卍の城物語

弘前・津軽地方の美味しいお店と素晴らしい温泉を紹介するブログです

新鳴子温泉 久田旅館

2017-04-06 00:30:23 | 温泉(宮城県)
フリースタイルラップバトルが流行ってるようですが、初対面の人間を即興でディスれるって性根が腐ってるし、韻を踏んで言葉遊びするって結局はダジャレの才能があるだけで発想がクソさむいオヤジだし、流行ってるからやってるってのがミーハーでダセぇし、そんなリズムクズ人間同士言い争って終わった後に殴りあえば一番面白いのにと思いますね。ま、どうでもいい話。





去年末の「鳴子温泉郷」巡りにて「久田(きゅうでん)旅館」に行ってきました。


場所は国道47号線の東鳴子温泉入り口の十字路を江合川を越えて橋を渡り、 突き当たりの「紅せん」のあるT字路を右折し、500mほど進むと左手にあります。


こちらは中規模な温泉旅館です。


久田地区にあるので「きゅうでん」です。「ひさだ」じゃないですよー。



ロビー。




浴場は内湯と露天があります。


シャワー付きカランは4ヶ所あります。



内湯は42度の6人サイズ。

加水掛け流し。

内湯のお湯は茶褐色、ほぼ無味、弱油臭、弱ツルツル感あり。


露天は屋根付きの半露天で、眺望はまるで望めない。

隣が線路で電車が通ると轟音でびっくりします。


露天は40度の3人サイズ。

加水掛け流ししています。

露天のお湯は薄緑濁り、微薬味、硫黄臭と油臭があり。


そんなわけで良い湯でした。

内湯のモール泉と露天の重曹泉の2種類の泉質を楽しめるのが嬉しいですね。

前回訪れた時は露天のお湯はもっと強烈だったが、今回はおとなしかった印象でした…。



個人的オススメ度・☆☆☆★(3.5)


泉質・ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)※内湯
泉質・含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)※露天
泉温・57.5度、68.6度(共に加水あり)
効能・神経痛、筋肉痛、関節痛など

料金・500円
備品・リターン式コインロッカー、ボディソープ、リンスインシャンプー、無料ドライヤー
施設・宿泊、日帰り入浴

住所・宮城県大崎市鳴子温泉字久田67
電話・0229-84-7639
立寄時間・10:00~18:00
定休日・無休
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴子温泉 幸雲閣 | トップ | 中華そば 尹呂葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

温泉(宮城県)」カテゴリの最新記事