きらめき便り

石原 条 こんな感じでやってます。

敬愛

2006年11月30日 | Weblog
今朝は、市内の通学路整備(交通安全対策)の会議から始まった。この話は、私あてに来た中学生からの一通のメールがきっかけであり、この子どもたちが通う学校への通学路の危険地域の現況を切実に訴えるものであった。これを受けて、関係機関である警察や県土木事務所などと連携を取り、話を進めてきた経緯があるが、地権者などの関係者との打ち合わせもあるので、もう少し時間をいただきたいが、こどもの安全は優先すべきことであることは言うまでもない。

その後、12月定例会議を控えた定例の記者会見に臨んだ。以前にも書いたが、学童保育の4年生までの延長に伴う施設整備など約一億一千万円の補正になる予定であるが、みどり市民に広くサービスが届くよう考えた中での補正予算の計上である。
ただ残念な報告をしなければなりません。本日の記者会見の最後になるが、市内東町のサンレイク草木において、売上金の盗難事件が発生し、本日付をもって大間々警察署に被害届を提出した。事件の詳細については警察に委ねましたので、コメントは差し控えますが、合併する以前のこととはいえ、公金を扱う部署としてあってはならないことであり、本当に残念です。サンレイク草木は、昭和56年に桐生広域の施設として建設をされ、旧東村で管理運営をしていたが、合併に伴い、みどり市の施設となり、会計は特別会計として運営をしています。いずれにしても、市としても徹底した原因究明をし、市民の皆様方にきちんと報告をさせていただきます。

お昼をまたいで、日本赤十字の関係で、みどり市赤十字有功会設立総会に臨んだ。これは、日本赤十字の活動を応援する団体でもある。日赤の活動は、献血や災害医療など多岐に及
ぶが、みどり市も県内12番目の市となった責任もある。この会の設立は、星野物産の星野精助会長にたいへんお世話になった。90才は優に過ぎている星野精助翁は、私から見ても「おじいちゃん」であるが、今日も元気にごあいさつをしていただいた。私がコメントするなんて100年早いけど、私が最も尊敬し、敬愛する郷土の大先輩であることだけは間違いない。星野精助翁には本当にたくさんのことを学ばせていただいている。星野精助翁は、みどり市の大切な財産でもある。これからもお元気で長生きをして下さい。

一昨日からブログの背景もクリスマスバージョンにリニューアルをしたが、いよいよ明日から師走である。
みどり市長は、師走でなくても一年中、師走みたいだ・・・

この記事をはてなブックマークに追加

日光

2006年11月29日 | Weblog
今日は久しぶりになるが、議会の代表者会議に出席をした。今日私から議会の代表者の皆様にお話をした内容は、後日あらためてプレス発表をさせていただく予定なのでここでは書きませんが、あまりイイ内容ではないことだけは確かである。

大間々庁舎にいたので久しぶりに本通りのうどん屋さんへ足を運んでみた。一番近い店が休みだったので、少し遠くの同級生がやっているうどん屋さんへ久しぶりに行ってみた。ざるそばの大盛りを注文し、大変おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

お昼過ぎには、昨日と全く同じコースでR122号を北上した。今日は昨日と同様、わたらせ渓谷鐵道の存続・支援のことで、日光市長に面会をする。日光市へ向かう道中、昨日の福田知事との話を思い出し、「今日も日光市長といい話ができればなあ」と少しの期待を持った。日光市もみどり市同様、今年の3月に合併をし、旧今市市役所が日光市役所となっている。旧足尾町も今では日光市となっており、みどり市と日光市はお隣さん同士であるので、わたらせ渓谷鐵道も、「日光わたらせ渓谷鐵道」と改名しても何ら違和感はない!ちなみに日光市はみどり市の約7倍の面接を持ち、栃木県全体の4分の1の面積を占めるとっても広い市である。今日は日光の街中を通るルートで日光市役所へ向かったが、さすがに日光の紅葉はシーズン終了といった感じであるが、観光客の数は平日にも関わらず、相変わらず多い!さすが日光である。久しぶりに東照宮にでもお参りしたいと思うが、今日は仕事である。

日光市役所に到着すると、過日お会いをしたばかりの斉藤市長が快く出迎えてくれた。ひととおりのごあいさつのあと、本題であるわたらせ渓谷鐵道の話に入ったが、その前に昨日の福田知事との会談の内容も、きちんと報告をさせていただいた。
余談ではあるが、本日付の下野新聞には昨日の私と知事との会談の記事が載っていた。
斉藤市長との会談は約1時間近くに及んだが、我々の気持ちはよく伝わったと思うし、今後は同じ気持ちで取り組んでいけると思う。とてもフランクな市長との印象を受けました。今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

今日もせっかく日光まで来たので名物のゆばでも食べたいが、中途半端な時間だったので、ゆばは食べずに漬物屋さんに寄って「らっきょう」を買って帰路に着いた。

2日続けて栃木県に行って知事や市長と会談をしてきたが、近いうちにこれらの報告を兼ねて今度は小寺知事のところに行くつもりだ!

ところで前出した漬物屋さんに寄ってトイレに入ったのだが、手を洗う時に温かい水が出てきてとてもびっくりした。なかなかこんな気の利いた公衆トイレはめったにない。さすが日光のホスピタリティー!

この記事をはてなブックマークに追加

宇都宮

2006年11月28日 | Weblog
今朝、どうも息苦しいと感じ目が覚めたら隣に寝ていた娘の足が私の首と胸にしっかり乗っかっていた。本人は、気持ち良さそうに寝ているのだが、どうするとこんなに回転するのだろうか? 多分自分も小さい頃は、寝ぞうが悪かったに違いないが、大人になるにつれ、まあまあ お行儀よく寝ていると思っていた。 でも、一緒に寝ている妻や子どもたちからは「お父さんは寒くなると私たちの布団を全部持っていってしまって一人であったかくなってズルイ!」と言われる・・・・・。いくつになっても、治らないものは治らないのかなあ・・・。

今日は、雨が降りしきる中、R122号をまっすぐ北上した。  といっても、いつもの東町ではなく、東町を通過し、その先の足尾・日光も車窓から眺めながら宇都宮市へ向かった。本日の、目的は福田栃木県知事を訪問することである。福田知事は、知事になる前に、栃木県議時代や、宇都宮市長時代には何度かお会いをし、お話をさせていただいた事はあるが、こうして、知事になってからは、もちろん初めてである。 

特に今日のお話は、わたらせ渓谷鉄道のことであり、群馬・栃木両県をまたがる「わた渓」の存続は、当然のことながら栃木県の協力も必要不可欠である。

みどり市からは、宇都宮の栃木県庁まで、約2時間の道のりであったが、宇都宮近郊はまだまだ紅葉も見頃であった。  栃木県庁は、現在建設中であり知事は近くの郵便局を間借りしたところの4階の知事室で我々をあたたかく迎えてくれた。 そういえば一年半くらい前になるが県議会の視察で、栃木県議会に伺い、当時群馬県でも導入する事になった「一般質問の、一問一答方式」を見に行った記憶がある。

知事との会談は30分位の短い間だったが、私が思った以上のコメントをもらった。
冒頭は県議時代や共通の知人の話で始まり、本題である「わたらせ渓谷鉄道」の存続そして支援に話が及ぶと福田知事いわく、「群馬県とも協力して頑張ります。」と、おっしゃっってくださった。  知事の力強いお言葉から、前途に明るさが兆すも、「一番頑張るべきは、この路線を生活の一部とする我々全員である。」との認識をあらたにし、気持ちを引き締めてやっていこう! 福田知事にはお忙しい中を、大変ありがとうございました。

せっかく宇都宮に来たので昼食はギョーザにしようということで、取材をしていた地元紙の記者の案内で、市内のギョーザ店を紹介していただいた。 ここは、ギョーザ店が共同で出しているところで色々な店のギョーザが食べられる。 記者の話ですと、ご飯やラーメンと一緒に食べるのは、邪道だそうで、ここに来たらとにかくギョーザだけを食べてください。 とのことなので、私は、ギョーザを3皿とスープギョーザを一つ食べた。もちろん、全て違う店のものなので食べ比べてみたが、とにかく全部おいしかった。

この記事をはてなブックマークに追加

同窓の先輩

2006年11月27日 | Weblog
土曜の朝は、笠懸町でのチャリティーグランドゴルフからのスタートだった。その後、東町の富弘美術館となりの観光物産センターで、わたらせ渓谷工芸まつりのイベントに顔を出し、挨拶をさせていただいた。地元の皆様がつくった手づくりの工芸品はとてもあたたかみがあってイイ!私もすりガラスでつくった「夢」という文字が入ったものを買わせていただいた。 

その後、すぐに笠懸町に戻り、これで最後となる敬老行事に参加をした。元気なおじいちゃん、おばあちゃんたちとよもやま話をした後、今度は大間々町のながめ余興場へ向かった。今日は「はつらつコンサート」があり、4組のグループが出演したが、中には『追っかけ』がいるグループもいて、とても盛り上がっていた。

日曜日の朝は、大間々グランドで行われた、みどり市スポーツ少年団交流会から始まった。
みどり市になって初めての「スポ少」の交流会である。子どもたちが同じ市の仲間として多くの友だちをつくってほしいと思う。

子どもたちの元気な顔を見たあとは、前橋に向かった。11時から始まるセミナーに出席するためではあるが、そのセミナーは、県議選の出陣式も兼ねており、4年前は「自分があの壇上にいて名前を呼ばれたんだなぁ」などと、少し感慨深いものがあった。
実は、私には大切な役目があった。それは、当日来ていただいた菅総務大臣へのごあいさつである。今回のセミナーには、尾身財務大臣、佐田国務大臣も就任祝いのため見えられたので、お話をさせていただき、過日の御礼もさせていただいたが、今日はその他に先述した菅総務大臣と麻生外務大臣もお見えになった。総務省は、私たち地方自治体にはとても大切な官庁であり、みどり市の話をたくさんさせていただいた。実を言うと、大臣と私は大学の同窓でもあるので、とてもいい雰囲気で、少しの時間ではあるが話をさせていただいた。来年度の予算時には大臣室に行ってみよう!同じ学校ということだけなんだけど、なんかとても菅大臣には親近感をもった。またこれで、みどり市にとってプラスな人ができたぞ!
あまりお話はしなかったが、麻生外務大臣は、私が言うのも何だが、とてもオシャレでダンディーだった。間違いなく安倍内閣のなかではベストドレッサーだろう!

このセミナーも途中で抜け出し、またみどり市に向かった。今度はみどり市青少年健全育成大会である。小・中学生はもちろんであるが、我々おとなもこの標語を読んで実践すべきであると感じた。それと作文であるが、いつもながら子どもの感性にはただただ感動するばかりだ!コメントなんて言ったら失礼なので、コメントは言いません!
その後、笠懸ライオンズ25周年・ライオネス15周年の式典に顔を出し、あいさつの後すぐに大間々駅のイルミネーションの点灯式に臨んだ。夜になるとキレイにあかりが灯るので、よかったら大間々駅までどうぞ!(ルミナリエやミレナリオほどではありませんが・・・。)

またまたその後、笠懸に戻り、先程の笠懸ライオンズ・ライオネスの記念式典終了後のレセプションに参加をし、少しの食事をいただいたが、席も暖まらないうちにまた大間々に戻り、3つの会合をこなした。中でも大間々歌謡愛好会主催によるチャリティーダンスパーティーでは、とても熱気ある雰囲気の中、たくさんの寄附金をいただき、ありがとうございました。福祉のために大切に使わせていただきます。
そんなこんなで家路についたが、嵐のような週末だった。


この記事をはてなブックマークに追加

ハネウマライダー

2006年11月24日 | Weblog
タウンミーティングも本日をもって終了するが、参加人数はそれほど多くはなかったものの、意見交換としてはとても有意義だったと思うし、いい意見は必ずまちづくりに反映をしていくつもりだ。それぞれの会場でタウンミーティングに参加していただいた市民の皆様、ご参加ありがとうございました。

今日の午前中は、北関道のアクセス道路整備促進協議会の総会が大間々庁舎で行われた。北関道の藪塚インターからみどり市に至るアクセス道路の整備は、喫緊の課題である。みどり市・桐生市・太田市がこのメンバーであり、みどり市長である私がこの会長を務めることとなった。みどり市笠懸町の国道50号までのアクセス道路は幅員の問題もあるが、何とかなりそうだが、問題は50号から北に向かう道路の整備である。会長として関係各方面と協力をしながら全力で取り組んでいくが、市民の皆様方の協力がなくてはなかなか難しい!

午後からは議会民生常任委員会に出席をし、来年度予算や12月補正予算にかかわる政策案件を提示した。まだまだ議決を得ていないのであくまで予定だが、少しだけお話をさせていただくと、子育て関係の中で、来年度より小学校3年生までの医療負担を現在の3割から1割に負担軽減を図ります。また、現在小学校3年生までの学童保育を一学年上げて小学校4年生までとします。それと、不妊治療費の補助を行うこととしました。今日はあくまで民生部関係の主な施策を挙げましたが、詳細については来年度予算の決定時までには確定いたしますので、ご承知おき下さい。市民の福祉向上のために様々な施策を実行していきますが、限りある財源の中で職員一同、知恵を絞って取り組んで参りますので、市民の皆様方におかれても行政に対するご協力を心からお願いいたします。

ところで、先週末に乗ったバイクツーリングの快感が忘れられず、雨で汚れたオートバイを夜な夜なこっそり洗車をしてキレイに仕上げているが、これだけでも本当に楽しい!
ちょっと季節外れだが、CD屋さんに行って、ポルノグラフィティの「ハネウマライダー」(某スポーツ飲料のCMに使われている曲)を買ってきて、一人で聞きながらバイクを磨いてキレイになったのを見ながら、ひとり悦に入っているのが最近の夜の日課である。

みなさん、よい週末を!

この記事をはてなブックマークに追加

手ブラ

2006年11月22日 | Weblog
来年4月の統一地方選挙に向けて、各地で立候補予定者の動きもとても活発になってきた。仲間の県議会議員の動向もとても気になり、特に今回の市町村合併により選挙区が変更になったところもあり、早くも激戦が繰り広げられている選挙区もある。郡部選出の県会議員であった自分としては思うところは多々あるが、一つだけ言わせていただくならば、これだけ地方が痛みを伴いながら身を削っているのに、国会議員(衆議院議員)は自らの選挙すら次回も変更せずに旧選挙区(合併以前と同じ)で選挙を行うこととなっており、参議院議員も次回は群馬・栃木両県が一名の定数減となるが、他県の人口増のところが増員となり、結果として参議院議員全体としては、ほとんど変わらないという残念な結果が現実として残ってしまった感がある。「カイよりはじめよ」という言葉があるが、国や国会議員はこの現実をどう考えているのだろうか?この「カイよりはじめよ」の『カイ』は「下位」という意味なのだろうか?などとつい愚痴っぽくなってしまったが、我々地方はとにかく歯をくいしばって頑張るしかないし、いろんな知恵を使って生き抜かなければならないことだけはまぎれもない事実である。

ところで、先述した選挙であるが、仲間の県議はもちろんのこと、市町村議に立候補予定をしている方(もちろん現職も)から自分宛に応援依頼が来る。本人のみならず、支援者の方からも同様な依頼があるが、時間が許せばお伺いして、お話をさせていただいてもいいのですが、市外に出かけるとなると、どうしても仕事が終わってからなので夜遅くなってしまうので全てというわけにはいかない。

こんなことを書くと『売れっ子』みたいに感じるかもしれないのでコメントを付け加えるが、自分に依頼が来る理由は、まず来年自分に選挙がないこと。次に今まで代議士秘書や県議を経験するなかで、本当にたくさんの人と知り合い、お世話になったことが主な理由であると思う。芸能人なら出演のギャランティーをいただくところだが、政治家(選挙)の場合は逆に陣中見舞と称して自分の方から少しではあるが志を持っていくのが習慣であるが、基本的には失礼ながら手ブラで伺う。

来春までは長丁場になるが、集中力を切らさず頑張ってください。 ファイト!

※隗より始めよ
(意味)1言い出した者から始めるべきだ。2身近なものから始めるべきだ。

この記事をはてなブックマークに追加

えびす講

2006年11月21日 | Weblog
昨日の月曜日は老人会の旅行のお見送りから始まった。市内の老人会の旅行はこれで3回目となり、とりあえずは最終回であるが、それにしてもいつもながら、おじいちゃんおばあちゃんにはエネルギーを感じる。この日も出発の際に手を振っていたら、あるおばあちゃんからは投げキッスをされたが…。どう応えたらいいのかわからず一瞬フリーズしてしまい、こんなところで経験の無さを露呈してしまった…。

役所に帰る途中に電話が入り、突然ではあるが、尾身朝子さんが役所におみえになるとのことで急いで帰った。市長室に着くとすぐに尾身朝子さんがいらしたが、ご存知ない方に説明しますと尾身朝子さんは尾身幸次財務大臣の長女で、現在大学教授をされており、昨夏には参議院議員の全国区に出馬をしているが、私も昔から良―く知っている方である。なんでも近くに来たので寄っていかれたらしいが、ご本人はNTTのOGでもあるので、せっかくだからみどり市の情報インフラの整備についても良―くお願いをさせていただいた。

その後、庁舎で12月から始まる議会に提出をする補正予算の財源検討を含めた打ち合わせをこなし、午後からは庁舎を大間々庁舎に変えて、みどり市総合社会体育館建設整備推進懇談会議に出席をし、副市長を会長に、体育協会の豊島会長を副会長に選任した。懸案だった社会体育館もいよいよその実現に向けて動くことになるが委員の皆様方の利用者の側に立った活発な議論を期待したい。

今日は朝の打ち合わせをこなした後、ながめ余興場で開かれた関東菊花大会の表彰式に出席をした。今回で第49回を数える歴史と伝統のある大会である。全国的にも知名度のある「ながめの菊」を支えてくださる、ありがたくも頼もしい皆さんが勢ぞろいしていたが、来年も再来年も…これからもずっとよろしくお願いいたします。尚、ながめ公園は今週いっぱいをもって、菊まつりは終了しますので、なごりは尽きませんがお時間がありましたらお越しください。

 午後3時からは桐生地区学警連善行児童・生徒表彰に出席をした。桐生警察署管内の小中学生の中で、善行をした児童・生徒を表彰するものであるが、みどり市笠懸地内の小中学生もたくさん表彰を受けていた。「善行」ってなかなか言葉でいうほど簡単なものではないけど、これからも素直な心で学生生活を楽しんでください。ところでこの表彰の参加者は小学校6年生と中学校3年生なのだが、「たった3年でこんなに違うのか」と、あらためて子どもの成長にびっくりしたが「ウチの小6の息子もあと3年でこんなになっちゃうのかなあ」などと一人想いをめぐらしていた。話は変わるが昨日のタウンミーティングが少し早く終わって家に帰ると娘が一人で留守番をしていて、帰るなりどうしても桐生のえびす講に行きたいとのことですでに8時を回っていたが、えびす講に向かった。娘の目的は露天商の食べ物である。特に、ベビ—カステラが大大大好きなようで、帰りの車の中で「お父さん!あのベビ—カステラを作る機械は売ってないの?」なんてことをいっていた。自分が子どもの頃も父親と一緒にえびす講に行った記憶はあるが、今でも「見せ物小屋」は鮮明に憶えている。娘と二人で歩きながら食べたベビ—カステラは、とっても懐かしい味がした!

この記事をはてなブックマークに追加

本物

2006年11月20日 | Weblog
土曜日の朝は、わたらせ渓谷鉄道大間々駅前からスタートをした。恒例になったわたらせ渓谷鉄道沿線の交流ハイキング大会である。今年はこれで最終回(5回目)となるが、今回は市内大間々町の要害山散策を、約3時間で歩くコースを予定しており、たくさんの人たちでにぎやかでした。わたらせ渓谷鉄道沿線の紅葉も佳境を迎えており、この日も天気は良さそうなので『ながめの菊』とも併せて多くの観光客でにぎわっていた。

その後、桐生(といっても車で5分くらいのところ)にあるユーユー広場で、桐生青年会議所の50周年事業で行われた「夢スポーツフェスタ」の開会式に参加した。ここには元日本代表の小倉隆史選手ら多くのプロサッカー選手がお見えになり、サッカー少年たちと技術や心のふれあいが図られ、大いに盛り上がっていた。やっぱり本物に接するということはスポーツのみならず全ての分野において大切なことであり、小さいころから本物に触れられる機会をたくさんつくることは我々大人の役目でもあるので、こういう本物に触れられるイベントは今後も大いに協力していきたい!

午後からは、市内福祉施設での落成パーティーに呼ばれお伺いをさせていただいたが、偶然にも小寺知事のとなりの席になり、少しの間ではあるが久しぶりによもやま話をさせていただいた。ところで、なんとうれしいことに小寺知事もこのブログを読んでくださっているとのことで、「毎日毎日ブログを更新するのは大変でしょう」なんてことも言っていただいた。

夜は、土曜日も日曜日も市政・県政報告会がびっしりとつまっていて、多くの市民とふれ合った。

日曜日はまず笠懸町の朝市からはじまった。朝市のときはいつも朝食をとらずにお伺いして、おいしいケンチン汁やごはんを露天で食べることにしている。

その後は楽しみにしていたツーリングである。空模様があやしいが、出発時は雨は降っていなかった。このツーリングはあくまでプライベートなのでメンバー名は公表しないが、みどり市内のとっても面白いメンバーであることだけは間違いない!ちなみに乗っているオートバイの趣向もそれぞれ違っていてとても個性派ぞろいだ!この日の目的地は日光の先の霧降高原までのコースであり、お昼は大笹牧場でジンギスカンをみんなで食べた。

昼食を終えて外に出たとたんに雨が降ってきた。心配になって地元に連絡をしたら、もうみどり市は本降りとのことである。ただでさえこんな寒い日なのに雨まで降ってくるなんてと空をうらんでもしょうがない。寒さに耐えながらみどり市に向かったが、普段、車に乗っていると逆のパターンはあるのだが、この日は車の中から見れば「オートバイじゃ寒くて大変だろうなぁ。なにもこんな日に乗らなくても・・・」なんて思われているに違いないが、オートバイに乗っていると、これはこれで実はすごく楽しいのである。少しのやせ我慢はあるが、秋のわたらせ渓谷や日光は、雨にぬれた紅葉がとてもイイ!

日曜日は日頃のウサを晴らせたし、心身共にリセットができ、夕方からはじまる市政報告会に臨んだが、この日は口調も滑らかだった気がする・・・。
あぁ楽しかった。今度はいつ行けるのだろう・・・?

この記事をはてなブックマークに追加

韓流

2006年11月17日 | Weblog
今日は朝から大間々庁舎での会議や委員会が午前中いっぱい入っているので、久しぶりに自宅から歩いて通勤をした。といっても距離にして200m足らずで5分もかからない場所である。前にも書いたと思うが、笠懸庁舎だってすごく近いのに、大間々庁舎はもっと近すぎてとても通勤時間を楽しめない。子供の頃のように道草をしたいと思うが、道草もできないくらい近いのはどうだろう・・・

昨晩のタウンミーティングはそれなりに活発な議論が展開され交わされたが、ちょっとテーマが広いのと、おカタイ内容だったのかもしれない。でも、こうして市民の皆様といっしょに「品格のあるみどり市」を創造していく気持ちには何ら変わりはない。

それと今日の昼は久しぶりに東庁舎でランチミーティングも開催し、昼食をとりながらワイワイと職員との話を楽しんだ。ちなみに今日の昼食は「東町の福祉作業所のカレー」である。とってもおいしいカレーでした。ランチミーティングのあとは再び笠懸庁舎に戻り、打ち合わせ、会議、面会の連続で、夜には再び東に入り、2度目のタウンミーティングに臨む。

週末なので何だか楽しい気分になるが、土・日もそれなりに日程が入っている。でも明後日の日曜日は少しの時間だけど大好きなオートバイに乗って紅葉とツーリングを楽しんでこようと思っている。みどり市を中心としたバイク仲間を募り初めてのツーリングであるので、とっても楽しみにしている。

それと、週末だから少しくだけた話を最後にするが、藤原紀香さんが結婚をするということを聞いて、オジサンファンの私としてはちょっと複雑な心境だ!という話を今朝、朝食の時に妻に話をしたら、鼻で笑われただけでコメントはなかった。その後すぐにテレビで放送されていた韓流スターを見て、「最近この人がカッコイイ人だよ」と言っていたが、名前はすっかり忘れてしまった。

みなさん、よい週末を!

この記事をはてなブックマークに追加

石原さん

2006年11月16日 | Weblog
今朝は昨晩の疲れもあってか、ぐっすり眠れたのですごく寝覚めがイイ!我が家の日課である朝の登校・出勤前のドタバタも、子どものいる家庭らしく、これはこれで楽しんでいるのだが、ホテルでの静かな朝、またこれもイイものである。

昨晩遅くなったが東京に行き宿泊をしたのは、実はそれなりの理由がある。それは私の方からセッティングした朝食会に臨むためであるが、今朝のお相手は郷土の大先輩で自治省事務次官や内閣官房副長官など国の中枢で働き、今なお現役で地方自治のために活躍されている、財団法人地方自治研究機構の石原信雄氏である。

私と同じ『石原』という名字ではあるが、もちろん親せきではないが、大間々町にもルーツがあるそうなので、まんざら他人でもなさそうだ!ただ、私がまだ代議士の秘書時代には何度となくお会いはしているのだが、先方は私のことを憶えてはいないと思う。
もちろん話の大部分は「みどり市」のことである。 話の最後に石原氏と握手をさせていただいた。そのぬくもりと力強さの中に、明日のみどり市を応援してくださる思いを、私はしっかりと受け止めました。 お忙しい中を大変ありがとうございました。 どうぞ、よろしくお願いします。

会食の後は、すぐに東京駅に向かい、さいたま(大宮)に行き、国交省関東地方整備局で国道50号の要望活動を済ませ、すぐさま東京に戻り、国交省をはじめ、関係省庁回りをし、群馬県選出の衆参両院の議員事務所を訪問した。
もちろん財務省では尾身大臣が快く迎えてくださり、時間の許す限りみどり市の話をさせていただいた。(それぞれの面談時間に間に合って良かった!)

今日はこれでみどり市に帰るが、今晩7時からいよいよ第2回目のタウンミーティングが開催される。今回は市内の5つの中学校区単位でタウンミーティングが開催されますので、お時間の都合がつく方はぜひいらしてください。
なお、今回のタウンミーティングは、みどり市総合計画策定に基づくもので、行政全般に関することは何でもOKです。心から市民の皆様方のご参加をお待ちしています。

この記事をはてなブックマークに追加