OUR HOME ISLAND - いおうとう(硫黄島)

戦前に在住していた島民が、戦後の小笠原返還後も故郷に帰ることが許されていない硫黄島についての情報発信をいたします。

2016年小笠原村硫黄島慰霊墓参(181)貨物廠の壕の入口

2016年10月19日 | 硫黄島・小笠原村
この貨物廠も硫黄島の北部にあります。写真は貨物廠の壕の入口です。この壕には中に入って見ることはできません。
激戦で日米両軍に多数の死傷者が出た硫黄島でしたが、将校や兵士だけでなく、硫黄島に戦前在住していて強制疎開で本土に戻ることができずに、硫黄島に残らされて軍属として、犠牲になった島民が80余名います。(Wikipedia等では82人となっていますが、数え方が複雑であることから、80余名とあえて示されている場合があります。)
その中の多数は、どこで最後を迎えたが分かっていませんが、島の中央部に近い、釜場という場所で軍属として作業をしていたことが分かっています。一方で、こちらの貨物廠の方は、10数人がここにいたことが分かっていて、その方たちのお名前が確認できていて、おそらくこの貨物廠が最後の地であっただろうと考えられています。
一つの壕を長い時間をかけて見学できる行程にはないっていません。
この貨物廠は、ここにいて犠牲になった方のご遺族が、私たちの一行にいて、ペットボトルからお水を捧げてお祈りをして、声をかけたりする人たちがいるので、(もちろん、ここで犠牲者を出していない私たちも一緒にお祈りをします)なかなか、壕の前の場所が空かなくて、写真を撮るのが難しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年小笠原村硫黄島慰霊墓... | トップ | 2016年小笠原村硫黄島慰霊墓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。