Garden and Classroom   ~バラと生徒と~

GICLいたがき教室指導者のブログです。

休むと損!

2017年08月10日 | Classroom
GICLの中学生クラスでは、毎年、夏と冬に学力テストを行っています。

今年も今月の終わりに予定しています。

このテストは、小学生クラスの学力テスト同様、各教科ごとのバランスはもちろん、全国における順位や偏差値も出るので、学校で行われるテストとはまた違う意味が確認できます。

また、二年生以上には志望校を書く欄があって、5校まで記入でき、その時点での合否の判定が出ます。

これは非常に有効です。

学校のテストの点数や順位では、志望校の判定は素人には難しいからです。

また、この学力テストの結果で、新たな目標ができることも多々あります。

これがもっとも大きなメリットです。


先日、この学力テストを控えて、二〜三年生に志望校を考えさせるレクチャーをしました。

ま、レクチャーと言うより、志望校を考える上でのヘルプですね。

子どもたちは意外と、高校のことはよく知りません。

すぐ近くにある羽水高校でさえ、近くにあるということすら知らない子が多いんですから。
(^_^;)

それで、毎年、学力テストの前に高校調べをさせているのですが、今年はその作業を、よりやりやすくするためにシートを一枚作って、二〜三年生に宿題として待たせました。

三年生はともかく、二年生男子がちょっと不安だったので。
σ(^_^;)

その説明を教室でやったのです。

もちろん、一年生にも聞かせるように全員の前でやりました。

一年生に受験の話はまだ早いと思うかもしれませんが、先輩たちがやることを見聞きすることが大事です。

そういう具体例を目にしてこそ、自らの立ち位置と今後の指針を考えることができるからです。

来年は、あれをやるんだぞ、と。

特に、一人っ子や長子の場合、家庭の中に前例がないので、こういうことはかなり有効です。

なので、私はこういう話はわざと一年生の前でします。

すると、中にはものすごく真剣に聞き耳を立てている子もいて、来年がすごく楽しみになります。
(^.^)

他の塾ではどのようにしているか知りませんが、GICLは、ただ数学や英語の勉強をしに来るだけの場所ではありません。

それよりもっと有益なものを得るところです。

だから、一回でも欠席すると、損なのです。

いつ、何の話があるか、わからないからです。
(^_^;)

でも、ここがGICLのいいところだと自負しています。

塾へは常に緊張感をもって来る。

けど、来たら、なんとなく落ち着いて勉強できる。

私は、そういう場所を提供しているつもりです。


がんばれ〜、中学生!
o(^_-)O
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おたのしみ会 | トップ | 残念な瞬間 »
最近の画像もっと見る

Classroom」カテゴリの最新記事