jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

初めての出会い シロバナイヌタデ と ヒメサルダヒコ

2017-12-31 07:00:00 | 植物調査のこと

今年最後だが 今年初めて出会った花を・・・
環境調査も9月になると終盤だ。花期が秋の花もたくさんある。
シロバナイヌタデ も秋の花。イヌタデ の色変わりかと思ったが独立種だった。


イヌタデ と一緒に咲いているものもある。
花穂を比べて見ると イヌタデ は先端まで密に花を着けている。
シロバナイヌタデ は花数は少なく先端はほっそりして優しそう。


コシロネ に似ている ヒメサルダヒコ も9月の出会い。
コシロネ は主茎一本だが ヒメサルダヒコ はたくさん枝分かれしている。


この花も優しそうな白い花。気のせいか葉幅が コシロネ より狭いようだ。

環境調査には7年もお世話になっているが毎年新たな出会いがたくさんある。
来年もお世話になる心算だが どんな花に出会えるんだろうか楽しみにしている。
拙ブログに沢山の皆様からお越しいただきました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての出会い フタバムグラ と メハジキ

2017-12-30 07:00:00 | 植物調査のこと

今年も魚沼市の環境調査(植物)のお手伝いをさせていただいた。
調査では初めて出会う花もたくさんある。
フタバムグラ もその一つ。
ヒデリコ テンツキ ヒナガヤツリ コケオトギリ などの中で伸び伸びと育っていた。


優しそうな白い花、4裂した萼片と丸い果実も愛嬌たっぷり。 


崖の荒れた法面に育つ大型の草も初めて見る草だった。
生育条件から侵入種かと思って外来植物から調べてみたがそうでもないらしい。


形状から シソ科 と見当をつけて探してみたら メハジキ だった。
メハジキ の名前や姿は図鑑などで見ていたが こんなに大型とは想定外だった。


蛇足だが jokichi が一度だけ見たことのある メハジキ はこんな姿がった。

ウラジオストクの港を見下ろす山上の草原に草丈60cm程で咲いていた。
2006年の8月が終わる頃だった。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ボタンヅル おまけは ベッコウハゴロモ

2017-08-19 09:23:28 | 植物調査のこと

雨続きのこの頃だが植物調査の日だった17日の日中だけは雨が降らなかった。
調査員11名の中には雨男と雨女がいなかったからだろう。
時節柄 フィールドには ボタンヅル の花が目立った。

 
盛期を過ぎた花もあり風もないのにわずかなことで花びらが散る。

 
上の画像で遠くに三角の昆虫だ写り込んでいる。
カメムシ科の ベッコウハゴロモ だ。近くの草の茎で吸汁している個体もいた。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロバナヒキオコシ

2016-10-05 07:00:00 | 植物調査のこと
草むらには クロバナヒキオコシ が咲き誇っているが人目を惹くにはその花では小さすぎる。
黒かと思うほどに濃い紫は他の草花には無い花色なんだが・・・。
人間の目には小さい花でも 虫の目で見れば決して小さい花では無いようだ。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルマバハグマ

2016-10-04 06:52:22 | 植物調査のこと
クルマバハグマ の白い花が木漏れ日の中に・・・・・・・・・・。
少し角度を変えて もう一枚。
大形の草でしかも一つひとつの花は小さい。
生えている場所は樹下が多いから暗い。
ストロボが不得意な jokichi には難しい花だ。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加