きらめき便り

石原 条 こんな感じでやってます。

恒例

2009年11月30日 | Weblog
先週は連休のせいで5日間ではなく4日間の通常勤務だったせいか、あっという間に週末を迎えてしまった感がある。あらためて一週間をザッと振り返ると、本日から始まる議会定例会の準備を中心に、会議としてはわたらせ渓谷鉄道取締役会をはじめ、桐生地域保健医療対策協議会、そして講師として招かれた行政書士会桐生支部の研修会では「市の現状と課題」と題してお話をさせていただいた。また市内では14人目となる100歳の誕生日を迎えたおばあちゃんのところへ慶祝訪問もさせていただいた。ちなみに、今回100歳を迎えた方も女性ということで、みどり市の100歳以上の方は全員女性のままである。

週末は笠懸グラウンドゴルフ協会主催の大会や群馬県小中特別支援学級PTA大会みどり大会、それにみどり市スポーツ少年団交流交歓会などにも顔を出し、ごあいさつをさせていただき、日曜日の夕方からは毎年恒例となった感もあるわたらせ渓谷鐡道大間々駅舎のイルミネーション点灯式に参加をし、カウントダウンで点灯スイッチを押してきました。わたらせ渓谷鐡道全線の主要駅のイルミネーション点灯式は来週なので、またあらためてレポートいたします。何となく年の瀬を迎え、せわしなくなってきたような感じもするが、できるものならあせらずゆっくりと年末を過ごしたいものである。

さぁ、今年最後の議会がはじまりました!心身共に健康に気をつけて、臨んでいきましょう!

この記事をはてなブックマークに追加

ビンゴ

2009年11月27日 | Weblog
こんな経験をした・・・ビジネスシーンでのひとコマ・・・
県内では“超”が付かないまでも有名な企業の社長さんとお話をする機会があり、もちろんビジネスモードでしっかりと仕事をさせていただいた。仕事の話も一段落し、ちょっとプライベートモードでお話をさせていただいていると、お互い何となく気が合ってしまったようで、「今度は仕事の話は抜きで・・・」ということになり、ケータイの番号を交換していると、「ん?どこかで見覚えのある番号だなぁ・・・」と電話番号を確認してみると、○○○△△△△×××7 ん?ん?ん?「あっ!オレのプライベートケータイの番号と末尾が1番違いだ!」ちなみに、私のケータイは○○○△△△△×××6である・・・こんな偶然ってあるのだろうか。日本中には数え切れないケータイがあって、その中で1番違いのケータイの方とお会いするなんて・・・しかも同じ群馬県で・・・まさに宝くじに当たったような感覚で、まさしく“ビンゴ”である。

よく偶然にディズニーランドでお会いしたとか、○○駅で・・・などはある程度必然性もあるように思えるが、ケータイの連番の方とお会いする確率は、果たして何倍くらいになるのだろうか。こんなことを書いていたら何となく、年末ジャンボ宝くじでも買ってみようか、という気分になってきた。今年は11月24日(火)~12月22日(火)までが発売期間だそうだ。・・・連番ということで、“バラ”を買わずに“連番”を大人買い?でもしてみようか?

この記事をはてなブックマークに追加

情報提供

2009年11月26日 | Weblog
「みどり市はもう暖房を入れてるの?」・・・こんな質問を先日、亀山桐生市長にされたので、「ええ、もちろん寒い日には・・・」と答えた。何でだろう?と思い「桐生市はまだ入れていないのですか?」と逆に質問を返したところ、「えびす講がはじまるまでは入れないんだ」との答え。「へぇー」とうなずきながら、そういえば桐生市民(広域市民)は秋と冬の境界を“えびす講”を基準としていることを思い出した。地元の方の昔話を聞かせていただいた時には「こどもの頃は、手袋や靴下が使えるようになるのはえびす講がきてからで、それまでは寒くてもその寒さをこらえながら遊んでいたんだ・・・」という話も思い出した。何とも言えず、その風景が思い浮かんでくるような風情のある文化というか、習慣である。

ところで、今年のえびす講は近年になく寒く、久しぶりにえびす講らしい天気である。今年は残念ながら娘からもデートに誘ってもらえず、ひとりでちょっと覗いたくらいであったが、それでも雰囲気はたっぷりと味わってきた。それにしてもえびす講に毎年来るたびに思うことがあるが、自分が子供のころ当時のえびす講には屋台の商品や口上など今では見られなくなったもので子供の興味をそそるものがたくさんあった。時代の変遷の中で様々な要因の中、消えてなくなってしまったのだろうか?それとも日本のどこかで未だに営業を続けているのだろうか?それにしても、就学前後の幼い頃のうっすらとした感覚をこの年齢になってもう一度ワクワクした気持ちで味わってみたいと思うが・・・誰か情報がありましたらご提供をお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

新車輌

2009年11月25日 | Weblog
三連休明けの火曜日は、移動市長室で大間々庁舎勤務であったが、ちょっと早めに車に乗り込み薮塚まで行き、薮塚台地土地改良区の視察研修旅行のお見送りをし、そのままトンボ返りで大間々庁舎へ向かった。この日はいよいよ来週から始まる定例議会を前に議会運営委員会が開催され、今年は12月ではなく11月30日から開会されることとなった。
その前後には職員を対象に外部講師を招いてのコンプライアンス研修を行い、前段であいさつをしたが、こういった研修で“職員力”のUPにつながれば、市民にとってもプラスになることなので、これからも機会あるごとにこういったチャンスを創出していきたいと思っている。

また、火曜日は午後からわたらせ渓谷鐵道(株)の取締役会が開催された。厳しい状況は相変わらずであるが、社長を先頭に営業をし、各種イベントの積極的な参加や新聞・テレビ・ラジオ等への対策をきめ細かく行うなど会社・地域が一体となって頑張っており、今年度中には新車輌も購入予定である。皆様も是非わたらせ渓谷鐵道を応援してください。これから冬にかけても様々なイベントなどを開催し、皆様から愛される鉄道を目指して頑張ります!

そして、夕方からは先般行われた桐生地方卸売市場まつりの反省会に顔を出し、その後ちょっと定時には遅刻してしまったが、長男の通う中学校へ父親として、これから行われる予定の校内マラソン大会のお手伝いの準備会議に出席し、大会当日の“トン汁”係の手伝いの打ち合わせをしっかりとしてきた。
それにしてもインフルエンザの影響が心配である・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

目は口ほどに・・・

2009年11月24日 | Weblog
この3連休は寒暖の差が大きく、体調管理が大変だった。我が家は受験生と部活動の真っ最中のこどもたちがいるので、例年以上に気を使っている。もちろん、自分のからだや健康管理は自分できちんとしなければならず、私自身も先月にはきちんと季節性インフルエンザの予防接種を受けてきた。

うがいと手洗いも、外出から帰ってきた時や不特定多数の人が集まる会議の終了後なども習慣づけてしている。本来ならばマスクも着用しておきたいところであるが、仕事柄マスクをつけての応対はちょっと難しい・・・顔の半分以上もあるようなマスクをつけている人たちと会議をする場面もこのところ増えてきたが、ことわざには“目は口ほどにモノを言う”と言われるが、顔全体を見て目を見れば何となく雰囲気や心情が伝わってくる場面もあるが、顔の半分をマスクで覆われてしまうと、さすがに私の経験だけでは“目は口ほどにモノを言う”わけにもいかないし、口をふさがれているだけに何となく発言も減ってしまい、“活発な議論”というわけにはいかなくなるようだ・・・そうはいっても、人として生活している以上、コミュニケーションは重要だし、ましてや会話をしないでずっと沈黙を続けるなんて・・・

とにかく、これからがインフルエンザを含めたカゼのピークがやってくる。自分を守るのは自分であることはもちろんのこと、他人に迷惑が及ぶような行動も慎まなければならず、ちょっとでもおかしいと思ったらすぐにからだを休め、大事に至らないようにすることが肝要である。

この記事をはてなブックマークに追加

軍鶏(しゃも)

2009年11月20日 | Weblog
とある秋の日の東京出張での群馬銀行東京支店への訪問のつづき・・・
旧友との話も終えると、ちょうどお昼近くになっていたので食事でもしようと思い、外に出てみると、「日本橋」という住所表示プレートを見て、突然「そうだ、日本橋といえば“玉ひで”の親子丼だ!」と勝手に思い込み、玉ひでに向かった。皆様も知っているかもしれませんが、玉ひでは日本橋人形町にあって、宝暦10年(1760年)の開業で、250年を超す老舗の鳥料理専門店で、中でも“親子丼”の発祥店である。谷崎潤一郎の随筆にも登場するなど、多くの文人墨客に愛された店でもある。

私がこの玉ひでに初めて食べにいったのが学生時代で、当時アルバイトをしていたガソリンスタンドの先輩に連れていってもらった。普段は、お昼頃になると玉ひでの前に長い列が出来て、通常30~40分待ちになる。ここに限らず、行列に並んで待って食べると、普段よりもおいしく感じるというが、そんなことは関係ないくらい玉ひでの親子丼は“うまい!”鳥、卵、ごはん、割下・・・そしてその風情を含め、つたない自分の経験からもナンバー1の親子丼である。もっとも、玉ひでの親子丼といっても決して超高級品というわけではなく、お昼であれば「そぼろ親子丼」なら800円、定番の「元祖親子丼」でも1,500円から食べられる。味の説明はしようがないので、よろしかったら一度食べに行ってみて下さい!

それにしても、久しぶりに食べたが相変わらずおいしかった!「おかわり!」・・・

この記事をはてなブックマークに追加

バッサリ

2009年11月19日 | Weblog
12月議会を控え、補正予算の財源検討などの作業に入ったが、みどり市に限って言えば額的にもそう大きなものはないといった状況である。しかしながら、過日答申を受けた補助金交付についての検討をした。補助金等検討審議会の答申を尊重することはもちろんのことで、現在国で行われているような「仕分け作業」的に見えるかもしれないが、一律“バッサリ”というわけではなく、それぞれの状況を考慮しながら、市長としての最終決断をしていくつもりである。

また、この日は前橋気象台の台長さんがお見えになり、今後の地域天気予報のあり方などの説明を受けた。この説明の中でびっくりしたのは、最近の“ゲリラ豪雨”に象徴されるような集中豪雨が20年前と比べ、約1.5倍に増加しているということであり、山間地、急傾斜地、河川はもとより、平野部でも場所によってはとても水はけの悪い地域を早く正確につかみ、それを的確に市民に伝え、対応ができる体制をきちんと構築していかなければならないと感じた。

また、この日はみどり市の歌の歌詞選考委員会も開催され、市内外からもたくさんの応募をいただきました。ここにあらためて感謝を申し上げます。この日より選定に入りましたので、みどり市の歌の歌詞が決定いたしましたら、あらためてご報告させていただきます。

ところで、移動市長室で東庁舎に来ているが、この辺りの紅葉もちょっとピークを過ぎた感はあるが、それでも色づいた木々が目を楽しませてくれる!

この記事をはてなブックマークに追加

nano

2009年11月18日 | Weblog
デジタルモノの大好きな自分であるが、いつもはモノ系の雑誌やネットでスペックを比較するくらいで実際に買うことはあまりなかったが、遅ればせながらiPodを買ってしまった。前々から欲しい欲しいと思っていたが、なかなかきっかけがないうちに5G(第5世代)までいってしまっていた・・・。自分が購入したのはiPod nanoというタイプで、これがまた使っているとすごく面白いし、価格は15,000円くらいしたが、値段以上に性能がイイ!特に、動画をダウンロードして楽しめるのはとてもイイ!なつかし系の動画などを思いついた時にダウンロードして楽しんでいる。もちろんCDからダビングしたお気に入りの曲は約900曲に達しているが、まだまだ容量も残っていて余裕がある。それにこのiPod nanoはビデオ機能も搭載している!実際に動画をダウンロードしてうまくいった時には、思わず“スゲェ!”と叫んでしまった。

というわけで、自分のiPod nanoにはレンタルDVD店にも絶対にないような動画がたくさん入っている・・・。何が入っているかは秘密であるが、こどもの頃に見たアニメや青春ソングなどである。そしてこのiPodは車や電車の中で移動の時に聞いたり見たりしているが、周りのこともあるのでボリュームはかなり小さくしている。それにグリーンアリーナでのトレーニングのときもそれらしく音楽を聞きながら汗をかいている。何か商品説明になってしまったが、予想以上に利用価値があって楽しんでいるので、自分としてはB/C(費用対効果)はものすごくあったと感じている。それに先日は愛馬のMT01にiPodを装着し、車載カメラ仕様にして撮影してみたが、思った以上に画像もよく臨場感もたっぷりあった!
そうだ、この画像をYou tubeにupしてみようか?

この記事をはてなブックマークに追加

八重洲口

2009年11月17日 | Weblog
とある秋の日の東京出張でのこと・・・
この日の仕事は国会周辺での活動ではなく、東京駅を挟んで八重洲口と丸の内口の両方を行ったり来たりであった。ということは、民間企業へのロビー活動ということである。その仕事の合間を縫って・・・というか、仕事のうちに入るかも知れないが、八重洲口から歩いて5分足らずの群馬銀行東京支店にお伺いをした。地番は中央区日本橋ということであるが、まさに東京駅の目の前であり、日本の一等地である。恥ずかしながらここに群馬銀行が、しかも自社ビルを構えているなんて知らなかった・・・1Fにはコンビニが入っており、2F~6Fまでは群銀のフロアーになっている。ただ、東京駅の目と鼻の先といっても、一本路地を入ったところはちょっとイメージが違い、雑居ビルや飲食店が建ち並んでいる。

ところで、群銀に行った理由は同級生に会うためである。過日、群銀大間々支店に赴任した支店長と雑談をしていると、旧友の懐かしい名前が出てきたので、早速その場で電話をかけて「そのうちに行くからな!」という約束を果たすべく、この日の訪問となった。本当に久しぶりであったが、そこは旧知の仲なのですっかりタイムスリップして楽しい時間を過ごさせてもらった。年齢からいえばそろそろ中堅から幹部になる時期で、彼も支店の中核としてすっかり銀行マン然としていたが、こうして顔を見て話をすると、お互い同級生ということだけで他には何も気兼ねがない。
あっ、そうそう、仕事の話も“きちんと?”してきましたので!

この記事をはてなブックマークに追加

花も団子も

2009年11月16日 | Weblog
先週ちょっと駆け足でお伺いした老人会旅行の筑波山は、雨は降ってはいたものの思ったよりは寒くなく、体温の高い自分にはちょうどいい気温であった。筑波というと個人的にはどうしても“筑波サーキット”を連想してしまう。学生時代はよく友人のバイクレースの応援にも行ったが、こうして筑波山を見たのも久しぶりである。

また、週末もイベントが盛りだくさんで、納税表彰式や大間々美術協会主催のチャリティー作品展、富弘美術館の開館20周年記念事業のキックオフコンサート、地元病院の開院25周年記念式典と祝賀会、そして日曜日はスケジュールの都合でちょっと顔を出す機会が久しぶりとなった花輪駅朝市にお伺いし、そのまま桐生市新里地区の産業祭におじゃまをさせていただき、つづいて桐生市文化会館で行われた環境保全ポスター展の表彰式に臨んだ。そして夕方からは前橋に向かい、昔から大変お世話になっている方の叙勲のお祝いにお伺いさせていただいた。

“実りの秋”という言葉どおり、みどり市内はもとより桐生広域圏内各地においても“産業祭”という題名でその土地の農産物をはじめ、旬なモノが色とりどりに並べられ、広域市民の味覚や視覚を楽しませてくれている!もちろん“芸術の秋”でもあるので、同じように各地で市民芸術家のすばらしい作品がこれまた市民を楽しませてくれている。“花より団子”か“団子より花”かは何ともいえないが、いっそのこと“花も団子も”全部五感を使って楽しむのは欲張りというものだろうか・・・?

この記事をはてなブックマークに追加