旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

横浜に紫陽花の新名所が!

2017年06月16日 17時32分45秒 | ボランティア(YEG)

梅雨の晴れ間・・・というには、雨が少ない関東南部。
今日は、横浜イングリッシュガーデンのサポーター活動へ行きました。

バラの一番花が終わって、作業は、除草。
特に、手ごわいつる性植物を中心に、やっつけました
招かざる客はヘクソカズラ、ヒルガオ、ヤブコワシ。
一度巻き付かれると、取り外しが厄介な植物。
株元をチェックして根を引き抜かないと、しつこく伸びるし、隠れた種からは発芽するし。
それをコツコツ除草し続けなくてはいけないのが、ガーデン管理の鉄則だと思います。


横浜イングリッシュガーデンは、もう「紫陽花の名所」に名を連ねても良いな~
と感じるぐらい、沢山の種類の紫陽花が咲いていました。

大アーチの下には和傘と鉢植え紫陽花のディスプレイ。
休憩はいつものベンチではなく、縁台で。
和の風情が、大アーチから降り注ぐ木漏れ陽に似合います

そして珍しい紫陽花が、数多く見られるのも、イングリッシュガーデンの魅力です。

オリジナルアジサイ加茂セレクションの「佳澄」
青とピンクが一緒に咲いていました

ごきげんよう」なんて、楽しいネーミングですね。


通称ホワイトガーデンでは、アナベルが満開です。
間もなく、白い百合も咲くことでしょう。


シュラブガーデンでは、ベンチの両脇が紫陽花に。
木々が茂って、日陰を作り、過ごしやすくなりました。


薔薇咲きのような紫陽花「ポージー・ブーケ・エレガンス」はゴージャス


紫陽花とバラのコーディネートも、一重のバラとなら和風に。


ユリも咲いてきています。

三尺バーベナのレース越しに見えるユリは「ランコン
花弁の外側は白いのですが、内側に紫色のまだら模様が入っている珍しい百合です。
ガーデンの所々に植えられていて、香りが良いの

ピンク色の鉄砲百合は「プリンセス・プロミス」かな。

純白のガク紫陽花「ポージー・ブーケ・グレース
白花は、日向と日陰で雰囲気が変わるのが面白い

などなど、「首都圏随一と言われる300品種のアジサイが皆様をお迎え」する横浜イングリッシュガーデンのアジサイフェアは7月2日まで。
お気に入りの紫陽花を見つけて欲しいです。

それを知っている方々が、今日は沢山訪れていました。
6月のサポーター活動日に送迎バスが満員なんて今までなかったのでは
人気が出てきたという事ですね
シャッターを切る音が、アチコチで聞こえていました

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラのお礼肥えの続き~公園... | トップ | 庭の花 撮って出し! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。