気づかない身体作用が起きています。

ここに住んでいると能力が上がるか?とよく聞かれるんですが、21世紀日

本ではまったく役に立たないものが芽生えて来るんじゃないかと。

社会においては何のやぅに立たないものですが。

けど何かの拍子で何か能力があることが、起こって来ることがあります。

青山に真っ暗な所を一時間棒一本持って歩くところがありました。

歩けないと一瞬思いました。

先導者は盲目の方でしたが、そこで暗くなった瞬間から歩けると感じました。

反転住宅もそうですが、ここって覚えられるようで覚えられない。

映っている風景が違います。

記憶の中で覚えているものが実際は違います。

色や形もです。

うかうかしていると、角でぶつけて痛い目に遭います。

意識していないところで足の段差といきなり遭遇します。


音の響きなどにも敏感に身体が反応するようになり、ここで暮らしていると、

日ごろ気づかないところまで磨かれているとかです。

I lived in this destiny reversed housing for 4 years. My lower daughter was born here, but when she's being seen, there are no distinctions of hand and foot.

We live in the upper part of body center, and, that a foot is the movement means, it was whether I had to be thinking, but when saying that it was better to use a foot, a foot was used and was a girl, so a lower child was ill-mannered and in trouble, but all parts of a body are used equally and.

A movement of a foot is peculiar and is the legwork judged from jujutsu of an old martial art.
The color and the shape are busy here, and the body action I don't notice by myself has occurred.

When I live here, does the ability rise? It's heard well so, that something which isn't useful at all in Japan in the 21st century may sprout up and come. Since putting it in the society, what YAU don't you leave for?
However that there is some ability by some time happens, and I have come.
A stick had one utterly dark place in Aoyama for one hour, and there was a place I walk.

When you couldn't walk, I hought of a moment.
It was the blind one, but a

bellwether felt so that you could walk from the moment which
became dark.
Reversed housing is also so, but
I seem to be remembered here and it isn't remembered.

The reflected landscape is
different.
The one which is being learned in the memory is different actually.
The color and the shape, too.
When I'm careless, I bump by a corner and have a painful experience.
I encounter a step of a foot suddenly at a place where I'm not conscious.
It's polished to the place a body starts to react to a ring of sound sensitively, and where I don't usually notice that I live here.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何が問題なのか今の医者、Ai... | トップ | フランスでマクロン新大統領... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む