柔道つながり ~からみつく大外刈~

柔道を通じてたくさんの人と出会い、成長できました。
柔道に興味のある人も、無い人も、コミュニケーションしましょう!

あっという間に時は流れ…

2016年06月23日 | 柔道
新年度が始まって2ヶ月が過ぎ、今日から第2回定期考査のテスト期間に突入しました。

日曜日に国体予選が控えていますが、自主練期間となります。

目標を持って、短期集中のトレーニングだぁ‼︎




さて。

毎年、出稽古に行かせてもらっている関大一高の市来先生から連絡がありました。

大阪府のインターハイ予選・男子個人60kg級で岡本選手が優勝したとのこと。

おめでとうございます!

島根県での活躍を祈念しています☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉ねぎ収穫

2016年06月11日 | 柔道
いつも物心ともに援助頂いている東野さんの農園で、野球部とともに玉ねぎ収穫トレーニングに行ってきました。



雨の翌日に足元ドロドロの中、玉ねぎ収穫したのももう3年以上前やな~と懐かしい気持ちになりました。

自然と触れ合い、部員たちにとって貴重な経験となりました(^_^)

ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 和歌山県高校総体 3日目

2016年06月06日 | 柔道
本日は男子個人戦でした。


3年生のシューゴが1勝しましたが、あとのかんちゃん(3年)、たっちゃん(1年)、リュート(1年)は初戦敗退という結果に終わりました。

結果は残念でしたが、3年生の2人は成長を感じる試合となりました。

総体が近づくにつれて、緊張感が高まって、練習もピリピリとした雰囲気が出て来て、これまでと違うなと感じられるようになりました。

本当によく頑張ったと思います。


本日も保護者・卒業生が来てくれ、部員たちを激励してくれました。

ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 和歌山県高校総体 2日目

2016年06月05日 | 柔道
昨日はみなガチガチのまま、田辺高校に惨敗したのですが…



本日は卒業生も応援に駆けつけてくれ、程良い緊張感で試合に臨むことができました。


那賀 3-2 神島

那賀 0-4 和歌山工業


昨日とはうって変わって、気持ちをうまく出して戦えました。特に、神島戦は4人にも関わらず、よく勝つことができたと思います。

和歌山工業が予選リーグ1位通過、あとの3校は1勝1敗で並び、勝ち数・一本勝ちの差で田辺高校が決勝トーナメントに進出し、残念ながら予選リーグ敗退という結果に終わりました。

応援に来てくださった保護者・卒業生のみなさん、本当にありがとうございます。




男子団体戦の結果です。



優勝 和歌山北
準優勝 箕島
第3位 初芝橋本
第3位 和歌山工業


総体8連覇中の箕島高校が2-3で敗れ、和歌山北が13年ぶりに男子団体戦でインターハイに出場することになりました。



そして、昼からは女子個人戦です。

70kg級で出場したちはる(2年)は、初戦を稽古してきた内股で一本勝ちし、決勝へ。

決勝戦は、高山さん(箕島)に大内刈りで一本負けしましたが、この一年の成長を感じる好試合でした。

これを糧に、また次へ向けて頑張ってもらいたいと思います。

ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 和歌山県高校総体 1日目

2016年06月04日 | 柔道
【女子団体戦】

優勝 箕島
準優勝 紀央館
第三位 熊野
第三位 近大附属和歌山



【男子団体戦】

予選リーグで1試合を行いました。

那賀 1-4 田辺

残念ながら、本日の試合は完敗でした。

明日は2試合あるので、ベストを尽くしてもらいたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きっと、うまくいく

2016年04月16日 | 想い


以前にも紹介したかもしれませんが、『きっと、うまくいく』というインド映画が大好きです。

インド屈指のエリート大学が舞台で、主人公の大学生3人が織りなす物語。

学長はじめ、ここに通う学生たちの多くは、少しでも良い成績を取り、少しでも良い就職先を手に入れることが人生最大の幸福という価値観を持っています。しかし、主人公はその価値観に対して真っ向から立ち向かいます。大きな勢力や大きな権力に対して、自分の信じる価値観を守るために最大の努力を実行します。

隣の人を蹴落として自分だけ上がるのではなくて、自分が本当に興味のあること、やりたいことをやるべきだと。そうすると、自然と周りに仲間は増えてくる。

インド中から集まるエリート集団の中ではかなり異質な存在で、学長はじめ色んな人から睨まれ、潰されそうになりますが、主人公とおバカな友人2人の奮闘により、最後は学長から認められる。

インド映画お約束のダンスパフォーマンスやお笑い要素も強いですが、とても強いメッセージが込められていることに気付きます。
また、インドの大学生自殺率の高さや、就職活動のシビアな裏側、地方における貧富の差のディテールなど、シリアスな描写もあり、インドという国の抱える問題についても考えさせられる内容となっています。


社会的地位やお金は、人が生きていく上でとても大切です。

しかし、それに捉われすぎると本質を見失ってしまう。自分の心に反することに従事せねばならくなる。

自分が望むからこそやり遂げられる。

そんな作り手の想いが伝わってくる映画です。



「きっと、うまくいく」

主人公がピンチに陥った時、自分に暗示を掛けるかのように呟く言葉です。

もちろん映画とは違い、現実はうまくいかないことも多いです。
しかし、現状を分析して、自分の心に従って最大限の準備をする。その中で苦しい状況や予想外のアクシデント的な事件が起きた時、この言葉は意味を持ってくると思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一日一日を全力で…

2016年04月13日 | 柔道
先日の稽古に、OBの浜野先輩が来てくれました。


キャプテンのかんちゃん(3年)に、優しく温かい激励を与えてくれました。

こういう先輩、ありがたいね☆

足上げ腹筋100回さしたら苦しんでたけど( ̄▽ ̄)

大学で鍛え直しぢゃ!



高校生たちは、自分の頭で考えて、地道に地道にやっていこう。トレーニングも、ストレッチも、打ち込み一本も、乱取り十秒も、その一瞬一瞬に本気で取り組もう。

限られた時間において、無駄を減らし、本質を捉えられるように。

ここからどこまで高められるか楽しみにしてる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 始業式

2016年04月08日 | お仕事
短い春休みが終わり、ついに学校が始まりました。

3月末から続いていた、風邪か花粉症かわからない体調不良も全快し、リフレッシュした気分で新学期を迎えられました。



思い返せば4月1日に発表されたポジションは、自分が望んでいたものとは異なり、かなりショックを受けました。
納得できなくて、腹が立って、堰が切れたかのように周りに愚痴や不平を吐き出しました。

ふと我に帰った時、自分がいかにマイナスのエネルギーを出し、周囲に不快感を与えていたのかを感じ取り、後悔の念に襲われました。

そして何より、柔道部の生徒たちにいつも言っている言葉、「しんどくて辛い状況にある時こそ、その人の本当の力が試されている」という言葉に反する行動を取っていることに気付き、恥ずかしくなりました。



思い通りに行かないケースは多々あります。

その時にどう対応できるかが、本当に重要なこと。

覆らない決定に文句を言うよりも、自分の心に整理を付けて、前に向かって進む方が絶対に賢い。

柔道部員たちも、前に進んでいます。

私も☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月が終わった

2016年03月31日 | 想い
和歌山に来て8年目の春です。


僕は中学校で柔道と出会い、それ以来生活の中心は柔道でした。柔道を通じて、本気で取り組んでる人たちと出会い、大きく成長させてもらえたなと感じています。

ずーーーっと考え続けています。



身体は少しずつ衰えてきてるし、怪我や古傷がとても気になって仕方ありません。年を重ねるにつれて、しょーもないプライドとか面子も出てくるし、守らないとあかんもんも出てくる。

ずーーーっと考え続けよう。

柔道から何を得られるのかを。



マサルちゃんに負けじと、トレーニングを昨日今日と頑張ったところ、下半身がパンパンになって泣きそうです。

明日も負けじと頑張りますよ!

では(^_^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天理名門校大会 終わりました

2016年03月30日 | 柔道
三日間にわたる大会が終了しました。


本校からは男子3名、女子1名が参加し、ひたすら全国から集まった高校と練習試合を行います。



女子Bに参加したちはる(1年)は、この一年での成長ぶりを感じられる試合が出来るようになってきました。
勝ったり負けたりでしたが、前に前に取りに行く姿勢は必ず実を結ぶはずです。

今回で見つけた課題を乗り越え、さらに成長していってもらいたいです。


一方、男子Cに参加したかんちゃん(2年)・シューゴ(2年)・マサル(1年)は、和歌山商業の2名と共に頑張りましたが…

後半になると疲れが見えてきて、心が折れることもしばしば。1人あたりの試合数は一番こなしたとは思いますが、内容は散々なものとなりました。良い勝ち方をすることもありましたが、悪い部分の方が目立った遠征となりました。


怪我人も出てしまい、残念ながらエントリーしていた、ますらお旗争奪柔道大会も、不参加という決定をせざるを得ませんでした。


今回の遠征で、これまでの取り組みの甘さを痛感しました。

ただ、今の生徒たちが、負けて悔し涙を流す姿を初めて見ました。

本当の勝負はここからです。前に向いて進んで行こかい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柔道ランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村