古今東西温故知新~カゴシマニア的歴史探訪~

鹿児島在住の薩摩隼人「カゴシマニア」の冒険

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【戦国島津】さつま人国誌 〈戦国・近世編〉

2013-02-17 13:18:46 | 戦国島津氏関連書籍
こちらをご参照ください . . . 本文を読む
コメント

【戦国島津】破天の剣(はてんのつるぎ)

2013-02-17 13:09:23 | 戦国島津氏関連書籍
こちらをご参照ください . . . 本文を読む
コメント

【戦国島津】島津家久と島津豊久

2013-02-17 13:07:54 | 戦国島津氏関連書籍
こちらをご参照ください . . . 本文を読む
コメント

【戦国島津】島津は屈せず

2013-02-17 13:05:28 | 戦国島津氏関連書籍
こちらをご参照ください . . . 本文を読む
コメント

【書籍】西南戦争外史

2009-03-18 21:10:23 | 戦国島津氏関連書籍
宮崎の佐土原隊の島津啓次郎、飫肥隊の小倉処平、官軍についた谷村計介などが書かれているそうです。 飯干憶著、鉱脈社、2009 1470円 . . . 本文を読む
コメント

【戦国島津】山田昌巌関連資料

2008-11-24 00:28:20 | 戦国島津氏関連書籍
田原坂ツアーに参加されていた方に山田昌巌公の御子孫の方がいらっしゃいました。 そのとき私が、もし資料があればお貸しいただけないか…無理をいってお願いしたところ、遠方のご親戚の方から取り寄せていただきお借りする運びとなりました。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

【書籍】薩摩の殿

2008-10-23 20:47:54 | 戦国島津氏関連書籍
こちらは朝日新聞に掲載されたシリーズものです。 島津義弘、島津久光、西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀、調所広郷など…歴史小説や大河ドラマでおなじみの人物たちの御子孫の方々の今をレポート。 南方新社 カゴシマニア . . . 本文を読む
コメント

【書籍】島津忠良の陰謀

2008-10-23 19:09:10 | 戦国島津氏関連書籍
気になる本です。【戦国島津家の四兄弟】である、島津義久公、義弘公、歳久公、家久公の【祖父】であり、【日新公いろは】の作者で有名な島津忠良公の物語。本屋で見つけました。 陰謀…って言葉がまた、ミステリーな感じです。 「横目でみた郷土史」では島津家や西郷隆盛をバッサバッサ斬りまくってますが、その中で衝撃的だったことが…この本によると。。。 ある日、島津忠良公が村を通りかかったところ… 夫婦喧嘩の声 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

【書籍】島津奔る

2008-10-20 13:02:08 | 戦国島津氏関連書籍
「しまづはしる」と読みます。 島津義弘公の生き様を描いた作品で、血湧き肉踊る物語。 朝鮮出兵での泗川城の戦いから始まります。関ケ原での「島津の退き口」は手に汗握る展開。関ケ原での戦いを詳しく描写してありますから、妙円寺詣りの意味も合わせて学べます。 残念ながら、司馬遼太郎の「関ケ原」と類似点が多く、盗作騒動もあったそうです。大河ドラマ化してほしかったのに…著者は「四十七人の刺客」で有名な池宮 . . . 本文を読む
コメント

【書籍】高城合戦~九州の関ケ原はどのように戦われたか~

2008-10-18 09:49:14 | 戦国島津氏関連書籍
島津ファンには気になる一冊。 「大友軍と島津軍の戦い『高城山合戦』と『高城合戦(根白坂の夜襲戦)』を資料を基に再現しているそうです。 著者:山内正徳 発行:鉱脈社「みやざき文庫」 電話:0985-25-1758 西日本新聞10/12付 . . . 本文を読む
コメント

【備忘録】戊辰の役での薩藩の征東軍

2008-10-14 12:08:01 | 備忘録
一番隊長 桐野利秋 二番隊長 村田新八 三番隊長 篠原国幹 四番隊長 川村純義 五番隊長 野津鎮雄 六番隊長 野津道貫 早軽隊長 川路利良 大砲隊長 大山巌 田原坂考~西南の役百年覚え書~、勇知之、葦書房、1977 . . . 本文を読む
コメント

【備忘録】村田新八

2008-10-14 12:00:35 | 備忘録
「久留米にある高山彦九郎の墓前の石塔には村田新八の献じた名が刻まれている」 田原坂考~西南の役百年覚え書~、勇知之、葦書房、1977 . . . 本文を読む
コメント

【書籍】島津義久いろは歌

2008-09-28 14:54:15 | 戦国島津氏関連書籍
こちらは国分にある舞鶴城築城400年祭(平成16年)に出版されたもの。 「いつまても 久しかるへき君か代を 猶よろつ代と守れ神かき」 から始まるいろは歌です。日新公いろは歌に比べて、知名度は低いです。ですが、原文を読んでもだいたいの意味がわかりやすく感じます。日新公いろは歌は難解ですが、義久公いろは歌は簡単だけど奥が深い、ビートルズの歌のよう。 現代語訳のものを探していましたら、鹿児島県立図書 . . . 本文を読む
コメント

【書籍】田原坂探訪記 志に生きた男たちの足跡

2008-08-06 21:35:05 | 西南ノ役関連書籍
こちらは植木町の郷土歴史家であり作家でもある、勇知之さんの本。田原坂の売店で購入しました。 田原坂をはじめ、玉名、植木、玉東などの史跡とわかりやすいエピソード満載です。 旅のお供に持っていくと、かなり重宝します。 後ろにある、モデルコースも参考になります! . . . 本文を読む
コメント

【戦国島津】蒲生龍ヶ城と支城

2008-03-04 18:32:06 | 備忘録
いま小説「島津義弘」を読んでます。 仕事をなるべく定時で上がり、駐車場で日の明るいうちに四十ページ読むというのが目標。ちょうど四十ページが一章分になるので、それを40~50分で読む計算です。本を読むのは遅いですが、戦国島津家の流れはわかっているから、スムーズ。 何より、限られた時間を使って一気に本を読むことは無理で、細切れ時間の有効活用です。 岩剣城合戦前後の、蒲生範清の本城「龍ヶ城」と支城 . . . 本文を読む
コメント