goo

保健だより 2017年5月発行

本日、生徒を通じて保健だよりが配布されます。内容は以下の通り。

 連日、体育祭の練習に熱気があふれています。春の運動会や体育祭の練習でも熱中症で病院へ搬送されたというニュースを聞きますので、みなさんも熱中症に注意してくた゜さい。「運動を始める30分前から水分を摂る」「毎日水筒を持ってくる」などを実行してほしいものて゜す。今年から体育祭の新しい種目が加わって、手のひらや膝を地面で擦っています。すり傷は、水道水でよく洗い流す(右:知っておきたい救急措置)ことが大切です。タオルも忘れないように持ってきてください。

 学校ではやっている感染症として、おたふくかぜがあります。かぜのような症状ではじまり、耳の下あたりが腫れてきます。さわったら痛みを感じます。こんな症状があらわれたら、病院でみてもらってください(出席停止になります)。

 けがや病気に気を付けて、体育祭、頑張ってください。

熱中症にご用心!

(その1)  気温が急に上がると時期は、まだ体が暑さに慣れておらず、効率よく汗をかくことができません。そのため、体温調節がうまくいかず、熱中症を起こしやすくなります。

(その2)蒸し蒸しして湿度が高いと、かいた汗が乾きにく、熱が体にこもりやすくなってしまいます。

熱中症の症状はいろいろ・・・

頭が痛い  気分が悪い 立ちくらみがする  吐き気がする  手足がしびれる  体がぐったりする  汗のかき方がおかしい   まっすぐ歩けない  など

暑くなってくると体力が低下しやすくなります。早寝早起きをして、十分な睡眠時間を確保し、朝ご飯を抜いたりせず、しっかり3食食べるなどして、日頃から体力をつけておくことも大切です。

放課後や休日に運動するときも、熱中症には十分気をつけてください。

病院でみてもらうと回復が早いので、ひどい時は内科か小児科にかかるようにしてください。(熱中症もスポーツ振興センター災害給付の対象となりますので、保健室で連絡してください)

●知っておきたい救急措置

すり傷・・・すぐに水道いでよく洗い流す *洗ったあとに消毒をして、出血のひどい時はガーゼや包帯をします。重傷の場合は病院で診てもらいましょう。

ねんざ・だぼく・つきゆび・・・すぐ冷やす  *まだ練習中だし・・、なんて放っておいているうちに、はれがひどくなってきて治りが悪くなります。とにかくすぐに安静にして良く冷やす!!はれや変形が  ひどい場合は、すぐに病院にいきましょう。軽傷でも痛むうちは運動をひかえましょう。

鼻血・・・鼻をつまんで下を向く!  上を向いたり、横になったり、ちり紙をつめたりしません。なかなか止まらない時は鼻の上部を冷やします。

●学校でけがをして病院にいったら、保健室へGO

*以下省略

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 体育祭の練習... 育友会懇親会... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。