旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

庭の花 撮って出し!

2017年06月19日 11時32分14秒 | 庭作り(2014April~)

梅雨の晴れ間で気温がまた上がりそうです。
天気予報を見ると、これから先、いよいよ梅雨模様。
明日帰省するので、帰宅後には咲いていないかもしれない花を一気にアップしま~す

玄関前では、旧庭から移植した紫陽花「隅田の花火」が咲いています。
陽当たりが良いのと無肥料なのとで、今のところ徒長していません。


玄関アプローチで咲いているピンク色のヒメイワダレソウの写真を撮ろうと思ったら、モンシロチョウがヒラヒラ飛び回っていました


バラのアーチをくぐった脇で鉢植えの白い木立性クレマチス(インテグフォリア系)が咲きました。
尖端が少し曲がってしまいましたが、可愛らしい花です


築山周りでは春に植えたホリホックが咲いています。
もっと背が高くなるのかと思ったら、矮性みたい。
隣のヤロー・テラコッタの方が大きいもの


築山の上方でリーガルリリーが咲いていますが、もう終わりですね。
隣のヘリオプシス(ヒメヒマワリ)は、まだまだこれから


茎が黒いヘリオプシス・サマーナイトにはヒモンチョウが来ていました


庭をぐるりと囲むように育っているルブスに実が付いていました。


アスチルべ・ビジョンズインレッド
がモコモコ咲き始めましたが、さっぽり大きくなりません。
築山に植えた他の二種類は咲きそうにありません
環境が合わないのかな

エキナセア・フラダンサーはピンク色だけ咲きました。
昨年は秋まで種頭を残していたので、白花は弱ってしまったのかも。
株は残っているので、来年に期待です。


グロッソ・ラベンダーも咲き始めました。
花より常緑のシルバーリーフが気に入って植えています。


鉢植えで育てているフクシア・マゼラニカも咲きました。
冬越し&夏越しをしてくれるありがたいフクシアです。


昨年は一、二輪しか咲かなかったような気がするオープンスペースのシャンデリアリリーが、今年は大きく育って本来の姿に
この種は案外良く増えるんですね。
丈夫さに驚きました。


隣家側では今年は三本になったシャンデリアリリーと、バラの肥料を吸って巨大になったリーガルリーリーが見事です
リーガルリリーは30個ほど蕾をつけ、次々咲いています。
こんなに花が咲くとは思いもしなかったわ


その脇でルドべキアが咲き始めました。
空き地でさえよく増えるルドべキアですが、我が家では徐々に少なくなっています。
5月ごろから日陰になる場所だからかな


庭奥から眺めると、こんな風。
草ボーボーに見えるけど、これから秋にかけて花が咲く植物が植えてあるんですよ

 

そんな築山を中心とした庭風景。
緑がモリモリ~あ~初夏の庭

 

そして、写真左下のまだ咲いていないユリ・アボカドは、実は私の背より大きく育っています
バラの肥料を・・・横取りか
ブッドレア・ブラックナイトは高切りしたので、一層背が高くなり見上げるようです。


そんな庭を残して、明日帰省します
梅雨なので、家族もそれほど水やりに苦労しないと思っているんだけど、毎度の帰省時の水やりには感謝しています


昨日は父の日でした。
我が家は、家族で八ヶ岳に出かけました。
その様子は、のんびりと実家でアップしようと思います。

実家の庭も、結構モリモリ育っているようで、「なんちゃってナチュラルガーデン」の体をなしていると報告が
楽しみだわ~

 

では、しばらくブログは飛び飛び更新になりますが、これからも、よろしくお願いいたします。
行ってきま~す

 

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ


 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜に紫陽花の新名所が! | トップ | 萌木の村 ナチュラルガーデン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。