johji2015のブログです

個人用途のニュース等まとめです。

豊洲の濁りが石炭の粉塵なら考察がいるのでは?

2017-03-20 20:33:58 | 日記
豊洲の地下水の濁りについて

元々東京ガスがガスを作るのに石炭を使っていた場所らしいです。
そして石炭は粉塵爆発を起こすような細かい粒子になることは知られていますよね。
また、一方活性炭は臭いを取るなど多孔質で吸着する性質があるのはわかっています。
あの濁りが石炭の粉塵ならば有害物資を吸着している可能性があると思います。

そこで気になったのはあの濁りを濾したのか否かです。
水だから余計な周囲の土とかを濾したのかで濾していなければ粉塵に含まれるものまでカウントするから高くなっていると思いますよ。
なので8回目までは検出され難く、9回目は検出され易いのは普通の話です。

つまり、地下水の定義が粒子を含むのか含まないのかで別れるはずです。
それで濁りの有る地下水で含有、濁りの無い地下水で検出されなければ結論は簡単です。
濁りの原因がまだ砕石層の下にある訳でそう簡単には浄化し難いとも思えます。
ポンプで汲み上げれば水位は下がるでしょうが、砕石層以下の細かい粒子も一緒に移動させていないか懸念します。

思った事を書いただけですので信頼性は低いです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日独で自由貿易守る」と首... | トップ | トヨタ車体の工場で火災 高級... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。