旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

種頭

2016年10月12日 10時21分36秒 | 庭作り(2014April~)

ようやく秋晴れ~
久しぶりにガーデン用品を買いにホームセンターへ行こうかな

秋になると花だけでなく、冬に向かって枯れた美しさも見たくなります。
花後の種を付けた枯れた尖端をシードヘッド(種頭)と言うそうです。
庭にはいくつかそうした「花後にドライフラワー然」として楽しめる植物を植えています。

例えばティーゼル
どちらかと言えば、花後の方が任務大
今年は秋色の風景の準主役になるのでは。


ルドべキア・ヘンリーアイラーズは小さなシードヘッドが可愛らしい


ルドべキア・フラダンサーは夏からすでにシードヘッド状態なので、秋が深まる前にポロンと落ちそうです。


オレガノ・ヘレンハウゼンのシードヘッド。

キバナコスモスは星形。
種が服によく引っ掛かります。


ハマナスのローズヒップは、早く色付いた実はすでに黒くなりました。


今年はスズランにも実が幾つか付きました。
今は一つだけ残っています。

シードヘッドを付けると株が弱ります。
種を付けるだけのエネルギーを使うと、宿根するエネルギーが削がれるものね。
昨年沢山シードヘッドを付けたルドべキア・タカオは枯れてしまいました
元来丈夫な品種のはずだから、そのせいだけではないと思うんですが、中には心配な植物もあります。

でも、華々しいだけが庭じゃない

植物の一年を目に焼き付けたい、との思いもあるし、それが自然の姿で、それが四季であり、庭であり、人生だと思うんですよ。

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買い足した秋の可愛い一年草 | トップ | 秋に返り咲く花たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。