旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

庭も緑化フェア!? チューリップ編

2017年04月20日 17時17分03秒 | 庭作り(2014April~)

留守中の一週間、関東地方は初夏のような気温だったらしく、帰宅すると予想以上に花が咲き進んで、庭が急に緑化フェアのように華やかになっていてビックリ

我が家に近づくと、満開のベニバナトキワマンサク・ブラックパールが出迎えてくれました
圧倒的に存在感を感じさせる時期は、やっぱりチューリップが咲き誇る頃なのね。


バラ撒き植えの亡母の経年チューリップは、散っている花もありましたが、まだ何とか持ちこたえている花も。
赤、黄色辺りが経年には適しているのでしょうか。

こんな珍しいチューリップも植えていたんだな~、母は。

チューリップの株元を彩るために植えたフロックス・ストロニフェラ(ツルハナシノブ)が咲いていました。
白と薄紫とを植えたのですが、白はまだ咲かず、薄紫だけ。
旧庭でも植えていた好きな花です。


オープンスペース周りにミックス植えした「富山のふんわり八重咲きセット」
揃って咲きましたが・・・

背丈がそれぞれ違うので、植え込みの中に段差ができて、なんだかイメージとは違っちゃいました
でも、どれも素敵なチューリップです

背の高い白八重は「ホワイトハート

中くらいのアプリコット系は「オレンジレディ

背が低いピンク系は「フォックストロット


オープンスペース周りの真ん中にはピンク系の「サーモンプリンス」を植えました。
背の高いチューリップは義姉からの頂いた球根から咲いたもの。

実はこのチューリップとコンビにしようと思って、白いタイツリソウを植えたんですけど、株が小さすぎて・・・

コンビどころか、まるで雑草のように、チューリップに隠れてしまいました
ふんわり&ゆらゆらとしたタイツリソウの花が、ピンクのチューリップをチラチラ隠して・・・
なんてイメージだったのですが、これは失敗
来春は違う計画にします。


富山の「ふんわりプリンスセット」は、一週間して花が一回り以上大きくなりました
チューリップは開花活動をしながら、花を大きくしていくんでしたね。


遅咲きのスイセン「フレグラントローズ」も咲きました。


しかし、原種系チューリップのクルシアナ・クリサンタクルシアナ・シンシアはほとんど咲き終わりで、何とか花びらをとどめている状態。
手前のローダンセマム・アフリカンアイズと中の薄紫色の芝桜や、黄色のプリムローズは満開に

 

昨日も気温が高く、チューリップの花は次々花びらを落としております。
今日はかなり花ガラを摘みました。
そして葉が枯れるまで掘り上げず球根を太らせて、来春も楽しめたら良いな~と思います。
チューリップ、今年は15cmには深く植えていないので、一度掘り上げようと思います。
いずれ植えっぱなしでいくつもり。

半日陰の多かった旧庭とは全く環境が違うので、新しい植栽を色々試しており、その価値はあると思う。
チューリップもその一環かな。

 

ブログランキングに参加中。

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村


 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北国の実家でもガーデニング... | トップ | 公園では早咲きのバラが開花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。