john note〜魂の日記(再)

聖テレーズが大好きなカトリック者です。嫌いな方はそおっとスルーしてくださいませ。
足跡日記から魂の日記に変えました。

最も小さい霊魂の会〜コンソラータへの道 42

2017-07-13 06:51:45 | 最も小さい霊魂の会


コンソラータ
「聖母マリアと聖ヨゼフのみ、私が熱望している、ひたむきな、神にのみ向かう愛を持ってイエズスを愛しておられました。私も聖母マリアがイエズスを愛したように愛したい。それが出来れば、はじめて私は安心出来るでしょう。ちょうど今朝、今日のごミサの聖福音に『私にとって誰が母だろうう?・・・神のおぼしめしを果す人こそ私にとって、兄弟姉妹、母である。』」と読みましたが、イエズスはその御言葉によって直接私の希望に答えて下さいました。
もし、わたしが英雄的な誠実さで、神のおぼしめしである愛の道を歩めば、私はイエズスの御母のようになれ、いと忠実なる童貞と同じ心でイエズスを愛する事が出来ます。
聖福音がこのことを勧めないなら私もそれを考えることを遠慮したでしょうが、勧められた今、私の心は燃えて、御母のようになれることを望んでいます。毎朝私はミサのカリスに自分を浸して、私をイエズスとマリアに変化して下さるように神に願います。

😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅

御母のようには愛せないなぁ〜。
御母は偉大な方だから、いくら聖人たちでもかなわないと思います。

でも、イエズス様を愛する人は、みな似てくるんだと感じています。
だから、イエズス様を本当に愛している人たちには、あまり言葉はいらないのだと感じます。

聖フランシスコと聖ドミニコのように。


そういえば、昔、ブログで怒られたなぁ。

イエズス様を私達の父と言ったんですよ。
すると、イエズス様は、父ではないって。
御父がいるからイエズス様は父じゃないって。

確かにそうなんだけれど、言い回しというか、ニュアンスというか、感じ方っていうか、細かいことを言い過ぎなんだよね、一から十まで説明しないとダメなのかな・・・って思う。

イエズス様にとっては父は御父なんだけど、私達にとってはイエズス様は父と同様なんだと思うんですが・・・。

書き方がいまいちなんで、伝わりませんね。

話はかわり、今日、口の恐ろしさを感じました。
一緒に働いている同僚同士が影で悪口を言いあっていました。
一見、仲のいい2人だと思ったんですが、実際は違いました。
世間では、このようなことがいっぱいありますね。
私は、世間でいう大人という事がどういうことなのか、わかりませんね。
結婚して家庭を持つことだけが大人だとは思いません。
自分のしたことに責任をとるのはそうだと思いますが、失敗した時や悪いことをしてしまった時に謝る事が出来るのが大人だと思います。聖書に書いてあるように、口を制する人は、一人もいないんです。
口が犯す罪は小さいが、しかし、犯す回数は一番多い。
故に注意していないと大罪になる。

改めて思った。
自分も裏ではいろいろ言われているんだろうなと・・・😭
でも、気にすることなく自分の道を進もう。


ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最も小さい霊魂の会〜コンソ... | トップ | あなたにとって、ごめんなさ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うり)
2017-07-14 09:03:16
汚れなきマリア様の御心。その御心を通して私たちはイエスを本当に愛することができますね。イエスを愛することにおいてマリア様ほどの最高の教師はいらっしゃいませんよね!
マリア様が生涯思い起こし巡らせた、イエスとの思い出。その思い出の中に浸りながら唱えるロザリオによって、全てのキリスト信者がイエスと出会い、さらに愛し、彼に似たものとなれますように。祈るばかりです。
うりさんへ (使徒ヨハネ)
2017-07-14 22:30:48
コメントありがとうございました。
全くそのとおりだと思います。母マリアに倣うことなくして、イエズス様にはたどり着けません。
ともに祈りを通して、聖化されますように。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最も小さい霊魂の会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。