gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

明洞大聖堂

2016-11-07 10:09:04 | 日記

明洞聖堂といえば、韓国カトリックの聖地といわれ、歴史の中で重要な役割を果たしてきたキリスト教のシンボル的な存在ですね。パンフレットによれば1898年にこの地に建てられた韓国最初の聖堂で、解放後は明洞大聖堂と名称が変わり今日に至っています。特に1970-80年代の韓国現代史の激動期には人権伸長と民主化のために大きな役割を果たしたと書かれています。そういえば俳優のアン・ソンギさんもここで結婚式をあげましたっけ。聖堂の中に入ると中央の祭壇に向かって赤いカーペットが伸びています。さらに近づいて見ると、祭壇の後ろには韓国教会美術の開拓者と呼ばれるチャン・バル画伯の描いた14使徒像(1925年)が見えます。向かい側(後ろ側)を振りかえってみると壮麗なパイプオルガン。ステンドグラスも美しいですね。外に出ると昔、朝鮮時代に迫害を受けたキリスト教の伝道者、信徒たちの像がレリーフとして刻まれていたりします。裏手に回ると聖母マリアの石像がある広場から聖堂を見ると、正面からの姿とはまた違った雰囲気です。1987年の民主化闘争の時はここで何度も集会が行われたりもしました。聖堂から降りてくると真ん前に「明洞コロッケ」の店が…。ここは有名なんでしょうかね。美味しそうなので思わず一つ(1500ウォン)を買ってしまいました。いろいろな種類がありますが、からしコロッケを。美味い!これは本物のジャガイモコロッケでした。ぴりっと辛いマスタードの味もなかなかいけます。小腹がすいたときにおススメですね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 告別式 | トップ | キムジャン文化祭① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事