卍の城物語

弘前・津軽地方の美味しいお店と素晴らしい温泉を紹介するブログです

蜜芋屋

2017-02-24 00:29:50 | スイーツ・お菓子店
4月にチャットモンチーの青森ライブあるけど行かない。
また2人体制に戻ったらしいし、打ち込みサウンドをメインでやるとか?もう違うバンドになったな。
愛した女はもう変わってしまった…。ま、どうでもいい話。





先日こちらの「蜜芋屋(みついもや)」に行ってきました。


場所は弘前市城東の県道109号線沿いのトヨタカローラとかつやのある交差点を小比内方面へ進み、年金事務所より100mほど進むと右手にあります。



こちらは焼き芋と大学芋の専門店です。


2年前くらいにオープンしてます。


この店とは別に、道の駅ひろさき、産直センターひらかアグリアス、鰐come、「福家」でも同じ商品を取り扱っているとの事です。



店内は狭めで、入ってすぐ焼き芋などが並びます。


焼き芋は焼き石の上で保温されています。


焼き芋全種類と大学いもは試食できます。


イートインスペースもありますが、カウンターが3,4席くらい。


大学生らしき男女2人の店員がいました。



焼き芋メニュー(1本)
「紅あずま(100円~)」「奇跡の蜜芋[紅はるか](230円~)」「ほっくり金時[鳴門金時](~260円)」「幻の蜜芋[安納芋](~320円)」

その他メニュー
「大学いも(280円)」「大学いも・りんご味(280円)」
「スイートポテト(160円)」「芋おこわ(280円)「半生干し芋(200円)」



今回は「紅はるか」と「大学いも」と「スイートポテト」を購入しました。計670円也。


焼き芋の紅はるか。

ものすごく甘くてねっとり感がある焼き芋です。


大学いもりんご味。

カリっと揚げられた芋に、砂糖と胡麻のシンプルな味付けの素朴な味わいで、りんご味っぽさはほぼない。
芋は安納芋を使用してるが、安納芋の良さはあまり出てなかったかな。


スイートポテト。

丁寧にマッシュされた滑らかな食感と、凝縮された芋の甘みが出てます。


そんなわけで美味しかったです!

紅はるかは初めて食べたがものすごく美味くて一本すぐペロリでした。

大学いもは新味のりんご味はまあまあなので普通の粉砂糖がまぶしてるカリカリの方が断然いいですね。


しかしバイトの接客が全然ダメで特に女店員はひどかった。

商品は美味しいのにもったいないので接客指導はきちんとしてほしいですね。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


住所・弘前市城東5-13-1
電話・080-6000-3216
営業時間・10:30~19:00
定休日・土・日・祝日(夏季休業あり)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大鰐温泉 青柳会館 | トップ | 麺や どん喜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む