徐々に奇妙な冒険

アニメ・マンガ・競馬・サッカー等について

無限の住人 27巻(重要なネタバレあり)2

2011-01-31 00:43:06 | マンガ・アニメ
阿葉山vs偽一は前回書いたので、今回書くのは、逸刀流見習いたちの戦いについて。

いや〜、まさか全員殺されちゃうとはねえ。かわいそうに。

しかも、荒篠と足江進に至っては無傷に等しい。叢咲だけは死んだけど。お相撲さん(名前忘れた・・・)は良くがんばったね。えらい。かっこいい死に様だった。
しかしまあ、腹に穴開けられながらも叢咲を道連れにするとは。すげえ死に方。
過去を回想しながら、「すみません、阿葉山さん。悠久なれ、逸刀流」と残して死んでいくお相撲さん。かっこよかった。


で、荒篠と足江進は正直どれだけ強いのかねえ。雑魚を木っ端微塵にするのはこのマンガのある意味スタンダードだから、冷静に考えると、この二人の正確な強さはまだ測れないんだよね。

荒篠なんて、百琳さんだったら倒せそうな気がするし。顔に弓射られて、防げるのあの人。万次や凶だったら、あっさり頭上とれそうだしな。鉄鋼着込んでても、頭は無防備だし。
まあ、「それについては備えを用意してある」みたいな展開も考えられるけど


足江進は・・・まあ、かわった武器使ってるね。そこそこ強いんでしょう。凶あたりにやられそう。


っつーか、逸刀流はもう天津・凶・怖畔(おずはん) しか残ってないのか・・・。
槇絵さんはきっと出てくれると思うが。瞳阿と夷作はさすがに出せないだろうな・・・。残念。
阿葉山さんはとどめ刺されてないから生きてるかもしれないけど・・・、まあ戦線復帰はもう無理だろう。


一方、六鬼団は鉤群が健在で、荒篠と足江進に弩馬心兵もいる。鉤群の娘はさすがにもう出番ないだろうが。ま、あってもいいけどさ。

問題は偽一。あれ、まだ戦えるの?耳切り落とされて、脚もやられちゃって・・・。
御岳は期待通りそこそこやれることがわかった。
で、御岳は当然鉤群側になるわけだが、偽一は鉤群vs万次になったらどうするのかね。



ああ、これどうやって終わるんだろうな。

万次・天津・槇絵・鉤群の頂上決戦なのだろうか。「終わるまで死ねないリスト」にむげにんを入れなければ。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
お相撲さん 無限の住人
コメント (1) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 祝!コンフェデ出場決定!! | トップ | 風邪が治らない »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう忘れたから (屑宮)
2011-01-31 06:45:46
ネタバレ気にならんはー。アバヤマって何。ムーディーブルース?卍かい蛇尾丸?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL