好きな色、オレンジです。。。

G党になって、30年くらいかな? 好きだからこそ、強くあって欲しい。。。 夢は、GIANTSの監督になること!

怪物の復活はあるのか?

2016年10月02日 22時44分39秒 | 日記

平成の怪物と言えば、松坂 大輔。

高校3年時に、春夏連覇。特に夏の甲子園は、PL学園との延長17回の死闘を一人で投げ抜き、決勝戦ではノーヒットノーラン。
西武にドラフト1位で入団すると、イチローとの初対決で3奪三振。そして有名な『自信から確信に変わりました。』
その言葉通り、高卒新人初の入団から3年連続最多勝。4度の最多奪三振、2度の最優秀防御率。
新人王に沢村賞(1回)、ベストナイン(3回)、ゴールデングラブ賞(7回)
第1回、第2回WBCのMVP。
そして、レッドソックスへ6年5200万ドル(当時52億)で移籍。※他にポスティングの入札額は5111万1111ドル11セント。
さらに、ワールドシリーズ制覇。

ここが、野球人としての絶頂期かな?

メジャー2年目に18勝して、今後も怪物伝説が続くと思っていたら、メジャー3年目以降は目立った活躍もなく、メジャー3球団を渡り歩き、ついに見切られてしまう。

そんな時、日本では国内復帰を希望する球団の争奪戦が始まり、破格の3年12億でソフトバンクと契約。

多くのファンが、全盛期までとは言わなくても、それなりの活躍を期待していたが、見事に裏切られてしまう。
3年契約のうち2年が経過して、登板は1試合1回39球だけ。
1球あたり2000万越。。。
しかし、投球内容次第ではCSでの登板機会もあったが、一人目から4者連続四死球。三振を2つ奪うも被安打3の5失点。
まぁ、これではCSの登板はないよね。

さて、来年は3年契約最終年だが、怪物復活はあるのか?

ソフトバンクや工藤監督は優しいから庇っているが、普通に考えたら働かない選手に2年で8億も払わないよ!
そこをキチンと理解して、来年見事に復活してもらいたいね。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こいつの失敗を書くのは何度目? | トップ | G終戦。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。