きらめき便り

石原 条 こんな感じでやってます。

論文要旨5

2017年09月21日 | Weblog
第4章では、検証結果として自然エネルギーを利用した発電によるネット・ゼロは平成30年度までに可能であるとの結論を得た。また、市全体の総電力使用量についても既設の大規模水力発電所の発電量の総計を考慮できれば、数値上はネット・ゼロになるとの結果を得た。
第5章の考察においては、ネット・ゼロ達成のための小水力発電施設の重要性を述べ、太陽光発電の引き続きの設備整備の必要性も述べたが、一方で大規模太陽光発電施設設置についての法的整備の必要性を自然災害の例を挙げ述べた。また、太陽光パネルの寿命時に発生する廃棄部品の処分に係る費用・方法・温室効果ガス問題についても指摘した。また、小水力発電は自然変動の影響を受けにくい安定電源であり、発電コストの費用対効果や施設の維持管理の優位性や運用後のさまざまな形(雇用・税金など)での地域貢献の大きさを述べ、小水力発電はネット・ゼロ達成のため必要不可欠であり、地域にとっても経済活性化をもたらし、更には情報発信にもつながるとした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論文要旨4 | トップ | 論文要旨6 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事