Garden and Classroom   ~バラと生徒と~

GICLいたがき教室指導者のブログです。

夏休みに中学生と

2017年08月05日 | Classroom
先日のブログにも書きましたが、夏休みには午前中の小学生クラスにインナー夏特の中学生が来て、一緒に勉強します。

うちの教室は、小学生クラスでもほとんどだれも喋らずに勉強しているので、中学生が小学生と一緒に勉強してもなんら支障はありません。

ただ、小学生は1時間程度で帰るので、その入れ替わりの時(11時ごろ)だけ、ちょっとバタつくぐらい。

あとは、みんな黙って各々の学習に取り組んでいます。

しいて言えば、小学生はとなりに中学生のお兄さんやお姉さんがいると、ちょっと緊張気味になるかもしれません。
(^_^;)


先日、最後に2人の兄妹が残りました。

彼らは最近、とても良くなってきている子たちです。

特に、早くから英語を始めたことはとっても良かったと思っています。

その妹の方の子の隣に、ある中学生が座っていました。

それで、最後に兄妹が残った時、
「今日〇〇ちゃんの隣に中学生のお姉さんいたでしょ?あの子ねぇ、すっごい頭いいんだよ。いつもねぇ、460点ぐらいあるんだよ。おうち帰ってお母さんに『中学生で460点って頭いいの?』って訊いてごらん」と言いました。

そして、彼らは「See you.」と言って帰って行きました。

そのあとで、その子たちのお母さんからメールが届き、読んでみると、
「子どもたちが『(GICLは)楽しいわー』と言っていました」と書いてありました。

とっても嬉しいお言葉でした。

中学生の子の話が理由かどうかは定かではありませんが、「中学生」という存在やその時期を実感するということは、勉強する上でとても大事なことです。

具体的な目標になるからです。

また、塾(GICL)を楽しいと感じる子は、必ず伸びます。

お母さんには、これからもどんどん2人を応援していってほしいと思います。
(=^・^=)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発展教材はお得なの | トップ | 花火の日に »
最近の画像もっと見る

あわせて読む