考える英語 (英作のススメ)

身の回りの事から、社会情勢まで、幅広い事柄を、自分の知っている簡単な英語で表現する。

身の丈に合った英語を!英会話上達の秘訣!

2017-09-13 12:18:57 | 英語学習

よく『身の程を知る』という。自分を顧みて己の実力をわきまえる、といったことであるが、英語でも大事な発想である。身の程を知るとは、無理な背伸びをせずに、自分の身の丈にあった努力をすること。英会話で言うと、高尚な英語ではなく、自分の知っている簡単な英語を使うことである。簡単な英語を使うことはわかるのだが、実際どうやって『証人喚問』などの難しい日本語を英語にするか、それが難しいのである。簡単な英語で英会話というのは、別に私の専売特許ではない。昔から言われていることである。昔から言われているのだが、よく巷にあるのが、簡単な英語で簡単な内容を言うといったものである。そんなものは当たり前だろう。簡単なことを簡単な英語で言うのは極めて簡単である。じゃあ簡単な英語で『忖度』やら『証人喚問』やらをどうやって英語にするか。それが本ブログにおいて長らく研究し、追及しているテーマである。

身の程を知るというのは、自分の実力を知ることである。自分の実力を知るというのは、自分の持っている武器を知ることである。自分の体力を知ることである。自分に戦える武器と体力がどの程度あるか見極めることである。私の見たところ、多くの英会話に苦しむ学習者は、身の程を知らずに戦おうとしている。戦うためには自分に合った武器というのが必要なのだ。

 身の程を知る、というと、なんかこう消極的な感じがするが、実は実践的な英会話上達の技術論なのである。孫子の兵法で言うところの、敵を知り己を知らば百戦危うからずである。ということは、己を知らなければ、百戦百敗だということだ。要するに身の程を知れということ。自分の実力をわきまえず、強大な敵に立ち向かえば、間違いなく勝負に負ける。身の程をわきまえていれば、相手が強すぎれば、『三十六計逃げるにしかず』で戦いを避け、他日に期すということにもなるだろう。

身の程を知るとは、英会話においては、身の丈に合った英語を使うということである。基本的な英語を使いこなす術を知ることである。自分の知っている、慣れ親しんだ英語で戦おうとする、いわば覚悟である。自分の武器で戦うという覚悟が、英語の上達をもたらすのである。自分に無いものを求めない。どこまで自分の知っている英語だけで言えるかという挑戦である。

 

  英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! 英語に必要なのは挑戦する勇気です!(^^♪ 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英作『忖度8(礼節を尊び、愛... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

英語学習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL