洋書で英会話

100冊以上読んできた経験と知識をもとに、英語の小説や雑誌、実用書などから、すぐに使える素敵な表現や文法をご紹介します。

ゆっくりハリー・ポッター(21)「金曜日の午後は休みです」の言い方  

2017年12月08日 | 英語表現
みなさん、こんにちは!

今回は、ゆっくり(すぎる!)ハリーポッター、第21弾

HARRY POTTER and the Philosopher's Stone 
by J.K.ROWLING

Chapter Eight
The Potions Master より

「金曜の午後は休みです」という表現をご紹介します。


今回の表現は、前回(ゆっくりハリー・ポッター(20)「何か付いてますよ」と教えてあげるときの言い方)から少し進んで、
ハリーが魔法学校に入学し、始めの一週間が過ぎた時にハグリッドから届いた手紙の中にありました。


ではさっそく引用から♪ 

※今回のオススメ表現は青字の部分です。


DEAR HARRY, ( it said, in a very untidy scrawl)

I KNOW YOU GET FRIDAY AFTERNOONS OFF, SO WOULD YOU LIKE TO COME AND HAVE A CUP OF TEA WITH ME AROUND THREE?
I WANT TO HEAR ALL ABOUT YOUR FIRST WEEK. SEND US ANSWER BACK WITH HEDWIG.

HAGRID



ハグリッドからの手紙ということで、本文中では全体的に手書き風の文字になっています。
そして、こちらは、豆知識ですが、DEAR HARRY, のすぐ後にあるカッコで表された部分はその手紙の文字が
どのように書かれているかが説明されている部分で、〔(手紙が)すごく汚い字で無造作に書かれている〕
というようなことが記されています。


手紙の内容は、ざっくり訳すと、『金曜日の午後休みだよね。よかったら3時頃うちにお茶でも飲みに来ないかい。学校生活初めの一週間がどうだったか聞かせて欲しいな。返事はHedwig(フクロウの名前)で送ってくれたらいいいよ』という感じです。
ハグリッドのキャラがちょっとうまく出せていない気がしますが、身寄りもなく、急な生活の変化に戸惑うハリーを気遣っている感じがいいなと思うハグリッドからの誘いの手紙でした。これからまだ先があるので、これがどう進んでいくのか楽しみです。


☆今回のオススメ表現☆

I KNOW YOU GET FRIDAY AFTERNOONS OFF. (金曜日の午後は休みだよね)

【 I KNOW 主語+動詞 】で【 (主語)が(動詞)なのを私は知っている 】となります。

今回はこの文章の後半部分、YOU GET FRIDAY AFTERNOONS OFF.の使い方を見ていきたいと思います。

その前に、1つ。
AFTERNOONにS(エス)がついて複数形になっています。
このエスには、『毎~』の意味があります。
このエスは曜日にもよく使われます。

例えば、
The shop is closed on Sundays. と言うと、The shop is closed every Sunday. と同じく
毎週日曜日はその店が閉まっていることを伝えます。


YOU GET FRIDAY AFTERNOONS OFF.から分かるハリーのスケジュールは、
毎週金曜日の午後はお休み(つまり、ハリーの場合は、授業がない)ということを言っています。



この【 get+ 時を表す語句 + off 】の 表現、
『何時いつ休んだ』とか『何時いつ休みを取る』ということを伝える時に使えます。


これを応用して、「月曜の朝休みました」という時は、

I got Monday morning off.


「来週休むつもりです」は
I will get next week off.


『何時』と具体的にない場合は get time off と言ってもOKです。
そして、この表現はよく使われますので、「休暇を取る」という意味の熟語にもなっています。

例えば、「来週ちょっと休みを取ります」は、

I will get some time off next week.


【 get+ 時を表す語句 + off 】

getの他に take と have も使えます。

getは『得る、得ている』takeは『取る』haveは『ある』感じをぞれぞれ伝えます。


例えば、

I will have Tuesdays off next month. と言えば「来月は火曜がお休みです」


I took two days off last month. と言えば「先月2日休みを取りました」となります。



他にも色々活用できますが、今回はこの辺で♪




☆☆お知らせ☆☆

少しずつブログで使える表現をお伝えしていますが、やはり、
ハリーポッター、世界的ヒットになった作品だけあり、何とも言えない魅力と面白さがあります。
伝えたいことが沢山ありすぎること、そして、先月、ある生徒様からリクエストを頂いたこともあり、
来年はハリーポッターも教材にすることにしました!

今年も残すところ、あと少し、来年から洋書読書、皆さんも初めてみませんか?


英会話スクール English and Beyond のホームページはこちら
体験レッスン受付中。通信コース、スカイプレッスンも行っています。お気軽にお問合せ下さい^^♪




この記事をはてなブックマークに追加

それって、切り方の問題???~Reader's Digestより使える英語表現~

2017年11月15日 | 英語表現
みなさん、こんにちは!
まめに更新を!と思いながら、またまた久しぶりの更新になってしまいましたが、
今回は久しぶりに私の愛読書の一つ、 Reader's Digestより、面白くて、使える英語表現をご紹介します。



ではさっそく引用から♪
まずは辞書なしで、文脈で意味を考えながら、読んでみて下さい。


When the waitress asked if I wanted my pizza cut into four or eight slices, I said,

"Four. I don't think I can eat eight."

-Yogi Berra from Yogi:It Ain't Over...-(←この言葉の出典元)



どうでしょう??



今回の文章は、ジョークのコーナーではなく、
Quotesのコーナーに載っていたものです。

quotes 単数形はquote

quoteも色々な意味がありますが、
ここで使用されている意味は、“引用”です。

“引用”=quoteを英英辞典で調べてみますと、

REPEAT EXACT WORDS
to repeat the exact words that another person has said or written
-オックスフォード現代英英辞典-

【誰かが言ったり、書いたりした言葉を、そのまま繰り返すこと】とありました。

と、いうことで、今回、取り上げた文章は、
Reader's Digestの中でも、誰か(有名な人)が言ったり、書き残したりした、
名言を紹介しているコーナーからの引用でした。




この文章、何度読んでも、え??切り方の問題?!と可愛らしくてクスッとなります。

このコーナーに載っている言葉は有名人の言葉が多いのですが、有名人と言いましても、
アメリカでの有名な人たちが主なため、名前を見てもピンとこないことも多いので、
文化的すぎることに、“私知らない”と落ち込んでも仕方ありませんので、
いつもはそんなに誰かわからなくても気にしません。
(英語になると、なぜか全部知っていないといけない強迫観念に駆られがちになりますが、
ローカルな有名人や、スラングなどは知らなくても大丈夫です!それに出会った時に
知りたいと思ったら、そのことを自分で聞ける英語力を培っていくこと、そちらのほうが大事です!)


ですが、このちょっと“とぼけた”感じがいいなぁと思い、少しグーグルで検索してみましたら、
メジャーリーグで有名な捕手として、そして、引退後は監督として活躍していた方の残した言葉でした。
この他にも色々と面白くて、時には、勇気づけられるような言葉をたくさん残されているようで、
その有名なベスト50を紹介するこんなサイトまで発見しました。興味のある方はどうぞ♪

The 50 greatest Yogi Berra quotes



“引用”の説明とYogiさんの紹介はこのくらいにして、
肝心の引用文の内容の説明に行きたいと思います。


When the waitress asked if I wanted my pizza cut into four or eight slices, I said,

"Four. I don't think I can eat eight."

-Yogi Berra from Yogi:It Ain't Over...-

この話の舞台は「レストラン」
メニューは「ピザ」
キーワードは"cut"です。

レストランでピザを注文した時、

あらかじめ食べやすいサイズに切ったうえで提供されることもありますが、
ピザカッターを渡されて自分たちで好きなサイズに切って食べるところもありますね。

ここでは、お客さんの要望に合わせて何枚切りにするかを選んでもらうスタイルのレストランだったようで、
そこで、4枚に切るのと8枚にするのと、どちらがいいかをウェイトレスに尋ねられたYogiさんが言った答えが、

Four. (4枚でお願いします。)

I don't think I can eat eight.(8枚も食べられないと思うから)


・・・


切り分ける枚数の話でしたので、ピザ本体(?)の大きさは4枚でも8枚でも同じです!


Yogiさんが話すのを見たことはありませんが、
真剣に答えていそうな光景が目に浮かぶようで、ほっこりします。



☆“どのくらいの大きさに切るか”の表現
“cut into ~ ”覚えておかれると便利です。




食欲の秋、食べ過ぎにご注意を♪


英会話スクール English and Beyond のホームページはこちら(↓)です!

English and Beyond
Reader's Digestを教材にしてのレッスンも行っています ^^♪

この記事をはてなブックマークに追加

make sureを使った表現 ~1001 little wellbeing miracles by Esme Floydより~

2017年10月20日 | 英語表現
みなさん、こんにちは!

今回は当ブログでおなじみの、元気により良い人生を送るためのコツが紹介されている本、
1001 little wellbeing miracles by Esme Floydより、
前回紹介したmake sureが使われている文が入っている項目をご紹介します。

それではさっそく引用から♪

420. DRINK MILK (1001個コツが紹介されているうち、今回は420番目のコツです。まずは辞書なしで読んでみて下さいね)

Make sure you include calcium in your diet every day to help prevent bone loss and keep joints healthy. If you don't like drinking milk, try yogurt, cheese and ice cream, or eat leafy greens.



この文章を読む際にポイントとなるのは、make sureからの文章です。

そして、dietは、以前このブログでも取り上げたことがありますが、「痩せる」という意味ではなく、「食事」という意味です。
(dietの意味についての復習はこちら→dietは「痩せる」という意味ではありません / How healthy is your diet? )

calciumは、その文字通り読んだら、そう、【カルシウム】です。


includeの意味ですが、もし、知らなかったとしても、この項目のタイトル、DRINK MILK.(牛乳を飲みましょう)から
そのおよその意味を推測することができます。


カルシウムを毎日の食事に必ずどうするようにしたらいいのか・・・
牛乳を飲んだら出来ること・・・・

少し考えると、

もしかして「毎日の食事にカルシウムを必ず含むように」って言っている??となんとなく浮かび上がってきますね。

果たして、includeの意味は、その推測通り【含む】です。

もし、推測した時に、【含む】ではなく、カルシウムを“摂る”??かなぁ、、、、なんとなく思った方、
あ、違った(><)と思うことはないです。
伝えている意味は同じ、日本語として別の表現、自然な意訳になっただけです。


これで、前半Make sure you include calcium in your diet every dayの意味は取れました。


その続き、to help prevent bone loss and keep joints healthyは何を伝えているか。

文の構造としては前半の文の最後every dayの後にピリオドを付けても意味は完了しそうなところ、
そこに、続いて付いてくる〔to+動詞の原形〕は、〔~するために〕と理由を伝えています。

では、いったい、牛乳を毎日の食事に含むのは、何をするためか、、、

help助ける、prevent、、、う~ん???、何という意味だったかな?となられた方
推測力を鍛えるチャンスです!すぐに意味を検索するのではなく、少し考えてみて下さい。


意味を推測するのに大事、なのに、英語になった途端に捨ててしまいがちなもの、

“自分の持っている一般常識”。

ここではその『自分の持っている一般常識』が意味を読み取る際に重要になります。



英語は見た目は違うけれど、それを使っているのは、人、当たりまえのことですが、
同じ人間同士、感じることや、やっていることは、多少の文化の違いはあれど、そこまで大きく違うことはありません。


牛乳を飲むことが大事と伝えている文章、

何するために牛乳を飲むのか→カルシウムを摂るため

ではなぜカルシウムを取る必要があるのか→骨を丈夫にするため

そこで原文を見て、骨(bone)の後に、丈夫なことを表していそうな単語がきているのか観察してみると。。。

次にきているのはloss(読み方:ロス)という単語。ロスと言えば、最近流行っている(?)
ドラマが終わったり、その中の登場人物の出番が終わったりした時に使われる「~ロス」という言葉がありますね。
その言葉が使われる状況を考えますと、そのドラマが見れなくなって、その登場人物がいなくなって寂しくて落ち込む感じを
伝えるために用いられていますね。そこから推測して、骨がどうなるのかを考えると、そう、「なくなる」感じです。
"骨がなくなる"は日本語として少し変なので、調整して、"骨が減る"(骨密度が少なくなっていくような感じです)とすると、少し自然になりますね。

さて、元の文章に戻ります。
骨が減るのをどうするために牛乳か、と考えると、【防ぐため】と推測できますね!
preventは、その通り、「防ぐ」の意味を持っています。

その続きの、keep joints healthy
まずは、【 keep 名詞 形容詞 】の並びで、【(名詞)を(形容詞)に保つ】という意味です。
jointsをヘルシー(健康な状態)に保つ。
joints(読み方:ジョインツ。単数形はjoint:ジョイント)って??
骨は先に出ているから、その他で骨に似たような体の部位を考えていくと、
ジョイント、ということは、つなぎ目、身体でつなぎ目のような部分で骨に近いと言えば、、、、
「関節」です!


ここまで見てきたところで、引用文全体をもう一度見てみます♪

420. DRINK MILK 

Make sure you include calcium in your diet every day to help prevent bone loss and keep joints healthy. If you don't like drinking milk, try yogurt, cheese and ice cream, or eat leafy greens.




どうでしょう?みなさん、大体意味が取れましたか??

2つ目の文章は「もし、牛乳を飲むのが苦手なら、ヨーグルト、チーズ、アイスクリームを食べてみて、leafy greensもいいですよ」と言っています。

最後に、leafy greensとは??

greenは緑、ということは「野菜」


どんな野菜か?

leafy、yを取ったら、leaf(リーフ)=葉っぱ。

ということは、、、


【葉物野菜】ということですね!


ちなみに、葉物野菜は、そのまま、leaf vegetablesと言っても大丈夫です


このコツ、【牛乳を飲みましょう】と言いながら、牛乳が苦手な人のことも考慮して書かれているところがいいなぁと思います


英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! 
English and Beyond 、体験レッスン受付中。(^^♪
レッスン中、気が付けば自分がしたのは相づちだけ、そんな英会話からそろそろ卒業しませんか?




この記事をはてなブックマークに追加

単語の意味、カギは文の流れです!⑩いつでも1つの意味に当てはまるとは限りません!

2017年09月16日 | 洋書の読み方
みなさん、こんにちは。
今回は1001 little BEAUTY MIRACLES by Esme Floydより、使える英語表現をご紹介します。


では、さっそく引用から♪
今回は1001個紹介されている美しくなるためのちょっとした秘訣のうち、26番目に紹介されていた秘訣です。
まずは、知っている単語を大切にして、辞書なしでお読みください。



26. PLEASE WASH YOUR HANDS

Make sure your hands are clean before you touch your face.
When applying the foundation, use a sponge or brush to give a velvety look.



いかかでしょう。今回は、いつもより、より馴染みのある単語が多い文章ではないかなと思います。

出だしの、make sure と途中のfoundation、applying、最後のvelvety lookが、気になるかもしれませんが、
それを飛ばして読んだとしても、この文章で伝えたいことは、8割方読み取れると思います。


ざっくり訳してみますと、この文章が伝えたいことは要するに

【顔を触る時には手は清潔に!ファンデーションの時には、スポンジかブラシを使って】ということですね。


カタカナも交えて、もう少し細かく訳すと、

【顔を触る時には手は清潔に!ファンデーションをアプライする時には、スポンジかブラシを使って、ベルベッティなルック(見た目)を与えるために】となります。

もう少し、細かく意味を拾っていくと、
後半の文章に登場していたfoundation、そのまま読めたら、そのままの意味で日本語に通じるもの、化粧のファンデーションのことでした。

最後にある、ベルベッティな見た目って??

こちらも、実は、ベルベッティとそのまま読んで、似た単語のベルベット(日本語で言う所のベロア:ベッチンに似たなめらかな素材)を思い出せたら、そして、『ここではファンデーションの話』だということを忘れずにいたら、どんな見た目か大体想像がつくと思います。
ベロアのような見た目ということは、ボコボコしたり、よれたりしていない、スーッと滑らかに見える肌のことです。


最後に、途中に出てくるapplyingの意味をあえて残していましたが、
この”アプライ”、どのように訳したらいいか。

TOEICの勉強を一生懸命頑張られた方は、単語だけを見て
apply、知ってる!!『申し込む』だ!!と思われるかもしれませんが、
『ファンデーションに申し込む時には』とすると何だか変ですね(><;)

それもそのはず、applyは、いつでも「申し込む」という意味で使われるわけではありません!

何だか日本語は変だけど、「申し込む」って習ったし、その意味で暗記しているし、
ま、いいか、となっては、絶対にいけません!

何かがおかしいと思ったら、もう一度、立ち止まって文脈を見ること、前後をしっかり観察すること!!

そうしたら、ファンデーション、スポンジとかブラシを使って、と書いてある、、、
ということは、もしかして、このapplyって・・・・・『塗る』の意味で使われている???と、
うっすらと気付くはずです。

英語を読む時には、この、前後からうっすらと意味を読み取る感覚を磨くことが大事です。


英単語の意味は、あって、ないようなもの、その単語が持つ核となるイメージがあって、
文脈がその単語の意味の最終決定権を持っています


果たして、この文章で、applyは、文脈で浮かび上がった「塗る」という意味で使われていました。


後半の部分、その意味も含めて意訳すると、
【ファンデーションを塗る時は、スポンジかブラシを使うと、滑らかな肌に見えるようになるよ】という感じですね。



知っている単語でも、文脈で意味を取った時に何だか変と感じたら
もしかしたらその単語が持つ、また別の意味で使われているかもしれません。
その前後をよく観察して文脈で意味を取るようにしていくと、
その単語の新たな意味が知れたり、また新しい語彙が増えたりと、英語力UPにつながります。


出だしのmake sureの意味にあまり触れずにいましたが、
この表現も英語でよく使われる言い回しですので、最後に少し活用法をご紹介します♪

一見難しそうですが、make sureのあとに【主語】と【動詞】を続けるだけで、
《【主語】が【動詞】であることを確実にする》という意味の文章を作ることが出来ます。

ここでは、次のような使われ方でした。
Make sure your hands are clean before you touch your face.
訳は「顔を触る前に、手が清潔であることを確実にする。」つまり、「手を必ずきれいにしておく。」という感じです。


少し活用してみます☆

「ドアにカギを掛けることを確実にする」「必ずドアにカギを掛ける」
Make sure you lock the door.


「必ずそれを金庫に保管して」
Make sure you keep it in the safe.


「必ず野菜も食べるように」
Make sure you eat vegetables, too.


「毎日必ず(確実に)15分運動するようにする」
Make sure you do exercise for fifteen minutes every day.


「必ず、彼に変更を伝えて下さい」
Make sure you tell him the change.


などなど、他にも沢山活用できます。



英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! 体験レッスン受付中(^^♪



この記事をはてなブックマークに追加

Better than Before by Gretchen Rubin

2017年09月07日 | 英語表現
みなさん、こんにちは!今回は、今、新しい課題本として、読解課題プリントを製作中の本、
Better than Before by Gretchen Rubinより、これは面白いな~と思った、自分を知るための質問を1つご紹介します。


その質問がこちら♪

AM I A FINISHER OR AN OPENER?


この本は、より良い人生を送るため、毎日の習慣の力を味方につけよう、という趣旨の自己啓発本です。


習慣を身につけると言っても、どの習慣をどのように身につければいいのか、
それは、個人個人性格も生活スタイルも目標も異なるため、なかなか十把一絡げという訳にはいきません。
そこで、著者のGretchenさんは、色々研究した結果、まずは自己分析してそれから自分に合った方法で、
自分に必要な習慣を身につけるのがベストだという考えに至ります。

そのためこの本の出だしの章には、読者が自分で自己分析できるように色々な質問が書かれています。


前置きが少々長くなりましたが、先ほどご紹介した質問について、そもそも、FinisherとOpenerとは何ぞや??
ということで、本文にあったこの質問の補足説明部分も少し引用してご紹介します。まずは辞書も解説も見ずに知っている単語を大事にしながら読んでみて下さい。


AM I A FINISHER OR AN OPENER?

Some people love finishing, and some people love opening - both literally and figuratively. Finishers love the feeling of bringing a project to completion, and they're determined to use the last drop in the shampoo bottle; Openers thrill to the excitement of launching a new project, and find pleasure in opening a fresh tube of toothpaste.


さて、いかかでしょう。

次はここから文のおおよその意味が推測できればいいなと思う箇所に青で印を付けてみます。

Some people love finishing, and some people love opening - both literally and figuratively. Finishers love the feeling of bringing a project to completion, and they're determined to use the last drop in the shampoo bottle; Openers thrill to the excitement of launching a new project, and find pleasure in opening a fresh tube of toothpaste.

印を付けた箇所だけに注目して考えてみると、
Finisherはfinishすることが大好きな人であり、シャンプーボトルの最後の一滴(the last drop:この部分のlastは大事ですね!)まで使いたい人。
Openerは、openすることが大好きな人であり、toothpasteのfresh tubeを開けることにpleasureを感じる人。

toothpasteは、分解すると、歯につけるペースト、歯につけるペースト状のものと言えば、、、そう、【歯磨き粉】ですね!
tubeは【チューブ】それがfresh(フレッシュ)ということは、ここでは【新しいチューブ】という意味です。
最後のpleasureは【喜び、楽しみ(読み方:プレジャー)】という意味です。
一言英会話フレーズに"With pleasure."(喜んで。いいですよ。かしこまりました。)という言い回しがあります。
この3つの語句、先ほどは英語のまま訳に反映しましたが、要は、『新しい歯磨き粉を開けることに喜びを感じるような人』がOpenerということですね。

FinisherとOpenerは、文字通り(literally)そして比喩的(figuratively)にも、【物事を完了するのが好きな人】と【物事を始めるのが好きな人】のことを表していました。


説明文の前半は、それぞれのタイプの仕事ぶりがどのように違うかが、プロジェクトに対する姿勢の違いで紹介されていました。
Finishers love the feeling of bringing a project to completion
(フィニッシャーはプロジェクトを完了するのが大好き)

Openers thrill to the excitement of launching a new project
(オープナーは新しいプロジェクトを始めることにワクワクする)と。


『何事も完了するのが好きな人か、それとも、始めることのほうが好きな人か。』そういった意味での
AM I A FINISHER OR AN OPENER? という 質問でした。※自己分析用ですので主語が“I”と自問自答するスタイルになっています。


さて、みなさんはどちらのタイプでしょうか。


私はこの質問を初めて読んだ時は、自分はFinisherタイプかなと思っていたのですが、
最近読みたい本が多すぎて、あっち読んでは、また新しくこっちを読んで~としている自分に気が付き、
(テキストとして使える、面白くて、読む価値のある、洋書はないかな?と常々探しているのもその一つの理由ですが。。。)
もしかしたら、Openerの要素もあるのかもしれないと昨日ふと思いました。



この記事をはてなブックマークに追加