共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

不思議な和柑橘のシフォンケーキ

2016年09月19日 23時13分55秒 | グルメ
今日はハッピーマンデー的敬老の日です。この三連休を、一体どれだけの国民が有り難がっているのかいないのか知りませんが、とにもかくにも三連休最終日でございます。

街に出ても人影は疎らで、傘の花もそれほど咲き乱れてはいませんでした。そんな中、自分の用事を済ませてから《Cafeあつめ木》にお邪魔しました。ランチタイムも過ぎていたし、私も中途半端な時間に食事をしてしまったので、今日はケーキを頂くことにしました。

お願いしたのは、お店の定番メニューのひとつのシフォンケーキです。こちらでは『かぼちゃのシフォンケーキ』と『和柑橘のシフォンケーキ』とが交互に出てくるのですが、今回は和柑橘の方がメニューに載っていました。

このシフォンケーキ、ちょっと不思議なものなのです。

通常シフォンケーキというと、製作行程でかなり大量のサラダオイルを使用するものなのですが、この和柑橘シフォンはどういう仕掛けか油を一滴も使わずに作られているのだそうです。頂くと、いわゆる通常のシフォンケーキのような独特のしっとり感はあまりないのですが、その分何とも言えない軽さがあって、その食感が和柑橘の仄かな香りをそこはかとなく引き立てています。

添えられるクリームは生クリームとヨーグルトクリームの2種類から選べます。生クリームだと甘さがプラスされることによって味に奥行きが出て、ヨーグルトクリームだと新たな酸味が加わって和柑橘の風味が冴えます。前回はヨーグルトクリームだったので、今回は生クリームで頂きました。

どうやってノンオイルでシフォンケーキを焼き上げるのかは企業秘密だそうですので、確かめたい方は是非お店に足を運んでみて頂きたいと思います。

因みに今日、たまたま居合わせたお客さんから



早稲のみかんを頂きました。初物は寿命が伸びると言われていることもありますから有り難く頂戴しましたが、何だかさっきまで頂いていた和柑橘シフォンケーキの後味にもピッタリで、ちょっとビックリでした(*^^*)。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横内御霊神社例大祭 | トップ | 300年前の《動物の謝肉祭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL