jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

コアニチドリ と トウギボウシ それぞれに飛び込みも

2017-06-15 09:10:59 | 棚場のこと

コアニチドリ の鉢に モウセンゴケ が飛び込んできたのか それとも
モウセンゴケノ の鉢に コアニチドリ を植えたのか分からなくなってしまった。
鉢から はみ出したように咲いている イブキジャコウソウ は隣の鉢からの侵入者だ。
周辺部の小さな細い葉は シラタマホシクサ のつもりなんだが・・・・。

 
いろいろ混在しているが 今の主役は コアニチドリ。

 
食べておいしい山菜の「うるい」の本名は トウギボウシ。
大形の草だが鉢栽培だと小さいままで 花を咲かせる。
線形の葉は ヌマガヤ だ。これも自然界では1mを超す草だが鉢の中ではおとなしくしている。
遠慮気味に咲いているピンクの花は 飛び込んできた タカネナデシコ。

 
小さい蕾がふくらんで開花してしおれるまでが 縦一列に並んでいる。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラフル オトメエンゴサク | トップ | 真っ赤な新葉 アカイタヤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。