Garden and Classroom   ~バラと生徒と~

GICLいたがき教室指導者のブログです。

全員100点の快挙!

2016年12月28日 | Classroom
やったー!

今日の中学生英語のテストは、全員100点だー!
*\(^o^)/*

中学生コースを始めて、初めての快挙である。

ちょー嬉しいー!
ヽ(^。^)ノ

3人までのテストを採点して、全員100点だった。

それで、「これはもしや、全員100点か!?」と思ったが、いや待てよ、喜ぶのはまだ早い。

こうやって、いい結果を期待して、いつも最後にガッカリさせられるのはもう何度経験したか。
(-.-)

最後は誰のテストかと思ったら、うちのトップをひた走る中二の女子。

トップの子だから、当然期待できるが、そういう時にもポカミスをするのが生徒である。
(-_-)

採点しながら、「ねぇ、ねぇ、3人まで100点だよ?もしかしたら全員100点かもよ?うわぁー、ドキドキするなー」と言うと、私の前にいるその中二女子が苦笑いする。

もちろん彼女は自分のテストが最後だとは知らない。

胸のドキドキを隠しながら採点すると・・・、やったー!

100点だー! \(^o^)/

全員、100点ー!

最後の数問は、半分祈りながら答え合わせしたよ。
(^_^;)

喜んで、階下に(たまたまあった)ご褒美のお菓子を取りに行き、みんなに1つずつ配った。

みんなは「ありがとうございます」とは言うものの、いつもと変わらぬ表情で自分の勉強を続けている。

小躍りしたのは、私だけ?

う~ん、いけずぅ~。
(^_^;)

テストの採点は、実は心臓にひじょーに悪い。

必ず毎年、約1名、毎回点数の悪い子がいるので、みんなは知らないだろうけど、その子のテストを採点する時はもう「いい点でありますように!」と祈りながら答え合わせするのだ。

昨年は一年男子の英語、一昨年は三年女子の英語、その前の年は一年男子の英語。

あ、英語ばっかり・・・。
(-.-)

当然、毎回点数が悪いので、「あー、またしっかり勉強して来なかったな?」とガッカリするのである。

そんな子たちでも時折、個別に厳しい指導(お説教?)をしていくうちに、少しずつ中学生らしくなってくれれば、こうやって全員100点取れるようにもなるってもんだ!

みんな、えらかったねー!
(^o^)丿

特に、英語が苦手でこれまで散々指導を受けて(叱られて?)きた〇〇くん!

彼の成長は何にも増して喜ばしい。

これで3月に6年生がやって来ても堂々と先輩面できるね!
(^_-)-☆







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アクティブ・ラーニング | トップ | 一休さん »
最近の画像もっと見る

あわせて読む