共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

細石

2017年03月21日 20時12分48秒 | 日記
さて問題です。写真に写っているのは一体何でしょう?

ガラスの破片?水晶の欠片?ランダムなビーズ?

これは細石です。『さいせき』ではなく『さざれいし』と読みます。そう、国歌君が代に

《君が代は千代に八千代に細石の巖となりて苔のむすまで》

と歌われているもののひとつです。

この細石は水晶で出来ているもので、私が愛用している守護念珠を作って下さった方が、自宅で念珠を休ませる場としてわざわざ用意して下さったものです。

とりあえず手持ちの清浄な皿にのせて、



そこに守護念珠を置いてみました。



こんな感じです。ちょっと分かりにくいかも知れませんが、ここにはアメジスト・水晶・スモーキークォーツのものと水晶と屋久杉の珠を連ねたものを置いてあります。ただ、透明なものばかりで分かりにくいので、かつて奈良・唐招提寺に参詣した時に入手した金堂の古材を用いて作られた守り念珠も一緒に置いてみました。

今までこれらの守護念珠は帰宅してから外して、水晶製の2つは神棚に、唐招提寺念珠は仏壇にそれぞれ置いていました。それはそれでよかったのかも知れませんが、これからはこの水晶細石の上できちんと浄化してリフレッシュしたものを、次の日の朝に装着して出掛けることができるようになりました。

転居してからこうしたスピリチュアルな環境が、少しずつではありますが我が家の中に整いつつあります。いろいろと気にかけて下さる方が身近にいることの幸せを、ひしひしと感じながら生きている毎日です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドキドキコンサート(; ̄ー ̄A | トップ | 桜はまだかいな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL