旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

グラハムトーマスとバフビューティ-のアーチと白バラとルゴサと

2017年05月20日 10時37分21秒 | 庭作り(2014April~)

今日も良いお天気です
気温が高くなり、バラも一気に開花してきました。

グラハムトーマスのアーチが見ごろになりました
今年は枝がアーチの天辺に到達してモリモリ咲いています。
バフビューティも奔放に伸びた枝をアーチ側に誘引したら、新しいアーチができました
アーチの下では白バラも。
両バラとも、旧庭では鉢植えだったので、この様にモリモリ咲かずにいましたが、地植えだと果てしなく伸びてくれていて驚くほど

グラハムトーマスはイングリッシュローズなので、暑さが苦手なはずだから陽当たりが良すぎる新庭ではどうなるのか心配していましたが、何てことなかったです
やっぱりバラは日向が好きなのよ

この黄色、花の形、そしてティーの香り、大好き


白バラはプライムミニスター・ナカソネ
YEGのクリスマス会でジャンケンで勝ってゲットしました。
名前さえ何とかなれば、花芯部分が薄っすらと黄色で、こんなに美しい香る白バラ、100点満点なんですけど


今年は忌避剤の効果で、よく花を咲かせていて、バフビューティ-とのコラボレーションも実現。

 

トレリスの東側ではクレマチス・ハーグレイ・ハイブリッドが咲き始めましたが、まだ本来の咲き様ではありません。
蔓が伸びず、課題が残りました。

でも、ルゴサ・ハンザルゴサ・アルバ(白ハマナス)とのコンビネーションは実現
花期は合いました。


ロサ・ルゴサ(ハマナス)
はどんどん咲いています。
この株は旧庭のハマナスのサッカーを移植したもの。
大好きな色と香りと思い出と

ルゴサ系を増やしたくて、昨年新苗で買って植えたロサ・ベイシーズ ・パープル ローズ
昨年は咲かせず養生しておりました。
この深い花色を活かしたくて、隣家側の野趣なコーナーに植えています。
ハイブリッド・ルゴサ(ハマナスの交配種)ですが、ハマナスのように丈夫で虫や病気に強いのかしらん
ゲルべ・・・のように普通なのかしらん
とりあえず実は楽しめそうなので、今秋は期待大です。

 

庭は今、一年で一番のハイライト
一年のバラのお世話が形になる一時。
少し、しつこいアップですけど、見てやってくださいね。
続く

 

ブログランキングに参加中。

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラの花がら切りに公園へ | トップ | 一期一会の庭のバラ景色の中で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。