旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

ギボウシの花と更なる真夏の宿根草

2017年07月23日 15時56分32秒 | 庭作り(2014April~)

今日は朝からドンヨリ曇り空。
気温は少し低めですが、湿度が高いので蒸し暑く、先ほどから、チラリホラリと雨がパラついています。
夕方の水やりをするべきか否か、迷うところです

新庭に越してきたばかりの頃、一番苦戦していたのはギボウシ。
陽当たりが良いので、水を与えても葉焼けはするし、枯れそうだし
日陰を求めてアチコチ移植。
4年目になって、ようやく少しずつ周りに緑が増え、何とか元気に夏を越してくれそうです。
それでも、猛暑となれば厳しいに違いないのですが

玄関前の斑入り葉のギボウシに花が咲きました。
ギボウシの花は地味ですが、薄紫色は涼しげで好き

ミモザとサルビア・エレガンスの陰で咲いている灰緑色の葉のギボウシは、茎が短いタイプ。
今年は3本花が咲きそうです。

ミニギボウシにも花が。
葉が小さくて可愛らしいですが、茎がヒョロリと伸びて花が咲きます。

ギボウシは、花が咲かなくても、どれも好き
夏は涼しげな葉色に癒されます。


ルドべキア・ヘンリーアイラーズの花弁はストローのように丸まっていて面白いです。
もう少しすると先端だけ開きます。

昨年ポット苗を植えた時は50cmほどの高さでしたが、今年は120~30cmぐらいになりました。
背の高いルドべキアだったのね
経年しないと本来の育ち方がわからない種類もありますね。


セファラリア・ギガンティアも咲き始めました。
昨年二株植えて、一株だけ咲き、今年は、昨年咲いた株は成長せず、昨年咲かなかった株が咲いています。

ジャイアントスカビオサとも言われるらしく、花はスカビオサにとても似ていますが、背丈は12、30cmぐらいになるのに、花は小さいです。
気ままに茎を伸ばすので、面白いけれど、落ち着きがないというか・・・
何株かまとめて植えて、沢山花を見るのが良いのではないかしら。


クレマチス・インテグフォリア系(蔓なしクレマチス)の白麗が引き続き咲いています。
こんなに花びらがカールすると思わなかったな。
まっすぐ伸びないし・・・


植物って、植えられた環境によって少しずつ状態が変わるので、なかなかカタログやマニュアル通りにならないこともありますね。
思い通りや予定通りにいかないから、勉強もするし、経験も積むし。
そんな試行錯誤も、ガーデニングの醍醐味であり楽しみの一つだと思います。

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナベルとドライフラワーと... | トップ | 夏はご用心! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

庭作り(2014April~)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。