きらめき便り

石原 条 こんな感じでやってます。

感謝

2009年12月28日 | Weblog
平成21年の仕事納めの日を迎えるにあたり、あらためて市民の皆様方そして市内外の全ての関係者の皆様方にこの一年の御礼と感謝を申し上げます。
今年も多くの試練や困難がありましたが、全てのことを今後の糧としてみどり市発展のために取り組んで参ります。皆様方にとりまして明るく平成22年が良い年となりますよう祈念申し上げまして、今年最後のごあいさつといたします。
良い年をお迎え下さい。

尚、ブログも新年一月四日より再開いたします。

この記事をはてなブックマークに追加

持続可能

2009年12月25日 | Weblog
天皇誕生日である23日をはさんで、前日の火曜日は大間々庁舎での移動市長室であった。年の瀬も迫ってくると何となく気ぜわしくなってくるが、仕事は淡々とこなしていかなければならない。この日もお昼をはさんで群馬県農業共済組合の設立準備会が前橋市内の会場で行われ、夕方からというか午後7時からは、笠懸公民館において来年度予算編成に関連して補助金関係の説明を行った。この日は財政シュミレーションなど、みどり市の長期的短期的な財政検証などを行い、パワーポイントを使ってできる限りわかりやすい説明を心がけたがどうだったろうか・・・。また、この説明会は市民全てというわけではなく、補助金を交付している団体を対象とした説明会ということでご理解下さい。
そして、あらためて補助金や補助金交付団体について私の基本的な考えを述べますが、みどり市という末端自治体の補完的な役割や、協働・協調・市民参加などの点から考えても、存在意義のない補助金団体などはあるわけがないし、無意味な補助金などはないと考えます。

しかしながら、社会・世の中の仕組みの変化や国内外・市内外の経済情勢の変化、そして何よりみどり市自身の財政状況などを勘案すれば、このままでいいということは許されず、知恵や努力によってカバーできることはしていかなければなりません。そして、透明性を確保しながら、市民からみても納得できるような補助金制度の新たなシステムを構築するため、全員で協力をし合っていきたいと考えています。この時期できることならクリスマスプレゼントを送りたいところであるが・・・でも、上を向いて前を向いていきましょう!

みどり市“持続可能”な行政を目指します!

この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス

2009年12月24日 | Weblog
今年もクリスマスがやってきました。フィンランドやノルウェーを出発したサンタクロースは、トナカイのソリで、もう皆様の家の近くまできていることでしょう。毎年のことですが、ニューヨークサン紙の記事を本日のブログといたします。

サンタクロースはいるの?
(今から100年前に米国の新聞に載ったお話です)
ニューヨークサンへの 手紙

ニューヨークサン紙 1897 サンタクロースはいるの?

私は8歳です。 私の友達はみんな「サンタなんていない」っていうのです。
私に本当のことを教えて。
私のパパにきいてみたら 「サン紙にきいてごらん。新聞がいるっていえばいるんだよ」
っていいました。
教えてください。サンタクロースはいるのですか?
バージニア オハンロンより

「バージニアへ」
あなたの友達はまちがっているよ。
その友達たちは疑い深い人たちの影響をうけているんだよ。
彼らは自分の目で見たものだけしか信じられないんだね。
彼らはよくわからないものは存在しないって考えているんですね。
でもね、バージニア、人間のわからないことなんて大人にとっても子供にとってもたくさんあるのです。
この大きな宇宙の中では 果てしなく広がる世界に比べたら、人間なんてほんのちっぽけな ありみたいなものなのです。
すべての真実や知識をつかむ力なんてないんだよ。

そう、サンタクロースはいるんだよ。
この世に 愛 思いやり 一生懸命さがあるのと同じように 彼は 確実に存在しています。
そして それらはあなたたちの人生を 楽しく美しいものにしてくれてるよね。
だって、サンタクロースがいない世界なんて想像できるかい?
なんて つまらない世界だろうね。 バージニアがいないこの世界くらい つまらないものになっちゃうよ。
そこには 人を信じる心も 詩も 愛もないんだよ。自分の見たもの 体験したもの以外 喜びも存在しないんだ。
子供時代をあかるく照らしてくれる 明るい光はきえちゃうんだ 。
サンタクロースを信じない? 妖精たちを信じないほうがまだましさ。

君たちはきっと クリスマスイブの夜に 煙突っていう煙突を サンタを捕まえるために パパにたのんでみるのかい?
でも、君たちが、サンタが降りてくるのをみなかったからって それがサンタクロースがいないっていう証拠になるの?
誰もサンタをみたことがないんだよ。
でも、それが サンタなんていないっていう 証拠にはならないよね。
世の中で ほんとに 本当のことって 子供も大人もみたことがないものなんだよ。
君は お庭の芝生の上で 妖精たちがおどっているのをみたことがあるかい?
きっと ないよね。 でも 妖精たちがそこにはいないっていう 証拠なんてないよね
世の中で 見えない見ることのできないものを誰も 考えたり、想像したりできないんだよね。

君は 赤ちゃんの ガラガラをこわして 中で何が音をたてているのかみたことはあるかい?
どんなに強い男の人だって いや この世で一番の 百人力の男が 何人力を合わせてもこじあけて中を見ることのできない ベールでおおわれた見えない世界があるんだよ。
人を信じる心 詩 愛だけが そのカーテンをあけて 不思議な美しいきらきら輝くものをみることができるんだよ。
それが みんな本当のものかって?
あのね バージニア この世界には 本当で永遠につづくもの以外他には何もないんだよ。

サンタクロースなんていない??
まさか! かれは ずっと ずっと永遠に生きているよ。
今から千年後 いや 一万年が10回きても 彼は子供たちの願いをかなえているよ 。
(フランスシス・P・チャーチ)

メリークリスマス!

この記事をはてなブックマークに追加

待ったなし

2009年12月22日 | Weblog
週末の続きをちょっと・・・
土曜日は大間々消防団第5分団の詰所の竣工式が行われ、続いてパルで恒例となった陸上自衛隊中央音楽隊のみどり市演奏会が行われた。そういえば、過日の国の“仕分け作業”ではこういった催しについて議論を交わしている映像が出ていたような・・・それにしても、この陸上自衛隊の中央音楽隊の演奏は聞いてみる価値が充分すぎるほどあり、音痴な自分にもそのすばらしさとすごさが体感的に伝わってくる!(音痴は関係ないかな)

また、日曜日は夕市に久しぶりに顔を出したが、これをもってみどり市内で開催されている“市”は今年度としては全て終了となり、来年4月からのオープンまではちょっとの間冬季休業となる。

週明けの月曜日は行政改革懇談会の意見書提出を正副会長から受けた。みどり市においても行政改革は待ったなしであり、この日の意見書も正面から受け止めて今後の糧にしたいと考えている。また、夕方からは桐生ロータリークラブの家族合同忘年クリスマス会にお伺いし、少しの間だけですが楽しい時間を過ごした後、お正月の風物詩となったニューイヤー駅伝の準備としてのボランティア整理員の説明会に出席し、あらためてボランティアの皆様への感謝を述べ、大会の無事成功を祈念させていただいた。

ところで、このニューイヤー駅伝を正式名称で書くと、“全日本実業団対抗駅伝競走大会”と、舌をかみそうな長い名称となる・・・
お正月レースを楽しみにしていますので、選手の皆様のご健闘を祈念いたします。
“ガンバレ、富士重工”

この記事をはてなブックマークに追加

日夜

2009年12月21日 | Weblog
先週末は年末特別警戒ということで、みどり市を管轄する桐生、大間々両署の管内で一斉取締りが行われた。私は大間々署に伺い、あらためて現場の一線で働く警察官の皆様に、市民を代表して激励をさせていただいた。

県議時代から数えると、もうかれこれ16回目となるが、毎年この時期の夜の取り締まりは、寒さはもとより、想像以上の苦労があると感じる。もちろん、夜間がゆえにその危険度も増すわけで、「県民の安全と安心のために」とは言うものの、その実現に向けての努力は地味ではあるものの、まさに命懸けである。ただあえて言えば、ひとつだけ16年前と変わったことがある。それは夜の外気温である。自分の記憶では、十数年前は警戒中の交通取締りの現場へ行くと、コートは着ているものの警察官用のプロ用の完全防寒着ではないせいもあり、10分も立っているとすぐに身体の芯まで凍てついてしまったが、最近ではこんな日はめずらしいくらいで、さすがにコートは着るが10分もいられないということはなくなってきたと感じ、これも地球温暖化が進行しているからなのかなぁと思ってはみるが・・・それに、この前見た記事には、地球の温暖化と犯罪の発生率は比例するという、にわかには信じがたいデータがあった。ということは・・・

それにしても、群馬県民の安全・安心を守るために、まさに日夜職務に励んでいる警察官の皆様に心からの御礼と感謝を申し上げます。
年末・年始もよろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

タレント揃い

2009年12月18日 | Weblog
週末というわけで、ちょっとざっくばらんなフランクリートークを・・・
先日の群馬テレビとの新春番組の収録が終わって、スタッフの皆様とコーヒーブレイク中の会話をちょっと・・・テレビつながりで、この日の朝のニュース番組でも放送していた銀座に出店した“アバクロンビー&フィッチ”、いわゆる“アバクロ”の話になって、「実を言うと、オレもこっそりネットで先日“アバクロ”のパンツとジャンパーを買ったんです!」と言ってしまった・・・なぜ買ったかと言うと、シェイプアップでかなり体型も変化したからチャレンジしてみたかったというのが理由で、当然この会話の前段で「市長、痩せました?」という、うれしい質問を受けての会話である。7~8人もいたせいか、次々と話題も変わり、国政レベルのちょっとカタめな話から趣味の話まで、そんなに長い時間ではないが、楽しい時間を過ごすことができた。

フランクリートークついでに、この日のインタビューアーは福田友理子アナで、出身は川越市だそうである。川越といえば“うなぎ”をすぐに連想し、何年か前に行った老舗のうなぎやさんを思い出し、「うなぎが有名ですよね?」と聞いてみたが、反応薄だった・・・それにしても、群馬テレビはタレント揃いである!前回のインタビューアーだった三隅アナは“滝川クリステル”に似ているし、今回の福田アナも・・・と思って、調子にのって「誰かに似ているって言われますか?」と聞かせてもらったら、「リア・ディゾン」という答えが返ってきた。これ以上のフランクリートークはいたしませんが、御用とお急ぎでない方は群馬テレビのニュースでキャスターとして活躍をしている「リア・ディゾン」を見てはいかがでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

酒席

2009年12月17日 | Weblog
本日をもって12月定例会が終了した。一昔前なら師走の意味通り、議員の方々も年末のごあいさつ回りに東奔西走の日々となるが、最近はお盆や年末年始のごあいさつもとても簡素化し、そうそう“師走”ということでもないようである。こういう私自身も県議になりたての頃はこの時期になるとあいさつ回りにあけくれていたが、このところは社会そのものの変化もあり、そんなに忙しく走り回ることもなくなった。そうはいっても個人的なおつき合いなどは失礼のない程度にさせていただいているが、“立場”としてのごあいさつは、する方もされる方もめっきり減ってきた。

ところで、昨日は議会の合間を縫って群馬テレビの「12市長新春に語る」という企画モノの収録をした。 内容は“一年を振り返って”や“新年の抱負”的な番組編成で、いわゆる“お正月番組”ということである。放映日時などは決定次第お知らせいたしますので是非ご覧下さい。

また、この日は夕方から笠懸ライオンズクラブの家族クリスマス会と医療法人の忘年会があり、それぞれの会場にお伺いし、ごあいさつをさせていただいた。そして今日もこれから桐生法人会大間々支部の懇親会に、お伺いする予定である。これからは忘年会シーズンも佳境に入り、公私共に酒席に出る機会も増えるが、酒の飲めない私が言うのも何ですが、飲みすぎ食べすぎには充分注意して楽しい年末を過ごしてください。

そして、何があっても飲酒運転だけは絶対にしてはいけません。絶対にダメです!

この記事をはてなブックマークに追加

説得力

2009年12月16日 | Weblog
議会中ではあるものの、お昼休みを利用して桐生市に向かい「みどり市の財政状況」とちょっとカタめなお題目で卓話をさせていただいた。この卓話は桐生赤城ロータリークラブの定例会の中でお時間をいただいたもので、題目どおりみどり市の財政について数字を示しながら説明をしたが、私のつたない説明がうまく伝わったかとても心配である・・・。

また、この日は東庁舎での移動市長室もあり、桐生赤城ロータリークラブでの卓話が終了すると直ぐに北へと車を走らせた。東町にはこのところイベントで週末には必ずといっていいほど来ているが、一ヶ月ぶりの移動市長室の窓から見える木々の葉や山の色もすっかり冬仕様になった感がある。

もっとも先週行われた、「わたらせ渓谷鐵道イルミネーション点灯式」では、会場が沢入駅ということもあり、東庁舎のある花輪からの標高差は約150m~200mもある。温度差にして2℃位あるのでまた違った景色になる。特にこの時期、みどり市の最北部(栃木県日光市足尾との境界)の沢入地区から最南部である太田市薮塚町との境界まで行ってみると、びっくりするくらい体感温度や風景が違う!

どのくらい違うか数字で示しても伝わりにくいので、御用とお急ぎでない方は是非体験して下さい。“そうか!・・・”こういう体験ツアーを企画してみようか!
どんな理屈より五感をもって体験することが一番である。

この記事をはてなブックマークに追加

低炭素社会

2009年12月15日 | Weblog
定例会も後半に突入し、議会も本会議場から委員会室に場所を移し、各常任委員会で白熱した議論が交わされているようである。“・・・ようである”と表現したのは、それぞれの常任委員会には特別な事業や要請がない限り市長の出席はない。これはみどり市に限ったことではなく、群馬県や県内各市においても同じで、それぞれの首長たちは委員会への出席は“原則なし”となっている。そうはいっても、各常任委員会の審議内容はとても重要なことばかりなので、きちんと委員会終了後の報告は、臨場感を含め受けている。

ところで、昨日は新年度に向けた新政策の打ち合わせを兼ねて研究をした。新政策の内容は、地球環境や温暖化に配慮し、みどり市としてできる環境政策としての低炭素社会実現に向けた取り組みであり、具体的な話は今後詳細が決定次第、発表したいと考えている。

また、この日は東京電力の支社長さんがお見えになり、電力需要のレクチャーを受けた。当たり前の話であるが、電力需要は明らかに夏よりは減るが、冬場の厳冬期もそれなりに需要は上昇する。特に最近は、オール電化の家庭も増えていることも一因らしいが、夏期同様に節電には心がけたい。そういえば、夏休みにお伺いした新潟県柏崎の原子力発電所はどうなっているのだろうか?地球環境の保護や温暖化防止、そしてCO2の削減などが叫ばれている昨今、再び原子力が注目されているというが、安全で安心、そして安定した電力の供給を心からお願いするのみである。東電さん、よろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

冷気

2009年12月14日 | Weblog
全18名の議員からの本会議一般質問も終え、ちょっと一息といった感じであるが、週末の金曜日は今年最後となるFM桐生での録音となった。それと、実を言うと諸事情により来年の春まではちょっと出演をセーブさせていただくこととなりましたのでご承知おき下さい。ちなみに、ネガティブな理由ではなくて“政務上の都合”ということでお察し下さい。そんなわけで楽しい録音も終わり、今年最後のリクエスト曲は、特に理由はないがポルノグラフィティの“アポロ”とした。ベタベタながら山下達郎の“クリスマスイブ”もいいのだが、Podでこのところ個人的によく聞いているので・・・。

またこの日は、熊本県芦北町より竹町長さんがお見えになった。芦北町とは富弘美術館の姉妹館があるというご縁で交流をさせていただいているが、過日、熊本市で開催された全国市長会の際お邪魔をさせていただいて以来である。夕食もご一緒させていただきとても楽しい時間を過ごすことができた。

土曜日は終日、政務関係の日程だったのでここではオープンにできませんが、日曜日は今年最後となる岩宿の里ふれあい朝市に顔を出し、そのままトレーニングセンターで汗を流し、ちょっと寒かったが久しぶりに愛馬にまたがり、そんな遠くないところまでひとりでショートツーリングを楽しんだ。さすがに完全防寒対策はしているものの針の穴も見逃してくれない冷気は、全く容赦なく吹きつける。こんな時はバイクを停めた自動販売機の前で飲むあたたかい缶コーヒーが何倍もおいしく感じる。

この記事をはてなブックマークに追加