ジョーの日記

米国生活28年目。日々の生活を写真と言葉で綴ります。

「僕が一番欲しかったもの」とミスターロジャースの言葉

2016-10-30 20:04:32 | 日記



                        



                        だいぶ前の曲だけれど、   

                        槇原敬之さんの

                        「僕が一番欲しかったもの」を聴いた。

                        あのように素直な心を

                        あのような自然な言葉に綴れるって

                        凄いな。

                        幸せってなんだろう?の問いかけに

                        優しく答えてくれるような

                        素敵な絵本ができそう。

                        昔、子供が小さい頃、

                        ミスターロジャースという子供番組の司会者が、

                        If you want to be truly happy,(あなたが本当に幸せを感じたいなら)

                        do something for someone else.(他の誰かのために何かをしてください)

                        と言っていたのを思い出した。

   
            


                       
                          
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋。 | トップ | 昨日のオアフ島の風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジジイ)
2016-10-31 23:15:13
ミレーの風景画のようだね
(テキトーなことを言って)
この写真を見てると
かって日本人が洋画の勉強に
欧米へ出て行ったのが
わかるような気がする
じじいさん (ジョー)
2016-11-01 00:23:03
日が沈む時間に暗雲が空の半分を覆ってきたので
ちょっと不思議な色の夕景でした。
ミレーの絵を彷彿とさせるような色合いかも。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事