ビリの寝言

テレグノシス大好き夫婦とビリとの想い出の中でのグータラ生活、
そして一口出資馬への応援をマイペースで書こうかな、と。

ルパルク 幸騎手で未勝利脱出を!

2017-06-28 | 一口出資馬(現役)
我が家の2歳馬も山元TCに移動したり、3歳勢の動きも活発になりつつあり今年の夏は楽しく
なりそうです。とはいえ傑出した馬がいないので今年デビューの2歳勢にかける期待は大きいです。
勿論、ロサギガンティアと3歳のソーグリッタリングへの期待はまだまだ根強く抱いていますよ。


 ロサギガンティア(6歳・牡)(藤沢和雄厩舎)
「8月13日(日)新潟・関屋記念(G3・芝1600m)への出走へ向けて、順調に調整が進んでおり、来月上旬に
 帰厩予定です。現在の周回と坂路コースを併用したメニューで2本、ハロン18~16秒を基調として、
 週2日ハロン15~14秒の時計をマークしています。好調子をキープしており、いい状態で美浦TCへ
 帰厩させることができそうです。現在の馬体重は544kgです。」

                     (山元TC)
                     (6月28日クラブHPより)

   一戦する度に放牧の繰り返しでロサギガンティアが緊張を維持するのは難しいでしょう。
   毎度のことながら良い状態で美浦TCに帰厩できそう、とコメントが入りますが結果は周知の通り。
   馬を大事にするからと言えば格好良さそうだけど、馬房等の厩舎事情が優先する厩舎ですから
   信用していません。今回も関谷記念で勝っても負けてもまた放牧なのでしょう。
   今年の社台の募集でもこの厩舎に所属する馬で出資したいと思う馬がいましたがやめました。
   
   関谷記念は当然期待していますが、ロサギガンティア自身の能力と根性だけが頼りです。


 ルパルク(3歳・セン)(西園正都厩舎)(2014.5.7生)
     父・タートルボウル
     母・グランパドドゥ(フジキセキ)
「今週7/1(土)中京・ダート1200m戦に幸騎手で出走を予定しています。フルゲート16頭立てですが、
 出走間隔から除外の心配はありません。本日6/28(水)は坂路コースで追い切られ、
 半マイル52.3-38.0-25.5-13.1の時計をマークしました。脚元の状態にも心配なく、リフレッシュ効果で
 好走を期待しています。」

                       (栗東TC)             
             2017年06月28日 助 手 栗東 坂 稍 1 回 -52.3 -38.0 -25.5 -13.1
                  タムロリバティ(新馬)一杯を0.1秒先行0.4秒先着 叩き一杯

                       (6月28日クラブHPより)

   ハードな追い切りを連発したようで馬体の作りもなんとか間に合ったのでしょうか?
   かなり太目で帰厩してから間がないので急作りな気がしないでもありませんが。
   中京の馬場形態は今までの走りを見る限り合っていそうなのでここでなんとか勝ち上がりを
   決めてほしいです。もし負けても中京の最終週でのダート1200m戦を叩き2戦目として
   勝ち負けを期待できると思っています。その流れが陣営の思惑のような気がします。
   幸騎手ならベテランなのでソツなく乗ってくれることでしょう。


 ダークプリンセス(3歳・牝)(萩原清厩舎)(2014.3.30生)
     父・シンボリクリスエス
     母・エイグレット(サンデーサイレンス)
「現在は週3日は周回コースでハッキングキャンターを2400m、週3日は坂路で3ハロン40秒の
 キャンターを1本のメニューを消化しています。坂路ではスピード感十分の動きをみせています。
 7月29日(土)新潟・閃光特別(芝1000m直線)を目標に調整を進めます。現在の馬体重は424kgです。」

                       (NF天栄)
                       (6月28日クラブHPより)

   やはり閃光特別を選んできましたね。福島で1200mを逃げ切った走りを見ると、まず二の脚が
   早く楽に先頭に立ち、ゴール前で2着馬が迫ってくると逆に差を広げてゴールしました。
   更に距離の短い1000m戦ならその時のレース展開のように先行逃げ切りが期待できると
   考えています。コーナーのある1200m戦よりペースは当然早くなるでしょうが、先行力がある
   スピード馬が自分のペースで走れば絶対的に有利だと思います。
   願わくば大外8枠が欲しいですが、、、


 レイクキャリー(3歳・牝)(田村康仁厩舎)(2014.1.30生)
     父・ダイワメジャー
     母・リリーアメリカ(アメリカンポスト)
「今週7月2日(日)福島8R・ダート1700m(牝馬限定)戦に吉田豊騎手52kgで出走を予定しています。
 同レースはフルゲート15頭のところ、本馬を含めて18頭の出走表明があります。出走間隔から
 12番目になりますので、このままですと出走可能です。きょう(水)坂路で55.1-41.0-27.7-13.3秒を
 マークしました。中間、皮膚病が出て体重が落ちてしまっており、レース後はリフレッシュが必要に
 なりそうです。」

                      (美浦TC)             
             2017年06月28日 助 手 美南 坂 稍 2 回 -55.1 -41.0 -27.7 -13.3 馬ナリ余力
                     (6月28日クラブHPより)

   皮膚病が出て馬体重が落ちてしまったという状態で無理に使わないでもいいと思うのですが。
   とにかく大敗続きなのでしっかり体幹を鍛えて万全な状態で出てきてほしいです。
   血統的にはダートは向いていると思うけど、唯一のダート戦が大差のビリでしたからね。
   レイクキャリーが途中で嫌気を出してしまった、等々敗因は色々言われましたが、ダートが
   良いか悪いか全く判断できません。
   今回ばかりは回避して体調を整えてほしいと思います。


 ペイフォワード(2歳・牝)(斎藤誠厩舎)(2015.2.03生)
    父・ディープインパクト
    母・ハートシェイプト(ストームキャット)
「山元TCに無事到着しており、到着時の馬体重は456kgでした。もう数日間、体調の変化がないかを
 見極めてから乗り出します。」

                       (山元TC)
                       (6月28日クラブHPより)

   今後のスケジュールが気になります。デビュー戦がいつ頃でどこの競馬場か、
   新潟か札幌だと思いますが、希望としては新潟ですけど。なにしろマイネイサベルが新潟で
   デビュー戦を飾り、2戦目で新潟二歳ステークスを勝って以降重賞戦線を歩み始めたという
   私にとっては縁起の良い競馬場、だという理由だけですけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペイフォワード 山元TCに移動! | トップ | ルパルク、レイクキャリー共... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一口出資馬(現役)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。