共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

祭に備えて

2017年07月12日 21時36分46秒 | 日記
はぁ…( ´Д`)~3

えぇっと、梅雨明けはまだでしょうか?先日の平塚の七夕まつりから、外出すると脳天が焦げそうになるのですが…。

梅雨らしい天候が全く見られない中、本格的な夏への準備は着々と進められているようです。

本厚木の一番街を歩いていたら、何処からともなく

『ドン、テケ、ドンテケテ、ドン、テンテン…』

という祭囃子が聞こえてきました。ちょうど通りの中程のところに公園と公民館があるのですが、行ってみると、やはりここから音がしていました。

大人が指導に当たっているのですが、大太鼓の女の子はともかく、締太鼓を打っている男の子たちのリズム感に今ひとつ難があって、何回やっても途中から

『ドン、テケ、ドペレペレペレ、ドン、パラパラン、パラパラン』

とズレるのです。祭囃子はキッチリとした4拍子ではなく若干スウィングするので、そのことも難しくしているようでした。

大人は何とかしようとあの手この手で指導に熱が入るのですが、出来ている女の子からすると男子の練習に付き合わされて、いい加減嫌気がさしているのがよく分かります。

なかなか揃わない男子に遠目にエールを送りながら、熱気のこもる空気の中を教室へと向かったのでありました。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お互いにルールを守って | トップ | Stop!JASRAC! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL