john note〜魂の日記(再)

聖テレーズが大好きなカトリック者です。嫌いな方はそおっとスルーしてくださいませ。
足跡日記から魂の日記に変えました。

最も小さい霊魂の会 入会案内

2017-07-15 21:14:36 | 最も小さい霊魂の会 入会案内


最も小さい霊魂の会は、イエズス様が神秘家のカプチン会のシスターコンソラータに現れ、指導しつつ世界に広がっていったと認識しております。
最も小さい霊魂の会は、聖テレーズの霊性を継承しつつ、それを具体的に実行しやすくしたものだと思います。
霊的幼子の信仰、盲目的な委託、絶対的な信頼。


「イエズス、マリア、あなたを愛します。霊魂を救ってください。」
この祈りの中に神に対してのなすべきことが全て含まれていると思います。


コンソラータはこの祈りを絶えず祈る事により、自己を聖化し、イエズス様の救いのみわざに参与していました。


しかしながら、コンソラータの「最も小さい霊魂の会」は形のない会でした。
修道会でもなく、集会があるわけでもなく、会費も、バッチも、メダイも、象徴になるものもありません。


世界中の会員たちが互いの顔を全く知らないまま、神様に祈りを捧げています。
私もその一人だと思います。
以前になりますが、前のブログを休止している間、ある思いがよぎりました。
私のひとつの夢は、祈りの会を小規模でもいいからつくる事でした。


同じ同志たちで神様に祈る祈りの会をつくりたかったんです。一人で祈るより、皆で祈ったほうが力が入り、集中でき、実りある祈りになると感じたからです。



この「最も小さい霊魂の会」は、日本のヨハネ版と言いましょうか、世界には名もなき隠れた謙遜な最も小さい霊魂がいると思います。
そんな中で、「最も小さい霊魂の会」の本が私の手の中に収まり、そして、読むことができ、そして、このような思いを起こさせたという事は、神様のお導きではないかと思っています。
現代は、物事をむずかしく複雑にする傾向があります。
神様の教えは、そうではなく、簡単明瞭で誰にでも理解できるものでなくてはなりません。



ものごとをする場合、むずかしくて骨がおれて成果が少ないものよりも、簡単で成果が多いやり方をするものですよね。
仕事もそうですよね。

祈りでもそういう手段があってもいいのです。

この祈りの会で祈る祈りは、コンソラータの祈りを含めて3つあります。




①コンソラータの祈り
「イエズス、マリア、あなたを愛します。霊魂を救ってく ださい。」 または、「イエズス、マリア、(ヨゼフ)われ、御身を愛し奉る。よって霊魂を救いたまえ。」




②緑のスカプラリオの祈り(シスター・ビスケイブルーにあ
たえた祈り)「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我らのため に祈りたまえ」




③不思議のメダイの祈り(聖カタリナ・ラブレに与えた祈り)
「原罪なくして宿りたまいし聖マリア、御身によりたのみ奉る我らの為に祈りたまえ」






この3つの祈りを一日に一回ずつ祈るだけです。
短い祈りではありますが、侮ることなかれ。
仕事や家庭や、その他の雑務に追われているとこの祈りすら祈れない事もあります。
また、短いと言って後回しにしていると、寝てしまうこともあります。




この祈りはいつでもどこでも唱える事が出来ます。
ひざまづいて祈るのもよし、通勤の途中でもよし、買い物の行き帰りでもよし、ロザリオの後でもよし、目覚めた時でもよし、時間、場所を選びません。

これら一つ一つの短い祈りは、霊魂を救ったり、死んだときに効果を実感できたり、信仰を守る時の武具となります。

一つ一つには意味があり、どれも強力な祈りです。




私、ヨハネの祈りの会は、3つの祈りを大切にしながらも「最も小さい霊魂の会」の精神を全面に出します。

それは、聖テレーズの精神を継承したものであるからです。






この会の目的は自己の聖化とイエズス様とマリア様の救いの
み業に協力することです。

そして、もう一言付け加えるなら、この祈りにより、イエズス様とマリア様を多くの人に愛させたいのです。





この会は、インターネットによる私的祈りの会です。
認可も受けておらず、公的なものでもありません。
入会に必要なのは、都道府県名と名前だけ。
名前はハンドルネームでもかまいません。
どなたでも入れます。
カトリック者に限定しません。
未信者の方も、違う信仰をお持ちの方も入れます。
一応、人数把握の為にブログの入会報告の時に番号を書かせていただいています。
現在は5名の方がいらっしゃいます。
入会したいと思う方は、コメント欄に書いて下さい。
ブログの入会報告を持って承認したとさせていただきます。
なお、実名を公表することはいっさいありませんし、電話番号も、メルアドも必要ありません。
反対や中傷にさらされる時が来るかもしれません。
それでもいいのです。
イエズス様とマリア様のために前に進んでいきたいから。





神様が望んでいるのであれば、きっとうまくいくと思いますし、また、失敗したとしてもその取り組みを神様は見ていて下さっていると思うので心配していません。

悪魔が人々の霊魂を日々休むことなく獲得する活動をしているとするなら、神様の味方である私達も日々、人々の霊魂を奪い取る為に活動しなければなりません。

その為に私は、この世に生まれてきたのだ思います。








《おしらせ》
この記事はYブログに投稿した記事をgooブログに投稿するにあたり、再編集したものです。
基本、内容はあまりかわってません。

現在はこの祈りの会は休止しています。
祈りの会を豊かなものとするために、また方向性を間違えないために指導司祭を探しています。

しかしながら、個個人の祈りの活動を妨げるものはなにもありません。
成行きが進展しましたら報告させて頂けるかと思います。
会員はひき続き募集しております。

あくまでも私的祈りの会です。
入るのもやめるのも全くの自由です。
個人の自由意志におまかせいたします。
神様のみ前において小さなものであることを承諾すること、神様の救いのみ業に隠れた存在として協力すること。
短い祈りではありますが、会によって、また同志たちによって、継続することによって、神様の救いのみ業に協力したいと思っております。











ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたにとって、ごめんなさ... | トップ | ヨハネの詩19〜安心できる場... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
T・M様 (使徒ヨハネ)
2017-07-17 07:46:38
最も小さい霊魂の会の記事をお読み頂いいているとのこと、ありがとうございます。
今度ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。