ラティハン日記2

バパトークの索引。
ブログ内検索でお目当てのトークがわかります。
おすすめコメント。ー>ことばをたずねて・ワヤンの章

バパの魂(jiwa)あるいはロホの概念・3 植物の魂(植物力)-2

2016-11-17 | 日記
P105
・・・・・
人間に作用する野菜魂の働きと性質についての一般的な観察を完了した後、バパは野菜や植物の性質とそれらを食べる人が受ける影響について、いくつかの特定のものを取り上げて詳細に説明を始めます。

彼は米、野菜、ココナッツ、果物や竹などのさまざまな種類の植物の影響について語っています。

それらを食べる人に対する影響の程度は主にそれぞれの形状、それらが成長した場所とその成長の速さに依存しています。


「米の魂は、たとえば水田で栽培されて多くの水を必要とします。

そうして、その茎は細いが、かなりの長さがあり、中は空洞になっています。

そうして、短い期間で成長し実をつけます。

それゆえ、それは人々に影響を与えて、苦しみに直面することに対する勇気がほとんどないようにします。

そうして、人々は彼らの必要性のためにちょうど足りるだけの手段さえあれば、それ以上の努力することなしに生きることを望むようになります。

彼らは、自分たちの生活の状況を高め改善しようとする熱意を自ら発揮すると言う事がないでしょう。
P106
また、稲の寿命が短く、熟成が早いため、それを食べる人は辛抱することができないということを象徴しており、達成しようとしていることがあれば、そのレベルがあまりにも容易なところで「これで十分だ」とする傾向を持ちます。」


しかしながら幸いな事に、とバパはいいます。

「人々は固くて強い性質を持つ筍やココナッツと言うような食品を手に入れる事ができます。

これらは、お米のもつ弱い性質を補うことができます。」

ココナッツ由来の食品の影響に関しては、バパは次のように説明しています。

「ココナッツ椰子の木はたとえ他の植物に囲まれていたとしてもどこでも成長する事ができ、そうして特に手入れをする必要もなく繁殖します。

その幹は高くまっすぐであり枝はありません。

ココナッの実は木のてっぺんに実り、一年を通じてほぼいつでも食べられます。


このような食べ物を食べる人たちは人生の無秩序な状況にあっても、より広い展望と経験と大きな自分自身への信頼を持つでしょう。

彼らはより強固に確立された自分自身の意見を持っている傾向があり、簡単に他の人の影響を受けないし、人生の中で出会ういろいろな誘惑によっても影響されるということはありません。」


我々にとってこれらの2つの例は、多かれ少なかれ、バパがこの問題で展開している典型的な哲学の明確な描写を与えるのに十分であると思われます。

さらにバパは嫉妬、口論好き、絶望などの道徳的欠陥は統御されていない野菜魂の影響である事を詳しく説明します。
P107
「人間は野菜の魂の強制下で人間としての自分自身の義務をほぼ完全に無視してしまい、その結果は人としてはふさわしくない方法で行動するようになります。

したがって彼の欲望はもはや人間にとって適切なものではなく、それは野菜魂によって活性化されたものとなってしまうでしょう。

そうしてこれらの影響を消し去るための唯一の方法は、latihanです。」

「バパは彼の弟子たちがこれらの魂の影響に長い間さらされていたのではありますが、誠実に自分のlatihanを行うように強調します。

彼らが誠実にlatihanを行う事により、これらの魂の影響はそれ自体で自動的に分離して行くでしょう。」


バパは頻繁に述べています。

「尋ねないでください、それを実践して下さい。

決してあなたの霊的な修練(latihan)を無視してはいけません。

そうすればそれらの手段によって、あなたは間もなくあなた自身の内部にある魂の間の相互関係と差異とをはっきりと経験し理解することができるようになります。

そうやってあなたの人としての魂と人に従属する魂との間の協力関係を作りなさい。」


上記のような説明から、我々は野菜の魂にいついてのバパの理論はスーフィーのそれとは全く異なるという結論に導かれます。

他方でそれはインドネシアの昔からの信念(アニミズム:訳注1)に非常に類似している事がわかります。


植物魂という概念を考えていたスーフィー達は、しかしながらバパの様な理解の仕方を意味しません。

バパの理解のしかたは、「実際の地上の野菜を食べることによる野菜魂の影響がある」、というものです。

P108
おそらくこの問題に関するイブン・アル・アラビーの解釈はバパの解釈に非常に近いものです。

ただしそれは以下に述べるただ一つの点に於いてのみです。

イブン・アル・アラビーによれば、野菜魂の主な働きは、食品を求めて、体にそれを吸収する事です。(訳注2

野菜魂は引き寄せ(jadhb)、保持し(mask)、消化して(hadm)排出する(daf ')という4つの力を持ちます。

しかしそれはいままで我々が見てきた様な実際に地上に生育している野菜とは何の関係もない事なのであります。
・・・・・
植物力はここまで、英文はこちらを参照願います。<--リンク

訳注1:インドネシア アニミズムについてはページを改めて記述したいと思います。

訳注2:植物力の働きとして、「植物性食品を吸収することによってこの物理的な人体を作り上げている」、と言うのはバパも同様に主張していることであります。

しかしながら以下に示すようにイブン・アラビーはバパより前の時代の人であり、存在一性論の創始者でもあります。

そうしてそこから尊厳セブンの教えが発展し、インドネシアのワリたちに引き継がれ、バパにつながってゆくのでありました。<--リンク

つまりはイブン・アラビーこそがこの思想、この考え方の源流であり、その川の流れの中にバパもまた位置付ける事が可能なのです。

そうして、そのように後に続くものが「前人の肩の上に乗ること」によって「より遠くまで見通せるようになる事」は、人類の歴史においては普通の事であり、その様な能力こそが人類の発展を推し進めてきた力なのでありました。

イブン・アル・アラビー (Ibn al-'Arabi)(1165年7月25日- 1240年11月8日)<--リンク

原典はこちら、THE PATH OF SUBUD (1969) Author: Drs Kafrawi : Kafrawi McGill University Montreal.<-- Link

PS
個々の植物が人間に与える影響についてのバパの説明の内容はなかなか納得しにくいものがあります。

たとえば、草食性動物と肉食獣との性格や行動の違いというのはそのまま菜食主義の人とそうでない人との違いに当てはめやすいのですが、今の場合はそのようにはいきません。

但し、植物から抽出されるいろいろな成分が人にとって薬になったり毒になったり向精神薬になったりします。

中国ではそれを漢方薬として体系化しインドネシアではジャムウ(jamu)として知られています。<--リンク

そして日本ではそれはいろいろな種類の栄養ドリンクとして売られているのです。

その意味では確かに植物性食品もそのように人の体や心に影響を及ぼすとは思うのですが、、、。

しかしながら上記のような「お米を食べていると努力しなくなる」という説明は我々日本人にとっては、なかなか納得しにくいのであります。

追伸
人間以外の動物も当然ですが稲、米を食べます。

しかしながら「コメの影響を受けてその動物が怠惰になる」という話は聞いた事がありません。

そうしてバパによれば「動物はそれぞれの性質をもち、その肉を食べる事で人はその影響を受ける。」といいます。

しかしながら「食べた植物の影響によってその動物の性質が決まる」とは述べておられません。

このあたり、ある特定の植物が人に与える影響とそれが他の動物に与える影響とは異なっている模様です。

PS
植物性食品の中でも特に「薬味」として我々に知られている物(ネギ、ニンニク、こしょうなど)は確かに人の身体や精神に一定の影響力を持つと思われます。

そうしてそのような影響力は舌で感じる「味」と鼻で感じる「匂い」が主な感覚的刺激の原因になっており、それによって引き起こされている様です。

さて、そういう訳でアロマテラピーは、あるいは香水は一定の効果を発揮しているのでありましょうか。<--リンク

PS
食べ物による影響がいわゆる「道を求める上での邪魔になる」というとらえ方は仏教にもありますし、インドネシアの伝統的な教えの中にもあります。

それゆえに道を求めるものは「小食がよい」とされ、ブッダは「一日二食」を薦めたのでした。

それに加えて、インドネシアではたとえば木曜日には絶食して「自己節制する」というようなプリハティンの習慣もあります。(あるいは「少なく食べて、少なく眠る」というものもあります。)

いずれにせよ、食事が一定の影響を人に与えているという認識は古くから知られているのでありました。

PS
あるトークでバパは「植物力があるので人は植物を食べられるものとして認識でき、実際にそれを食べて消化吸収できるのだ。」と言っています。

さて個人的な経験によりますれば、認知症が進行してしまったある人たちは食卓においた自分の腕時計を「これは食べられるものだ」と勘違いして自分の口の中に入れてしまいます。

そうして食べられないものを口に入れるという行動は赤ちゃんにもよく見られるものです。

そうしてみますと植物力というものは、あるいは「これは食べられるものだ」という判断力が正常に働く為にはそれなりの学習過程と記憶力が必要である事が分かるのであります。

追伸
前述したように「植物力を卒業した人は食いはぐれることはない。」とバパは言ったかと思います。

しかしながら現代日本の様な社会においては「飢えて死ぬ」と言うような事はめったに起こらない事であります。

それよりも多分「食べすぎて死ぬ」事の方が、「肥満で寿命を縮めている」事の方が多いと思われます。

さてそうなりますとはたして「食べ物に追いかけられること」は運が良いのか悪いのか、良く分からない事になりそうです。


PS
「バパの魂(jiwa)あるいはロホ(Roh)の概念」一覧にはこちらから入れます。<--リンク

PS
文字サイズはページ右上で変更できます。

ラティハン日記 目次 にはこちらから入れます。<--リンク

本記事に対してのコメント、ご感想などは
記事テーマを添えてこちらまでお願いします。
<--リンク

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バパの魂(jiwa)あるいはロ... | トップ | バパの魂(jiwa)あるいはロ... »

日記」カテゴリの最新記事