洋書で英会話

100冊以上読んできた経験と知識をもとに、英語の小説や雑誌、実用書などから、すぐに使える素敵な表現や文法をご紹介します。

単語の意味、カギは文の流れです!⑩いつでも1つの意味に当てはまるとは限りません!

2017年09月16日 | 洋書の読み方
みなさん、こんにちは。
今回は1001 little BEAUTY MIRACLES by Esme Floydより、使える英語表現をご紹介します。


では、さっそく引用から♪
今回は1001個紹介されている美しくなるためのちょっとした秘訣のうち、26番目に紹介されていた秘訣です。
まずは、知っている単語を大切にして、辞書なしでお読みください。



26. PLEASE WASH YOUR HANDS

Make sure your hands are clean before you touch your face.
When applying the foundation, use a sponge or brush to give a velvety look.



いかかでしょう。今回は、いつもより、より馴染みのある単語が多い文章ではないかなと思います。

出だしの、make sure と途中のfoundation、applying、最後のvelvety lookが、気になるかもしれませんが、
それを飛ばして読んだとしても、この文章で伝えたいことは、8割方読み取れると思います。


ざっくり訳してみますと、この文章が伝えたいことは要するに

【顔を触る時には手は清潔に!ファンデーションの時には、スポンジかブラシを使って】ということですね。


カタカナも交えて、もう少し細かく訳すと、

【顔を触る時には手は清潔に!ファンデーションをアプライする時には、スポンジかブラシを使って、ベルベッティなルック(見た目)を与えるために】となります。

もう少し、細かく意味を拾っていくと、
後半の文章に登場していたfoundation、そのまま読めたら、そのままの意味で日本語に通じるもの、化粧のファンデーションのことでした。

最後にある、ベルベッティな見た目って??

こちらも、実は、ベルベッティとそのまま読んで、似た単語のベルベット(日本語で言う所のベロア:ベッチンに似たなめらかな素材)を思い出せたら、そして、『ここではファンデーションの話』だということを忘れずにいたら、どんな見た目か大体想像がつくと思います。
ベロアのような見た目ということは、ボコボコしたり、よれたりしていない、スーッと滑らかに見える肌のことです。


最後に、途中に出てくるapplyingの意味をあえて残していましたが、
この”アプライ”、どのように訳したらいいか。

TOEICの勉強を一生懸命頑張られた方は、単語だけを見て
apply、知ってる!!『申し込む』だ!!と思われるかもしれませんが、
『ファンデーションに申し込む時には』とすると何だか変ですね(><;)

それもそのはず、applyは、いつでも「申し込む」という意味で使われるわけではありません!

何だか日本語は変だけど、「申し込む」って習ったし、その意味で暗記しているし、
ま、いいか、となっては、絶対にいけません!

何かがおかしいと思ったら、もう一度、立ち止まって文脈を見ること、前後をしっかり観察すること!!

そうしたら、ファンデーション、スポンジとかブラシを使って、と書いてある、、、
ということは、もしかして、このapplyって・・・・・『塗る』の意味で使われている???と、
うっすらと気付くはずです。

英語を読む時には、この、前後からうっすらと意味を読み取る感覚を磨くことが大事です。


英単語の意味は、あって、ないようなもの、その単語が持つ核となるイメージがあって、
文脈がその単語の意味の最終決定権を持っています


果たして、この文章で、applyは、文脈で浮かび上がった「塗る」という意味で使われていました。


後半の部分、その意味も含めて意訳すると、
【ファンデーションを塗る時は、スポンジかブラシを使うと、滑らかな肌に見えるようになるよ】という感じですね。



知っている単語でも、文脈で意味を取った時に何だか変と感じたら
もしかしたらその単語が持つ、また別の意味で使われているかもしれません。
その前後をよく観察して文脈で意味を取るようにしていくと、
その単語の新たな意味が知れたり、また新しい語彙が増えたりと、英語力UPにつながります。


出だしのmake sureの意味にあまり触れずにいましたが、
この表現も英語でよく使われる言い回しですので、最後に少し活用法をご紹介します♪

一見難しそうですが、make sureのあとに【主語】と【動詞】を続けるだけで、
《【主語】が【動詞】であることを確実にする》という意味の文章を作ることが出来ます。

ここでは、次のような使われ方でした。
Make sure your hands are clean before you touch your face.
訳は「顔を触る前に、手が清潔であることを確実にする。」つまり、「手を必ずきれいにしておく。」という感じです。


少し活用してみます☆

「ドアにカギを掛けることを確実にする」「必ずドアにカギを掛ける」
Make sure you lock the door.


「必ずそれを金庫に保管して」
Make sure you keep it in the safe.


「必ず野菜も食べるように」
Make sure you eat vegetables, too.


「毎日必ず(確実に)15分運動するようにする」
Make sure you do exercise for fifteen minutes every day.


「必ず、彼に変更を伝えて下さい」
Make sure you tell him the change.


などなど、他にも沢山活用できます。



英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! 体験レッスン受付中(^^♪



この記事をはてなブックマークに追加

Better than Before by Gretchen Rubin

2017年09月07日 | 英語表現
みなさん、こんにちは!今回は、今、新しい課題本として、読解課題プリントを製作中の本、
Better than Before by Gretchen Rubinより、これは面白いな~と思った、自分を知るための質問を1つご紹介します。


その質問がこちら♪

AM I A FINISHER OR AN OPENER?


この本は、より良い人生を送るため、毎日の習慣の力を味方につけよう、という趣旨の自己啓発本です。


習慣を身につけると言っても、どの習慣をどのように身につければいいのか、
それは、個人個人性格も生活スタイルも目標も異なるため、なかなか十把一絡げという訳にはいきません。
そこで、著者のGretchenさんは、色々研究した結果、まずは自己分析してそれから自分に合った方法で、
自分に必要な習慣を身につけるのがベストだという考えに至ります。

そのためこの本の出だしの章には、読者が自分で自己分析できるように色々な質問が書かれています。


前置きが少々長くなりましたが、先ほどご紹介した質問について、そもそも、FinisherとOpenerとは何ぞや??
ということで、本文にあったこの質問の補足説明部分も少し引用してご紹介します。まずは辞書も解説も見ずに知っている単語を大事にしながら読んでみて下さい。


AM I A FINISHER OR AN OPENER?

Some people love finishing, and some people love opening - both literally and figuratively. Finishers love the feeling of bringing a project to completion, and they're determined to use the last drop in the shampoo bottle; Openers thrill to the excitement of launching a new project, and find pleasure in opening a fresh tube of toothpaste.


さて、いかかでしょう。

次はここから文のおおよその意味が推測できればいいなと思う箇所に青で印を付けてみます。

Some people love finishing, and some people love opening - both literally and figuratively. Finishers love the feeling of bringing a project to completion, and they're determined to use the last drop in the shampoo bottle; Openers thrill to the excitement of launching a new project, and find pleasure in opening a fresh tube of toothpaste.

印を付けた箇所だけに注目して考えてみると、
Finisherはfinishすることが大好きな人であり、シャンプーボトルの最後の一滴(the last drop:この部分のlastは大事ですね!)まで使いたい人。
Openerは、openすることが大好きな人であり、toothpasteのfresh tubeを開けることにpleasureを感じる人。

toothpasteは、分解すると、歯につけるペースト、歯につけるペースト状のものと言えば、、、そう、【歯磨き粉】ですね!
tubeは【チューブ】それがfresh(フレッシュ)ということは、ここでは【新しいチューブ】という意味です。
最後のpleasureは【喜び、楽しみ(読み方:プレジャー)】という意味です。
一言英会話フレーズに"With pleasure."(喜んで。いいですよ。かしこまりました。)という言い回しがあります。
この3つの語句、先ほどは英語のまま訳に反映しましたが、要は、『新しい歯磨き粉を開けることに喜びを感じるような人』がOpenerということですね。

FinisherとOpenerは、文字通り(literally)そして比喩的(figuratively)にも、【物事を完了するのが好きな人】と【物事を始めるのが好きな人】のことを表していました。


説明文の前半は、それぞれのタイプの仕事ぶりがどのように違うかが、プロジェクトに対する姿勢の違いで紹介されていました。
Finishers love the feeling of bringing a project to completion
(フィニッシャーはプロジェクトを完了するのが大好き)

Openers thrill to the excitement of launching a new project
(オープナーは新しいプロジェクトを始めることにワクワクする)と。


『何事も完了するのが好きな人か、それとも、始めることのほうが好きな人か。』そういった意味での
AM I A FINISHER OR AN OPENER? という 質問でした。※自己分析用ですので主語が“I”と自問自答するスタイルになっています。


さて、みなさんはどちらのタイプでしょうか。


私はこの質問を初めて読んだ時は、自分はFinisherタイプかなと思っていたのですが、
最近読みたい本が多すぎて、あっち読んでは、また新しくこっちを読んで~としている自分に気が付き、
(テキストとして使える、面白くて、読む価値のある、洋書はないかな?と常々探しているのもその一つの理由ですが。。。)
もしかしたら、Openerの要素もあるのかもしれないと昨日ふと思いました。



この記事をはてなブックマークに追加

Picture Perfect (写真映りが良くなるコツ)1001 little BEAUTY MIRACLES by Esme Floyd

2017年08月03日 | 英語表現
マメに更新を!と思いつつ、またほぼ一か月ぶりの更新となってしまいました

久しぶりの更新で私事を書くのもどうか、と思いますが、まずはご報告から、、、
先日やっと車の免許が取得できました!
昨年の12月からの挑戦でしたので、長かったですが、何とか仮免許の期限内に取得でき、ほっとしました

やっと手にした免許証、出来上がった写真は、というと、、、、、
例にもれず(?!)湿気で髪の毛が変になって、妙な映りとなってしまいました
今回は試験に合格することが一番の目標でしたので、そこまで気が回りませんでしたが、
次回免許更新の時は気持ち程度マシに映れたらいいな~と今から計画しつつ、

今回のブログでは、当ブログで何度か取り上げたことがある1001 little Wellbeing Miraclesの姉妹書?
1001 little Beauty MIRACLES(Esme Floyd著)より、 英語表現はもちろんのこと、
写真映りが良くなる秘訣まで学べる文章をご紹介したいと思います。

さっそく本文の引用から♪(少々長いですが、まずは知っている単語をつなぎ合わせてイメージしながら、英語を英語のまま理解することにチャレンジしてみて下さい。ここで一番大事なことは、写真映りの話をしているということ、それは絶対に忘れないようにお願いします!)

930.(1001のコツのうち、930番目のコツです)

THINGS ARE LOOKING UP

If someone is taking a shot of your face and you want your cheeks to look slimmer, ask them to take it from above you. Looking up at the camera will widen your eyes and narrow your cheeks. A quick trick to avoid the appearance of a double chin is to touch your tongue to the roof of your mouth.


続きまして、こちらの文を理解する時に知っていたらいいなと思う単語をいくつかピックアップしてみます。
本文の流れで見て頂きたいのでそれらの単語の色を変えてみます。

If someone is taking a shot of your face and you want your cheeks to look slimmer, ask them to take it from above you. Looking up at the camera will widen your eyes and narrow your cheeks. A quick trick to avoid the appearance of a double chin is to touch your tongue to the roof of your mouth.


まず、出だしの"take a shot" でつまずきそうになりますが、写真の話を忘れずにいたら、
takeはそのまま「撮る」と解釈できますので、あ、"写真を撮る"って、こんな言い方もあるのか~と受け取ることが出来ます。
faceは顔、そして、その少し先にあるslimmerという単語は元の形はslim(スリム)これは日本語と同じ意味で使われています。
-merがついて、比較級「よりスリムに」となっています。

そして、何がスリムに見えたいか、は、もちろん、顔、だけど、具体的にはcheeks(チークス)とあります。
cheeksの意味はと言いますと、お化粧で頬紅のことをチークって言いますね、それを塗る箇所は?更には、
顔で細く見えたら嬉しいのは??と想像すると、見えてきます。
そうです!〝ほっぺた"ですね!ほっぺたは2つありますので、ここではcheeksと複数形になっています。

そして、ask は「頼む」them ここでのthemは流れから、写真を撮る人であることが分かります。

が、ここで少しだけ、someoneの代名詞にする方法を少しご紹介します。
someone「誰か」は単数扱いの単語ですが、性別が分かりませんので、Tomならhe、Maryならshe とするところ、
someoneを代名詞にする時は、どちらにも対応できるtheyを使います。
(もちろん、どちらもカバーして、he/sheとしても構いませんが、最近はtheyが多いです)ここではaskの後ろに来ていますので、
「彼らに(その人に)」の形、themになっています。

fromは「~から」aboveは「上」合わせて「上から、撮るように頼むと~」です。
そしたら、どうなるか、カメラに向って上を見る(Looking up at the camera)ことになるので、結果、eyesがwiden(wideの動詞形)
cheeksがnarrow(反対語はwide)になるのだそうです。

免許更新センターの人に、上から撮ってくださいとは、多分言えないですが、これからの行楽シーズンには、このコツ、活用できそうですね!



文章後半は、avoid「避ける」double「ダブル:二重の事ですね」chinは「あご」

これだけつなげただけでも著者の言いたいことが分かると思いませんか??



そうです!!


「二重あごを避けるためには」と言っています。


touch(タッチ):触れる」
tongue(タン):牛タンと言えば、、、そう、「舌」のことです。
roof(ルーフ):屋根、ここでは屋根がどこにあるかの想像で、そこの事そう言うのか!と気づきになります。
mouth(マウス):口、口の洗浄剤のことをマウスウォッシュと言ったりしますね。

mouthのroofにtongueをtouchしたらavoid double chinできるそうです。
(mouth のroof。。。。口の屋根、つまり、上あごの事です!)


上あごに舌を付けるようにしたら二重あごになって写真に写るのを多少防げる?!


これは免許の写真撮影でも使えそうな気がしますので、さっそく次から試してみたいと思います


最後に、このコツの小見出し、THINGS ARE LOOKING UPについて少しだけ。

こちら実は良く使われる言い回しで、
things は「状況」のことを表します。
look upは「上を見る」です。
それが進行形になっていますので、
まとめて、

Things are looking up.

『状況は良くなってきている』となります。



ところで、何故これがこのコツの小見出しに採用されたか・・・


写真を撮ってもらう時に、「カメラを見上げるようにしたらいいよ」と言っていたところと重ねて
ちょっとしたシャレにしたのでしょうね。

英語ってやっぱり面白いですね~とつくづく思います。


今回ご紹介した美容に関するコツが載っている本はこちらでした♪








この記事をはてなブックマークに追加

最新課題本、Because of Winn-Dixie by KATE DiCAMILLOより ~理由を表すbecause と so ~

2017年06月30日 | 英語表現
みなさん、こんにちは!
前回の更新から色々ありすぎてなかなか
新たな更新ができずにご無沙汰しておりましたが、
今日からまた少しずつ機会を見つけてできるだけマメに更新して参ります。
宜しくお願いします。


またまた、久しぶりの更新と言うことで、
前回の終わりにMoreとLessを使った表現の続きを次回ご紹介としておりましたが、
今回はそちらは少しおいておいて、現在、新作課題プリントを製作している課題本の一つ、
Because of Winn-Dixie(Kate DiCAMILLO著)についてご紹介します。


こちらの本の詳細はこちら➡Because of Winn-Dixie
(ネタバレしすぎるといけませんので、英語のサイトのリンクにしてみました





今年の初め頃に、挿絵付きの洋書の読書に慣れてこられた生徒さんに、次はいよいよ次は挿絵なしで、
文字だけで物語の世界を楽しむことに挑戦して頂きたいなと思った時に、
何かいいのないかな~と色々探していた時に出会った本です。


推理小説ではありませんので、次はどうなるの???というスリルとサスペンス的なものはありませんが、
主人公Opalがあるノラ犬と出会ったところから物語が始まっていて、その犬に出会ったことをきっかけに、
彼女の暮らしがどんどん変わっていくというお話で、読んでいて、なんだか心がじわっと暖かくなる、
とってもいいお話しです。

推理小説じゃないから~と書きましたが、途中ハラハラする場面もあり、途中クスッとなる場面もある
とても良く書けたお話しですので、動物好きの方はもちろん、何か英語でいい話を読みたいなと思っている方にも
おすすめの1冊です。


ところで、この本のタイトル、Because of Winn-Dixieについてですが、
because of は 【~のため】【~のせいで】【~のおかげで】などの、『理由を表す』表現です。
of は前置詞ですので、文法の〈前置詞の後は名詞〉のルールにのっとり、ofの後には名詞が続きます。

この本の話はWinn-Dixieと出会ったことで、主人公の暮らしが良い方向に変わっていきますので、
このタイトルと直訳調で訳すとすれば【ウィンディキシーのおかげで】という感じになるのかなぁと思います。
(自分で読むときは英語を英語のままで受け取るようにしていますので、あえて日本語には訳しませんが。。。)


本のタイトル、Because of から少し派生しまして、せっかくの機会、理由を表す表現について合わせて少しご紹介します♪

理由を表す英語表現はいろいろありますが、今回はその代表格、because とsoの二つを見ていきます。
この二つ、使い勝手がいいので、ぜひ英会話に活用して頂きたいのですが、使う時に少しだけ注意が要ります。
それは、理由に当たる文章を前と後ろどちらに持ってくるかです。

because は ・・・because ~ で【~なので・・・】と”~”の部分、つまり、後ろに理由を持ってきます。
soは ~ so ・・・で【~だから・・・】と訳します。つまり、理由に当たる部分はsoの前に持ってきます。


例えばこんな感じです。※下線を引いた部分が理由に当たる部分です。

I drink coffee every morning because I like it.
                            

I like coffee so I drink it every morning.



We couldn't go hiking because it rained.

It rained so we couldn't go hiking.



I didn't buy those shoes because they were very expensive.

Those shoes were very expensive so I didn't buy them.



I want to work at a zoo because I like animals.

I like animals so I want to work at a zoo.


I can't eat shrimps because I have an allergy to them.

I have an allergy to shrimps so I can't eat them.

などなど。



理由を伝える時の参考にして下さいね。


この記事をはてなブックマークに追加

MoreとLess 

2017年04月30日 | 英語表現

みなさん、こんにちは!


今回は、当ブログでおなじみ、THE WORLD ALMANAC FOR KIDS 2013年度版より、
moreとlessが入った表現とその活用をご紹介します♪


今回紹介する表現は、THE WORLD ALMANAC FOR KIDS 2013の建物に関する情報
BUILDINGSのコーナーの A Short History of Tall Buildings(高層ビルの小史)にありました。


本題に入る前に、高層ビルの小史を少し。

1880年代に次の3つが揃ったことで高層ビルの建築がより進んだそうです。


By the 1880s, three key factors in the evolution of tall buildings were in place:

1. A NEED FOR SPACE

2. BETTER STEEL PRODUCTION

3. THE ELEVATOR
(THE WORLD ALMANAC FOR KIDS 2013より)


この3つの要素のうち、1番目の要素を今回は見ていきます。

以下、

①高層ビルの建築の歴史であること
②高層ビルの建築が進む要因に関することであること
③小見出しが A NEED FOR SPACEとなっていますので、 当たり前ですが、スペースの必要性について何か言っているのかな?という推測

この3つのポイントを忘れずに、これから紹介する引用文を辞書なしで最後まで読んで下さい。


1. A NEED FOR SPACE

Crowed cities had less space for building, and land got expensive. To create more space, buildings had to go up
instead of out.



途中、少し難しそうな言い回し(instead of ~など)も入っていますが、
小見出しで、『スペースが要る』と言っていますので、スペースが多いか少ないかの話だということが分かると思います。
ここで、本日のオススメ、lessとmoreがポイントにまります。
less(読み方:レス)は、more(モア)ほど馴染みが薄いと感じる方もいるかもしれませんが、lessはmoreの反対語です。
moreは【もっと】ということは、lessはその反対で、【より少ないこと】を表します。


以上を踏まえて、本文を少しずつ見ていきます♪

Crowed cities had less space for building, and land got expensive.


※crowded は having a lot of people or too many people(オックスフォード現代英英辞典)
※land(読み方:ランド)は【土地】のこと

まとめて意訳すると、

【人が多くなった街は、建物のための土地が以前より少なくなって、土地の値段が高くなった】というようなことを
伝えていますね。


続いて後半は、


To create more space, buildings had to go up instead of out.


※ To 動詞の原形・・・, で、『~するために』
※ ・・・ instead of ~ で『~の代わりに・・・』


【もっとスペースを作るためには、ビルは go out する代わりにgo upしなければならなかった。】
※ outとupが伝えているイメージがなんだかいいなぁと思いましたのであえてここはそのままにしています。

ビルの話をしています(←重要!)ので、outは外へ広がるイメージ、upは上へ行く感じですね。


読み方の説明が少し長くなりましたが、ここからいよいよ、今回のオススメ表現、moreとlessを活用してみます☆
と、その前に、基本のキホン、moreはmanyとmuchの比較級で、lessはlittleの比較級です。


☆ moreは「もっと」という時、lessは「より少なく」(※名詞と使う場合は数えられない名詞と使います)と伝えるときに使います。


まずはシンプルだけどよく使える、動詞とセットの型(※この場合に使う動詞はその動詞単独でも意味が通じるものを使います)

Study more.

Practice more.

Exercise more.

Eat more.

Smile more.

Sing more.


Eat less.

Drink less.

Work less.

Sit less.

などなど。moreバージョンは「もっとこうしよう!」lessは「~をより控えよう」ということを伝えます。


この動詞とセットのmoreとlessは対比で使われることも多いです。

例えば、

Worry less, laugh more. (心配事はほどほどにしてもっと笑おう!←意訳してみました)

Work less, live more.  (仕事はほどほどにして、もっと人生を楽しもう!←意訳してみました)

Move more, sit less. (もっと動こう、じっと座るのはほどほどに!)とmoreのほうを先に言ってもOKです。




BBCの記事に次のような今回の表現のテーマにちょうどいいタイトルのものを見つけました。

If you want to earn more, work less.  ※earnはお金を稼ぐこと意味します。

(日本の過労死問題が取り上げられているシリアスな内容の記事ですが、参考になりますので
興味のある方はこちら If you want to earn more, work less.


moreとlessってよく使えるからなぁと、取り上げてみましたら
沢山ありすぎて、前半だけで、ちょっと長くなりすぎてきましたので、
moreとlessプラス名詞の表現の活用は次回ご紹介します♪


続きは次回、お楽しみに

この記事をはてなブックマークに追加