旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

公園のバラ部会の見学会は横浜のローズガーデンで

2017年05月17日 17時58分01秒 | ボランティア【長久保公園)

4年前から毎年行っている、長久保公園のバラ部会の見学会。
市内から始まって、次第に遠出して、今年は満を持して横浜へ。
「全国都市緑化よこはまフェア~ガーデンネックレスよこはま」開催中のリニューアルしたみなとエリアのローズガーデンへ行きました。

会員10名ほど&担当I君も参加しての見学会は、アメリカ山公園で薔薇の目慣らしをして、いざ港の見える丘公園のイングリッシュガーデンの庭

先日、白砂先生の案内で回った私が、逐一皆さんに内容をお伝えしようと、案内係に。
先生イチオシのグラハムトーマスのアーチは、ようやく花が咲いてきていました。

色の系統別にアイランド型にイングリッシュローズと草花が植栽されています。
此処はピンク系のエリア

此処は黄色と青と白のエリア

薔薇の中に草花が植えられているガーデンは、なかなか見慣れないので、会員の皆さんにはとても新鮮で感心している様子でした。
私の好きなエルサレム・セージも。

イギリス館の庭なのでイングリッシュローズが植えられているわけですが、こうして見ると、イングリッシュローズの醸し出す雰囲気はナチュラルで、他の草花とも馴染みやすく見飽きない気がします


次は香りの庭
噴水を中心として四つのバラの香りのエリアに分かれています。

香りのベンチ脇にはコーネリアがたわわに花を付けて枝垂れておりました。

アーチを通りぬける度に良い香り~

こうした蔓バラのミックス植えのアーチも見られます。

しかし混植しているユリの香りが強すぎて、繊細なティーの香りは吹っ飛んでおり、それが何より残念でした
まだ5分咲きなので、来週末まで楽しめると思います。


ハンギングバスケットの丘を見て、「趣味の園芸」のガーデンを見て、天空のパティオを見て、山下公園へ

白薔薇と氷川丸のマッチングが素敵

白薔薇のアーチの両脇はカラフルな薔薇と草花のガーデン。
「無農薬でも栽培できる未来のバラ園」をコンセプトに、丈夫なバラ達を主体に植えられています。

ジギタリスの林立が、ローズガーデンを一層見ごたえのあるものにしているようです。

このキャンディカラーのオベリスクったら~ラブリ~

目がチカチカするほどのミックスカラー植えですが、なんとなく嫌みがないのはどうしてかな
色のトーンがパステルカラーっぽいからでしょうか


しかし、どんなに色色ミックスで目が疲れても、この公園の真ん中を貫くホワイトガーデンが気品を漂わせて存在するので、とてもスッキリした気持ちで公園を後にできるのですよ

 

リニューアル前に訪れたことのある会員は、これらの公園の変わりようにとても驚いておりました。
こうして、山下公園で解散しました。

過去5年、私が訴え続けたバラと草花の混植の素敵さが、ちょっと懐疑的だった会員にも、きっと伝わったと思います。
何より担当I君に伝われば、これからのボランティア活動や植栽にも心をくだいてくれるはず
かなり有意義な見学会となりました。

これからも少しずつではありますが、長久保公園の小さなローズガーデンもリニューアルを進めて、訪れる方々から「素敵」と言われるようにしたいです。
会員の皆さん、頑張りましょう

 

ブログランキングに参加中。

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村


 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つるバラと白いシャクヤクと... | トップ | ディアボロと隣家側フェンス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。