旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

我が家のバラのお見合い写真 と 母の日のプレゼント

2017年05月14日 12時12分51秒 | 庭作り(2014April~)

今日は曇っていて気温も上がらないみたい。
バラが急いで咲き進まないから、嬉しいです。

私は長いことバラを育てていますが、それほど数はありません。
ピーク時で30本ほどで、その半分以上は鉢植えでした。
鉢バラの管理に、正直嫌気がさしてきて、次第に数も減っていき、結局気に入ったバラのみ残りました。
新庭ではその鉢植えを地植えにした株と、地植えを移植した株と、新しく買ったり頂いたりした数本で、計17種(18株)。
「ロザリアン(バラ愛好家)」と名のるには若干少ない本数かもしれません。

ウチのつるロココとは、バラ栽培を本格的に始めた翌年からの付き合いで彼是20年以上かな。
大鉢で育てていたので、鉢植えの時から良く咲きました。
蕾から気品があり開くと艶やかで美しいバラ。

グラハムトーマスは、イングリッシュローズが流行り始めた頃、バラ好きの友人とで個人輸入した苗で、こちらも20年にはなるでしょうか。
カップ咲きの陰影のある黄色い花とティーの香りが気に入っています。

つるサマースノーも20年ほどになります。
一度かなり調子を崩し、鉢では咲かなくなりましたが、地植えにしたらシュートがバンバン出る様になりました。
小輪ですが多花性で、風景を作ってくれるバラです。

ハイブリッドルゴサのハンザは15年以上かな。
暴れる品種だと分っているので、肥料は与えず育てています。
ハッキリしたマジェンダ色で香りが抜群でローズヒップも可愛いです。

カージナルドゥリシュリューも15年ほどかな。
この濃い紫色が好きです。

バフビューティ-は7年ぐらい。
新庭に地植えして爆発的に育ってビックリしました。
このアプリコット色が気に入っています。


新庭の新参者はハイブリッドルゴサのスノーぺーブメント
北海道で一目ぼれして、北海道のナーセリーから通販で買いました。
薄紫色のクシュっとした花と甘い香りと、自然な雰囲気が好き。


ディスタンドドラムスは花の色が気に入って育て始めました。
蕾も、

開いた姿も、

退色した花の終わりかけの色も楽しんでいます。


こうしてお見合い写真を見てもらっていますが、やっぱりバラは風景として見たい
というのが、長年庭でバラを育ててきて至った私の考え。
他の植物と相まって美しく輝いている様子が好きなのです。

だから「バラも植物の一つ」という白砂先生の考え方に共感するのでしょうね。
コレクターではないけれど、私もロザリアンという事で

 


今日は母の日ですが家族は仕事なので、我が家は昨日が母の日でした。
長女は仕事帰りに寄ってくれて、カーネーションの苗とクッキーを、
次女は休みだったので夕食を作ってくれ、横浜スカーフとワインを、
なんと夫からテニスウエアーを、プレゼントしてもらいました
皆、ありがとう

今年から、私がプレゼントをする「母」がいないので、今日はちょっぴりセンチメンタルな気分なの。
寂しい気持ちもあるし、とうとう「そんな日が来たのか」という気持ちもあるしで、ね

 

ブログランキングに参加中。

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨が恨めしいな~マイ・ガーデン | トップ | ジギタリスとシャスタ―デージ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バラ (仁仁)
2017-05-14 12:42:24
白に黄色にピンクいろんなバラがあってすてきですね。
僕は、ラベンダーという花が好きです。
紫色で、とても美しく咲いています。
ラベンダー (Jo)
2017-05-14 17:05:07
仁仁さん
ラベンダーは私も大好きな花です。
紫色も美しいし、香りも良いし、風に楚々となびく姿も麗しいですね。

こちらは猛暑があるので、暑さに弱いラベンダーはなかなか上手く育たないのが悩ましいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。