johji2015のブログです

個人用途のニュース等まとめです。

道徳授業に教育勅語「ダメとは言えない」文科相 回答は模範的ですが現場はどうなのでしょう

2017-04-04 13:28:36 | ニュース
道徳授業に教育勅語「ダメとは言えない」 松野文科相
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000032-asahi-pol

>「(勅語が)出された歴史的な背景や問題など、様々なことをその資料を通じて教えるために使われることは問題ない」との認識を示した。
>そのうえで「教え方が憲法や教育基本法に反するのであれば、所管庁(都道府県)が適切に指導する」と述べた。

野党が問題視している点はクリアされますが、日教組などの一部に国歌、国旗を軽視するようなのと同じでアレルギーのように拒絶されるのは予想されます。
せめてその当時の状況について何が問題だったのかを含めて教えるような教え方をさせないといけないのです。
以前にも書いたとおり、ある程度の個人の人格が形成されてからでも教えるのはいいはずで、丸暗唱や現代語訳もしないのは以ての外です。

戦時中の教育が全面的に悪いとだけ考えたのではそこに至る経緯も理解しないでしょうし、そこから抜け出す事の難しさを勉強する機会も失います。
敗戦への過程で平和交渉やその時の問題点を個々に見ていかないと話になりません。
最近はまるで無関係のように振る舞うマスコミですが、その頃の報道の失敗を学んでいないような事例を繰り返すこともあります。
教育現場にしても戦場に子供達を送らない事が優先されてどうしたらそんな不幸な事になるのかは無視されていました。
一方的な平和など存在しませんから、本来はもっと交渉能力を上げる算段をしても良かったはずです。
そう言う点では英会話など戦後教育も改善されてきています。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「反日だった」朴槿恵前大統... | トップ | 被災地復興事業で談合か 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。