旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

雰囲気の違う二つのミニ花壇

2017年06月09日 15時03分32秒 | 庭作り(2014April~)

春にはチューリップと春の一年草を植えていたミニ花壇を整理して、先日夏の一年草を植えました。

一つはオレンジ色がメインの暖色系で、元気よさげに
背の高いジニアと、ナスタチウムジニア・プロフュージョンセンニチコウ・ちなつ
ナスタチウムはバラのコンパニオンプランツなので、毎年種から育てているのですが、今年は蒔きそびれたので、ポット苗を買いました。

このジニア、たぶん「ジャジー」という、色々な花の咲くタイプだと思います。
変化を楽しもう、という感じかな。
背景の青いロベリアは、なんと越冬した株
秋に20株ほど植えたロベリアの中で、数株越冬して、花を咲かせました

背景にはマツムシソウも。
しかし越年したら、花が小さく色が薄く・・・イメージが変わりましたが、常緑なので重宝しそうです。

 

もう一つのミニ花壇は寒色系で涼しげに

アフリカンマリーゴールド・バニラと黄色の小花はサンビタリア、薄紫色はアンゲロニア・ミッドフレア・ブルーバイカラ―

アンゲロニア・ミッドフレアは今までのアンゲロニアより花が小さいのですが、よく分枝して花が沢山咲くそうです。
ホントかな

背景に高性のイベリスを3株植えました。
イベリスというからには、常緑で越冬してくれるのかしら
新しくお迎えする植物は、何より観察


そんなオープンスペース周り。
リビングの掃出し窓からは涼しげな風景が、ダイニングの窓からは元気色の風景が見え、庭に出るとどちらも楽しめる
狭い庭の工夫」と思ってください。


咲きだしたモナルダ・ラベンダーモンシロチョウが停まりました


アゲハチョウも同様に飛び回っていたのですが、カメラに収めることができませんでした。
次回こそ

 

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄せ植えを夏仕様に | トップ | アナベルが白く輝きだす頃の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

庭作り(2014April~)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。