goo

2年生の学級通信より ~心のビタミン補給・心のエネルギー源 ~

◎日常にある「ありがとう」

「ありがとう」の反対語は? と聞かれたら、君達は何と答えますか? 毎日のHRでありがとうを伝えていますが、反対語と言われると考えたことはあまりないように思います。答えは「あたりまえ」です。「ありがとう」を漢字で書くと、「有難う」です。あることがむずかしい。めったにない事にめぐりあうということです。つまり、奇跡ということです。奇跡の反対は「当然」とか「あたりまえ」になります。

私たちは毎日起こる出来事を当たり前だと思って過ごしています。学校で今楽しいと書いてくれる班ノートや毎日のあゆみを見ると、すごく嬉しい気持ちになります。ノートだけでなく、授業の様子や給食、昼休みの様子を見ていても本当に楽しさが伝わってきています。君たちにとっては、クラスは楽しい場所となってきています。つまり「あたりまえ」になってきているのです。授業での教え愛が「あたりまえ」、配布物を配るのを手伝うのが「あたりまえ」、体育のマットを用意するのも何人もが早く着替えて、体育館に走って2分前までに終えることが「あたりまえ」、自主勉提出率100%が「あたりまえ」と毎日起こることが「あたりまえ」になってきています。

最近気になるのが、掃除です。班ノートにみんなでやったほうが早く終わるからがんばろう! と呼びかけてくれています。みんなが助けてくれるから「いいや」という「あたりまえ」を逆手に取った行動をする人がいるようです。また、終わりのHRでのありがとうも、雑になってきているように思います。本気で1日の「ありがとう」を感じていますか? 最初に書いたようにありがとうとは、奇跡なのです。その起こりうる可能性が低い中どれだけ、仲間の支えに気づき伝えるかが大切なのです。もちろん、君たちの中で、先ほど書いたように、色んな事が「あたりまえ」になってきていることは、事実です。ですので、それを仲間に「伝える」ことがとても大切なのです。そして、今クラスで起きている全てが奇跡で「ありがたし」ということを忘れないでほしいと思います。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 1年学級通信... 一意専心  ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。