共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

お互いにルールを守って

2017年07月11日 23時18分42秒 | 日記
最近になって、厚木市内のゴミ集積所にこんな注意書が掲げられるようになりました。特に資源ゴミを勝手に持ち帰らないように…というものです。

特徴的なのが、御覧頂くと分かると思いますが、英語、中国語、そして一番下にフィリピンかヴェトナム辺りの東南アジア語だと思われますが、いろんな言語で書かれているのです。

こちらに居を移してから四半世紀以上経ちましたが、その間に街の様相はどんどん変わっていきました。

かつては厚木ベースや座間キャンプが近いこともあって米兵が偉そうに闊歩していました。それから各工業団地に労働力として南米系の出稼ぎが増えてきて、スペイン語やポルトガル語が目立ってくるようになりました。更に最近になると東南アジア系の出稼ぎ労働者が増えてきて、小さいながらもモスクまで建設されるに至っています。

何度かそういう人たちと話をする機会がありましたが、彼等に言わせれば日本のゴミ置き場は宝の山なのだそうです。ちょっと直せばまだまだ使えそうなものが、事も無げに捨ててあるのを見ると

『勿体ない…』

と思うのだそうです。この辺りの感覚は一昔前の日本人も持っていましたから、分からないではありません。むしろ、最近の日本人が割りと気軽に何でもポイポイ捨て過ぎるきらいが無いとも言えません。

ただ困るのが、捨てる側が予め市の発行している粗大ゴミ券を貼って出しているものを持ち帰ってしまうことのようです。これだと、折角お金を払って処分してもらおうとしたことが、全部不意になってしまうのだそうです。

ゴミの出し方そのものは勿論ですが、日本人であろうと外国人であろうと、お互いに気持ちよく使える環境を維持していきたいものです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっちまいました…(;´A`) | トップ | 祭に備えて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL