倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

ミットナイトサマーから帰りました。1

2008-06-23 03:55:10 |  縄文心導ヒーリング



3647 ミットナイトサマーからユバスクラへ帰ってきました。車で1時間のサマーコテッチに着いたらシルカのお姉さんのビルコが迎えてくれました。彼女はヘルシンキに住んでいて、森林から製紙を作るリサーチ会社のマネージャをしていてアルゼンチン、チリ、ウルグアイ、メキシコ、上海など世界が職場だそうです。頭がよくやさしい人柄に惹かれました。この家はお姉さんのコテッチです。3621 3542 大きなサマーコテッチは湖の前に、広々としたテニスコートもありました。サウナに入り、湖に飛び込んで泳ぐを3回くらいやると、身も心もスッキリしてきます。夕食の後ダンスパーティでシルカのお父さん(84歳)とダンスをし、ロマンチックな気分になりました。1年に一回昔の知り合いに会う為にみんなやってきます。12時までは平3512 3506 均年齢が60歳くらい、それを過ぎると若者たちがやってくるので、ロックに演奏も変わります。



ミットナイトサマーの日にサマーコテッチの草を切る時、その中に花をみつけて願うと叶うという伝えがあり、また、7種類の花を寝る時に枕の下に入れると結婚相手が見つかるという話をきいたので、秋田君に野花を摘んできて夕食のときにプレゼントしました。今年こそは結婚したいと願っている彼は真剣そのもののようにみえました。シルカのお父さんはこの辺りで一番の土地持ちで農場を経営されていましたが、今は84歳になられたので、引退後息子さんが後を継がれていますが、お父さんはDNAが若く、私のダンスのお相手をして下さいました。エスコートも板についていて、カッコよくダンディーでした。秋田君もご婦人方にもてていました。63歳の女性にダンスを申し込んだら同時に76歳のご婦人から、ダンスを申し込まれたりして、(笑)愉快な一場面もあり、昔の映画のシーンに出てきそうなダンス風景が面白かったです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加