きらめき便り

石原 条 こんな感じでやってます。

行く人

2009年03月31日 | Weblog
昨日の月曜日はみどり市社会福祉協議会の理事会、そしてわたらせ渓谷鐡道(株)の取締役会などの年度末の会議に出席をした。そして、いよいよ本日は年度末となり、退職者への辞令交付式に臨んだ。市長に就任してから=みどり市誕生してから、3度目の“卒業式”となる。長い方は約40年以上も勤務したこととなり、私には伺い知ることのできない、とてもたくさんの深い様々な思い出があることだろう。もちろん定年前に退職する方もいるので、全員が60才ではないが、以前にも書いたようにお世辞1割本音9割で、皆様まだまだ若いし、このままリタイヤしてしまうのは本当にもったいないと思う。中央省庁のようないわゆる“天下り”とは全く無縁な弱小市ではあるが、有能な人材なので、希望があればいつでもご紹介いたしますので、採用予定や希望など関心のある企業はご一報下さい!いずれにしても、長きにわたりみどり市民のためにご活躍されたそのご苦労に感謝し、併せて願わくばこの職場を離れてもたまには顔でも出していただき、我々にアドバイスをいただければと思っています。
“本当に長い間ご苦労様でした。そしてありがとうございました。”

あっ!そういえば我が家のこどもたちもいよいよ来年から学年が変わると、それぞれ中3・小6という最高学年となる。今から心配してもしょうがないが、来年の卒業式はどうしようか。妻と手分けをしようか・・・と思っていたら、例年午前中は小学校・・・じゃなかった、そもそも卒業式の日が違っていた・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

20周年

2009年03月30日 | Weblog
ちょっと駆け足になってしまったが、25日~28日までの4日間、5会場にわたるタウンミーティングが終了した。充分な説明ができたかは少し心配ではあるが、自分なりにパワーポインターを使いながら、わかりやすい言葉で、わかりやすく説明をさせていただいたつもりなので・・・。

ところで、同じく週末の金・土曜日は市内6ヶ所の保育園での卒園式が行われ、いよいよ来月からは卒園児もピカピカの一年生である。我が家もつい先日のような気がするが、あっという間に中3と小6になってしまった・・・。
また、金曜日は第3回目となるみどり市表彰式が行われ、合併前の町村時代も含め、市に対し功績のあった方々の表彰を、心を込めてさせていただいた。土曜日はわたらせ渓谷鐵道の開業20周年の記念式典が大間々駅で開催され、あらためてわたらせ渓谷鐵道の存続に向けた全ての努力を誓った。その後は、タウンミーティングの合間を縫って同じく20周年を向かえた桐生市体育協会の祝賀会に顔を出した。

ところで、休日や祭日でもタイトにスケジュールが入っている時は、それなりに自分自身の気持ちのモード切り替えもスムーズにいくが、いちばん困るのが朝と夕(夜)のスケジュールがあるものの、昼間の時間帯のスケジュールが抜けている時である。ウィークディなら役所内で過ごせるが、個人事務所も休みであり、書類等の整理といっても基本的には結構マメにしているので、そう何時間もつぶせない!ましてや朝8時30分からのイベントの後は夕(夜)の6時30分からの会合まで何も入っていない時などは、「どうして過ごそうか?」と困ってしまう!遊びに行くといってもそう遠くまでは行けないし、何といっても前後に仕事が入っていると、“遊びモード”に気持ちを切り替えることはちょっと難しい!それに、思い切り遊ばないと楽しくない!誰かいい方法があったら教えて下さい!

この記事をはてなブックマークに追加

岡公園

2009年03月27日 | Weblog
書き忘れたわけではないが、去る15日の日曜日に、桐生市内にある桐生が岡動物公園の55周年を記念する行事が行われた。みどり市を含む桐生広域圏に住む者にとっては、幼稚園・保育園・小学校と必ず何度かは遠足や郊外学習などで訪れており、通称“岡公園”として桐生広域市民から親しまれている。こういう自分も生まれて記憶のない頃からもう何度となく訪れて、55周年という長きにわたり、3代4代に至るまで、数え切れない思い出を提供してきたのである。
55年前の桐生市といえば、戦後の高度成長期へさしかかるところで、伝統的な繊維産業を中心に全盛期を向かえ、こうした背景のもと全国の10万人規模の自治体では、とてもマネのできないような動物公園をつくったのである。

そう思いをはせると、当時の桐生の“粋”というか、文化度の高さをあらためて感じる。私自身も親に連れられて行った“岡公園”に、今度は自分が親となってこどもと手をつなぎながら行ったし、いつかは孫を連れて行く日がくるのだろう。ライオンやゾウやキリンなど、遠くの動物園に行かなくても、こんな身近に見られるなんて、とても幸せであり、しかも入場料が無料である!何かこんなことを書いていたら、お弁当でももって、ゆっくりと春の陽ざしをあびながら岡公園に行きたくなってしまった・・・。もうこどもたちも一緒には行ってくれないだろうし、ひとりでさみしく行くのも・・・。まぁ、そんなことにはこだわらないで、ブラっと散歩にでも行ってみようか?どうです?皆様もたまには岡公園で楽しい時間を過ごしてみては?

この記事をはてなブックマークに追加

無意識の意識

2009年03月26日 | Weblog
議会開会中は、基本的には歩いて大間々庁舎の議場へ直接向かうが、この日の朝はちょっとした失態をしてしまった。通常どおり起床をして子どもたちを送り出した後、何の違和感もなく愛車に乗り込み、通いなれた道を笠懸庁舎へと走らせ、気持ちよくFMぐんまを聞きながら西鹿田の信号に差し掛かったあたりで、「あっ!今日は議会だから大間々庁舎だ!」ということに気づき、あわてはしなかったが朝の渋滞の中をUターンして大間々庁舎に向かった。時間にして約20~25分ぐらいだったろうか?・・・歩いていけば5分もかからない場所へ、車で20~25分の時間をかけ、しかもガソリンを使うという、とてもエコとはいえないことをしてしまった・・・さすがに最近はなくなったが、市長になったばかりの頃は、ハンドルを握って車を発車させていると、無意識のうちに前橋方面に向かっていたこともあったが・・・

いずれにしても、慣れというか、日々の習慣というのは恐ろしいもので、特に何か理由があるわけではないのだろうが、毎日の行動パターンの中で刷り込まれたイメージは、何かのキッカケで無意識のうちに行動に出てしまうのだろう。“なくてななクセ”というが、私も人のことは言えないほど“クセ”があるし、自分ではわからない“クセ”もあるのだろう。現在閉会中の議会ということで言えば、各議員の方々に質問の話し方をはじめ、質問の仕方にはそれぞれ“クセ”というか特徴がある。もうかれこれ2年間、3年間のお付き合いになるので、お互いの“クセ”や特徴は“言わずもがな”なのかも知れない。ただ、この“クセ”という言葉は、どちらかというとネガティブな意味で使われることの方が多いのだろうが、ポジティブな意味での“クセ者”は面白い!


この記事をはてなブックマークに追加

レッドカーペット

2009年03月25日 | Weblog
過日のアメリカ・ハリウッドでの日本映画でアカデミー賞を受賞した「おくりびと」と「つみきの家」には、あらためて心から拍手を送りたいと思います。ただ残念ながら、未だにスクリーンを見に行っていないので評論家じみたことは言えませんが、近いうちにはゆっくりと鑑賞してみたいと思っている。

そういえば、近頃映画館でゆっくりと映画を見ていないし、最も近いところで“戦国自衛隊”と、題名は忘れたが子どもの付き合いで行った“まんが祭り”系の映画ぐらいだ・・・前にも書いたかも知れないが、自分としては基本的には“アクション”ものが好みであるが、最近ではシリアスな社会派系のモノも見る機会が増えてきた(もちろん、DVDやテレビのロードショーなどで。)

ところで、あの“レッドカーペット”というのはどんな感触なのだろうか。レッドカーペットの上を歩く気分は一生縁がないと思うが、別の場所のレッドカーペットなら何度となく踏みしめたことがある。それはいわゆる日本語で言う「赤じゅうたん」で、国会議事堂や中央省庁の大臣室へのアプローチなどである。厳密に言うと、中央省庁の大臣室は確かにレッドカーペットであるが、国会議事堂内はオレンジカーペットと言った方がイイ感じである。もっとも踏みしめた感触はどちらも同じようで、目のつまった、そう毛足の長くない超高級そうなじゅうたんであることは間違いないが、できることなら一度は子どものように裸足で駆け回ってみたいし、寝そべってみたいが、こればっかりはかないそうもないなぁ・・・ちなみに、国会議事堂の真裏にある衆・参両院の議員会館の各議員の部屋へアプローチにはレッドカーペットはなく、新しくなった首相官邸はまだ一度しか行ったことがないので、よくわかりません!お笑いのレッドカーペットもイイかも?・・・

やったぜ!サムライ・ジャパン、おめでとうございます。

この記事をはてなブックマークに追加

ダブルヘッダー

2009年03月24日 | Weblog
本日は県内公立の小学校のほとんどが卒業式を迎え、わがみどり市でも10校の小学校で卒業式が挙行された。自分としても、ひとりでも多くのこどもたちの“巣立ち”に立ち会いたいところであるが、時間帯も重なりとても時間的・物理的に不可能なこと、それに以前にも書いたとおり厳粛な卒業式でも途中入場・途中退席では・・・という様々なことを考えた結果、今年は卒業式への出席についてはご遠慮させていただくことにした。もちろん、各学校には私の祝辞を送らせていただいたし、あらためてこの場を借りて卒業生ひとりひとりにお祝いを申し上げます。

「ご卒業おめでとうございます。いよいよ来月からは中学生ですね!とっても大切な時間を有意義に過ごし、たくさんの友達をつくって下さい。皆様ひとりひとり全員に期待しています。」

ところで、明日からは2月定例議会が閉会したことを受けて、あらためて例年どおり市民の皆様方向けにタウンミーティングを開催いたします。明日19時から笠懸庁舎2F会議室でのタウンミーティングを皮切りに、28日(土)までの4日間連続5会場で行いますので、ご都合のよい時間帯にご参加いただければと思います。尚、あらためて日程を書きますと、

25日(水)19:00~笠懸庁舎、
26日(木)19:00~笠懸公民館交流ホール、
27日(金)19:00~大間々保健センター、
28日(土)は14:00~大間々13区集会所と19:30~東公民館のダブルヘッダーとなっています。

内容については、新年度予算を中心に市長である私がパワーポイントを使用して説明をさせていただきます。説明の終了後、参加者からの質問や意見を受ける時間を設けており、執行部の部局長も基本的には全員出席する予定であります。たくさんの市民の皆様方のご来場をお待ちしています。

この記事をはてなブックマークに追加

勘・感・データ

2009年03月23日 | Weblog
久しぶりの3連休!しかも、あまりタイトではないスケジュールということもあって、仕事以外で何ヶ月ぶりになるかわからないが、アグレッシブに趣味であるオートバイとスポーツを楽しんだ。すっかり陽気もよくなっているので、ちょっと体を動かすとすぐに汗が出てくる。これはオートバイも一緒であり、特にヘルメットをかぶっていると、どうしても汗ばんでしまう。もっとも、最近のヘルメットは強度もさることながら、通気性という機能も格段に進歩をし、ベンチレーター付きなので“涼しい”とまでは言わないが、空気がヘルメットの中を流れるようになっており、それはそれで結構快適である。また、連休というわけではないが、桐生大学グリーンアリーナのフィットネスクラブに週に一度は必ず行くようにしているので、この連休中にもここでたっぷりと気持ちよい汗を流した。

ところで話は変わるが、みどり市はもちろん、県内各市の議会もほぼ終了し、年度末・始の行事も佳境になってくる。それと呼応するかのように、来月はいよいよ太田市、足利市、佐野市それぞれの市長選挙が予定をされており、選挙戦というか前哨戦も熱を帯びてきたようである。いずれの市も両毛市長会を構成している仲間であり、基本的には現職への応援となるが、今日現在、足利市は現職の勇退により新人同士の戦いとなり、佐野市は現職以外これといった対抗馬も名前が挙がっていないようで、現職と新人との激戦が予想されるのはおとなり太田市だけということになる。もっとも、足利市も佐野市もそれぞれのルートで応援依頼は来ているが、太田市の場合は同じ県内のおとなりということもあり、風に乗って様々な“ウワサ”や“情報”が入ってくる。ことの真偽のほどは定かではないが、近頃の選挙は何が起こるかわからない!実戦に裏打ちをされた“勘”や“感性”も大切だが、“データ”をきちんと収集することも大切である!

この記事をはてなブックマークに追加

赤い日

2009年03月19日 | Weblog
本日をもって、みどり市議会2月定例議会の長丁場も、無事閉会を迎えた。今後は新年度の予算執行に向けて、速やかかつ粛々と実行作業を進めていきます。特にこの経済状況の中、市内の企業等の景気、経済状況には充分に目を配りながら、迅速かつ的確な政策が実行できるような体勢は常にとっていきたいと考えています。

ところで、明日は早くも春分の日であり、明日から土・日も含め、久しぶりの3連休である。タイミングよく重なったが、さしずめハッピーマンデーならぬハッピーフライデーといったところだろうか?・・・自分のスケジュールも全くまっ白ではないものの、久しぶりにゆとりのあるスケジュールになっているので、半日くらいは愛馬を駆って春の上州路を楽しんでみようかなぁ・・・皆様方はどんな3連休を過ごされますか?

連休つながりで、今後のカレンダーを見て3連休を探してみると、5月のゴールデンウィークを除いて、7月、9月、10月、11月と4回ほどあるが、中でもびっくりしたのは9月で、何と5連休である。これは21日(月)が敬老の日、23日(水)が秋分の日のためであるが、なぜか22日(火)は何の記念日でもないのに赤くなっている?・・・たぶん休日にかかわる法律の適用なのだろうが、理由はともかく、5連休とはびっくりした。

もっとも、休みが多いことはイイことだけではない。市内外の企業・・・特に自動車関連の製造業は昨年来、仕事量が半分ならまだいい方で、3分の1、4分の1と激減する中でワークシェアを実行している会社などは、毎週金・土・日が休業で、月~木のうちローテーションを組んで必ず1日休むという週休4日、実働3日の勤務体制をとっているところもたくさんある。こんな小さな市のまわりでも、これだけ危機的な状況なのだから・・・危機意識は忘れない!

この記事をはてなブックマークに追加

傍聴

2009年03月18日 | Weblog
昨日は議会中ではあるものの、自分の出席予定もないということなので、予定どおり東庁舎での移動市長室となった。議会中のことも考慮し、もし緊急の出席要請があったとしても、ここからなら約20分くらいで議会棟のある大間々庁舎に到着できる。以前のブログでいよいよ自分も花粉症になったカモ・・・?とかいたが、東庁舎から見える三方向の山々にある樹木のほとんどは杉の木であり、ちょっと前まではキリがかかったように白い花粉を飛ばしていたが、この日は山を見る限りそんなことはなく、自分自身の目や鼻も特に変わった反応は今のところ全くない!もちろん市内最北の東町でも景色はすっかり春模様であり、心なしか何となく気分もハイになってくる。この日の東町での業務はそうタイトでもなかったので、久しぶりに花輪の町並みを歩きながら、時々立ち止まり市民の方々と世間話をさせてもらった。

今日は市内でも桐生大学短期大学部の卒業式と渡良瀬養護学校の小・中学部の卒業式が挙行され、その後この春から新たに自衛隊に入隊する隊員の激励会に顔を出し、ごあいさつをさせていただいた。まさに年度末の日本の文化や習慣、そして歴史といえるような行事が盛りだくさんになってきた。

ところで、議会も明日で全ての日程を終了する予定であるが、議場の後方にある傍聴席には、毎日のように“たくさん”とはいわないが市民の方が関心を持って来場していただいている。時間がゆるすなら、他の市町村の議会も久しぶりに傍聴してみたいと思っているが、だいたいどこも日程がかぶってしまうので難しいかなぁ・・・?

この記事をはてなブックマークに追加

団塊

2009年03月17日 | Weblog
昨夕、部局長級職員の異動内示を行った。いわゆる団塊の世代と言われる戦後のベビーブーマーの皆様方も“60才=定年”という言い方をするなら、ここ一~二年が日本全国的にも定年世代のピークに達すると言われている。みどり市役所の職員も特に部局長職にある方は今年・来年でかなりの顔ぶれが変わるかもしれない!部局長職に限っていえば、今年度をもって3名が退職をする。(みどり市の部局長職は10ポストある)この日の内示を受けた部局長予定者には、改めて市民のための行政を念頭に思いやりの気持ちで職務に専念してほしい旨の話をさせていただいた。自分自身もそうであるが、基本的に定年というものがない、牛乳屋という自営業をしていた家庭に育ち、その中で父や母の働く姿をみていたということもあるのか、あまり“定年”という言葉がピンとこない!ルールや決まりがあるのはわかっているが、本来ならもっと自由な仕事や生活のスタイルがあってもいいような気がする。だって、今どきの60才の方は見た目もそうだが、肉体的にも頭脳的にもまだまだ第一戦で働けると感じるのは私だけではないと思う。ましてやこんな経済状況だからこそ、知恵と経験のある団塊世代が活躍できるような社会の仕組みづくりを構築できれば、きっと元気と活力のある社会ができると思う。

話は戻るが、今後のみどり市職員の人事異動のタイムスケジュールは、3月24日(火)に課長以下級の職員全員の異動を内示し、例年どおり3月31日(火)には退職者への辞令交付式、そして翌4月1日(水)には課長以下級の職員への辞令交付式を行うが、部局長級は同日の時間を早めて行う予定である。尚、この日は教育委員会関係職員、それにみどり市連合消防団員への辞令交付式も行われる予定である。

この記事をはてなブックマークに追加